Apple Watchでできること10選!便利なアプリや機能を紹介

2017年6月24日
[最終更新日]2019年04月26日

Apple Watchは2015年の登場から3年以上が経ちました。

そして、徐々にApple Watchに興味を持つ人も増えてきたのではないでしょうか。

中には、「そもそもApple Watchって何ができるの?」、「そもそもどんな機能があるの?」と疑問に思っている方は多いかもしれません。

そこで今回は、Apple Watchでできること10選をご紹介します。

Apple Watchならではの便利な機能ばかりなので、あなたも今すぐ欲しくなること間違いなしです。

Ads by Google

Apple Watchでできること10選

では実際にApple Watchでできること10選を見ていきましょう。

どんな製品でも、ユーザーの使用する「目的」と「機能」が合致していなければいずれ使わなくなってしまいます。

今回紹介する9つの機能の中に、あなたの生活スタイルにマッチする機能がきっと見つかるはずです。

Apple Watchの便利機能1. 時計

1つ目のApple Watchの機能は、「時計」です。

Apple “Watch“という名前の通り、時計の機能は欠かせませんね。

Apple Watchの時計は、インターネット経由(NITZ)で時刻を合わせることができる究極の電波時計でもあります。

そのため、誤差0.05秒までの範囲内を実現する正確な時計だそうです。時計に究極の正確さを求める人にとっては、Apple Watchはベストな選択であると言えます。

また、Apple Watchの時計は文字盤のデザインを自由にカスタマイズが可能です。文字盤もバリエーションも着々と増えていて、新たにトイストーリーのキャラクターも追加されます。

時計部分(Watchフェイス)には、カレンダーリマインダー天気株価など、あなたの表示しておきたい情報を自由に選んで表示しておくこともできます。

Apple Watchの便利機能2. フィットネストラッカー (エクササイズ)

2つ目のApple Watchの機能は、「フィットネストラッカー (エクササイズ)」です。

Apple Watchでは、ランニングやトレーニングなどの活動量に加えて、心拍数、歩数、移動距離、スタンド時間などを計測する機能が内蔵されています。

特に、Apple Watchの心拍数を図る精度は90%以上と言われ、他社のフィットネストラッカーと比べてもとても正確なものになっています。

まさにランニングやトレーニングをする人にとって、Apple Watchのトラッキングは欠かせない機能です。

また、普段運動をしない人でも、定期的に運動やスタンドを促すように通知してくれる機能があるので、Apple Watchを着けていることで「意識して運動をしよう」という気にさせてくれます。

まさにApple Watchは、身につけているだけで健康に近づける魔法のデバイスなのかもしれません。

Apple Watchの便利機能3. 音楽の再生 (ミュージック)

3つ目のApple Watchの機能は、「音楽の再生 (ミュージック)」です。

なんとApple Watchでは音楽の再生も行えます。音楽を再生する方法は、iPhoneから再生するか、Apple Watch本体から再生するか2通りがあります。

iPhoneから再生する場合は、iPhoneに入っている全ての音楽を操作して再生することができます。

Apple Watch本体から音楽を再生する場合は、事前にiPhoneから楽曲を転送しておく必要があります(追記: セルラー対応モデルでは音楽のストリーミング再生ができます)。

Apple Watch本体から音楽を再生するためには、Bluetoothで接続されたイヤホンやスピーカーが必要になります(本体からは音楽が流れません)。

AirPodsを使っている人であれば、Apple Watchとの相性は抜群です。

また、Apple Watchに音楽を転送しておけば、外でのランニング中など、iPhoneが近くにない(Bluetooth接続されていない)状態でもApple Watch単体で音楽を聞くことができます

まさに腕に装着する「ウェアラブル音楽プレーヤー」としての機能もあるのです。

追記(17.9.16): Apple Watch Series 3からセルラー通信に対応したので、単体でどこからでもストリーミングを楽しめるようになりました。

Apple Watchの便利機能4. 通知

4つ目のApple Watchの機能は、「通知」です。

Apple Watchの通知機能はとても便利です。基本的にiPhoneで通知される項目は、全てApple Watchにも通知させることができます(特定の通知をオフにすることも可能)。

そのため、メッセージやメールの受信はもちろん、カレンダーやリマインダーなどの大切なお知らせも見逃すことなく確認することができます

これで急用の電話やメッセージに気づかずに、申し訳ない思いをすることもなくなります

また、Apple Watchなら腕を上げるだけで通知の確認ができるので、通知が来る度にいちいちiPhoneを取り出して確認する手間もなくなります

まさにウェアラブル端末の通知機能は、日々たくさんの通知にさらされて生きる現代人の私たちにとって必須の機能なのではないでしょうか。

Apple Watchの便利機能5. 電話

5つ目のApple Watchの機能は、「電話」です。

iPhoneにかかってきた全ての電話はApple Watchに通知され、そのままApple Watchから電話に出ることができます

逆にApple Watchから相手に電話をかけることも可能です。Apple Watchにはマイクとスピーカーが内蔵されているので、ハンズフリーで通話をすることができます。

これは例えば、運転中や料理中、小さなお子さんの相手をしている時などの、ちょっと手が離せない時に大変便利です。

さらにAirPodsなどのマイク内蔵のワイヤレスイヤホンを使えば、外でも歩きながら、移動をしながらiPhoneに一切触れることなく、電話をすることもできます

電話器は時代とともによりポータブルなものへと形を変えてきましたが、常に腕に装着できるApple Watchは究極の電話器なのかもしれませんね。

追記: セルラー対応モデルでは、iPhoneと接続されていない(近くにない)環境でも電話ができるようになりました。

Ads by Google

Apple Watchの便利機能6. Apple Pay

6つ目のApple Watchの機能は、「Apple Pay」です。

Apple Watchは、2016年発売の「Series 2」以降の端末でApple Payに対応してます。

現在のところ、Apple Payは「Suica」、「Quick Pay」、「iD」の3つの電子マネーに対応しています。

Apple WatchでApple Payを使うことで、iPhoneをポケットやカバンから取り出すことなく、駅の改札やレジの支払いをスムーズに済ませることができます。

また、Apple Watch単体(iPhoneとの接続が切れている状態)でも、Suicaであれば使うことができます。

Apple WatchとApple Payの相性はとても良く、ユーザーからも高い満足度を得ています。

Apple Watchはまさに、「腕に装着できるサイフ」なのです。まるでSF映画の世界のようですね。

Apple Watchの便利機能7. アラーム (タイマー)

7つ目のApple Watchの機能は、「アラーム (タイマー)」です。

一見地味な機能ですが、ウェアラブル端末とアラーム(タイマー)との相性はとても良く、これに慣れるとスマホのアラーム(タイマー)はもう使いたくなくなります。

Apple Watchのアラーム(タイマー)は手首を振動させて教えてくれるので、スマホのように大きな音を出すことも、不快なバイブ音を鳴らすこともありません。

あなたは快適な朝の目覚めを実現できるようになるのです。

また、Apple Watchの振動は自分にだけ伝わるので、周りの人に迷惑をかける心配もありません

例えば、同じ部屋に家族や友人が眠っていても、彼ら・彼女らを起こすことなく自分だけアラームで目覚めることができてしまいます

まさにApple Watchは理想的な目覚まし時計なのかもしれませんね。

Apple Watchの便利機能8. 睡眠記録

8つ目のApple Watchの機能は、「睡眠記録」です。

睡眠記録はアプリをインストールすることで対応できる機能です。

Apple Watchを着けたまま就寝することで、昨晩は何時間寝られたか、レム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠などに分けて分析してくれます。

睡眠記録を可能にするアプリは、「Auto Sleep」などがあります。

睡眠時間の健康に与える影響の重要性は最近特に注目されています。

Fitbitなどにも睡眠記録の機能が内蔵されているように、ウェアラブルと睡眠記録の相性はとても良いのではないでしょうか。

Apple Watchの機能9. ボイスレコーダー (録音)

9つ目のApple Watchの機能は、「ボイスレコーダー (録音)」です。

ボイスレコーダーはアプリをインストールすることで対応できます。

Apple Watchのボイスレコーダーは、ちょっと音声でメモを取りたいときや、学校の講義や仕事の会議の内容を録音しておきたいとき、また最近話題のパワハラ上司の被害にあった際の自己防衛手段としても使えます。

Apple Watchなら常に身に着けているので、カバンやポケットからスマホを取り出すことなく、録音したいときにサッと利用できる点が魅力です。

ボイスレコーダーに対応しているアプリは「Voice Recorder」などがあります。

日本では録音は違法にならないので、気にせずにガンガン録りましょう(プライベートには配慮しましょう)。

ダウンロードVoice Recorder (Recording App) by Lin Fei

Apple Watchの便利機能10. 災害速報

10個目のApple Watchの機能は、「災害速報」です。

Apple Watchでは、アプリをインストールすることで災害速報に対応できます。

Apple Watchに災害速報のアプリを入れておくと、自分のいる地点の近くで地震などの災害が発生した際に、通知して知らせてくれます

もちろん、災害速報はiPhoneでも確認できますが、iPhoneをポケットやカバンから取り出すよりも手首のApple Watchを確認する方が圧倒的に早く、特に一刻を争う事態の時は重要になってくるのではないでしょうか。

災害速報に対応しているアプリは「Yahoo! 災害速報」などがあります。

Apple Watchを利用している人にとっては、マストアプリではないでしょうか。

ダウンロードYahoo!防災速報 by Yahoo Japan Corp.

▼「Apple Watch Series 4」はこちら

最後に

今回は、『Apple Watchでできること10選!便利なアプリや機能を紹介』についてご紹介しました。

このようにApple Watchは着実に進化を続けていて、便利な機能も増えてきています。発売当初は「微妙かも」と思ったあなたも、そろそろ「アリかも」と思えるようになってきたかもしれませんね。

2018年の9月には第4世代目となる「Apple Watch Series 4」が発売されて、新しいデザインが採用され、従来のものより、より薄く、軽くなりました。

将来的にはApple Watchは私たちの生活に欠かせない製品になっているかもしれませんね。さあ、あなたもApple Watchのある新しい生活を始めてみませんか。

Ads by Google