iMac Proがいよいよ登場?Macの市場は復活するのか

2017年12月12日
[最終更新日]2017年12月12日

2017年6月のWWDCで発表され、年内に発売予定されてきた「iMac Pro」ですが、いよいよ発売を開始するという情報が出てきています(参考: Apple enterprise sales channels gearing up, preparing businesses for iMac Pro orders)。

近年のMacは、タッチバーを搭載した新しいMacBook Proがユーザーから不評なことに加えて、値段が高騰している割に処理能力が高くないことが問題とされていました。

そんなMacを尻目に、パソコン市場ではハイスペックなゲーミングPCが盛り上がりを見せています。

ゲーミングPCはその処理能力の高さから、ゲーム以外の用途でも人気が高く、ユーザーの支持を集めているのです。

果たして、新型の「iMac Pro」は、Macの市場を再び復活させることができるのでしょうか。

Ads by Google

iMac Proのスペックをおさらい

まずは、iMac Proのスペックをおさらいしておきましょう。

  • CPU … インテルXeonプロセッサ 8、10、18コア
  • GPU … Radeon Pro 8、16GBのHBM2メモリ
  • RAM … DDR4 ECC 32、64、128GB
  • SSD … 3GB/sスループット対応 1、2、4TB
  • ポート … Thunderbolt 3 4つ、USB-A 4つ、10Gb Ethernet、SDXCカードスロット
  • ディスプレイ … 27インチRetina 5Kディスプレイ(5,120 x 2,880ピクセル解像度のLCD) 500ニトの輝度 10bit対応
  • 電力 … 最大500W
  • スピーカー … ステレオスピーカー
  • マイク … 4つのマイクロフォン
  • ワイヤレス通信 … 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.2
  • 大きさ … 高さ51.6cm、幅65cm、スタンドの奥行き20.3cm、重量9.7kg
  • 価格 … アメリカでは$4,999〜

このように、CPUが8〜18コアGPUが8〜16GBと、従来のMac Proより大幅に高性能化していますし、他社のゲーミングPCと比べても劣らないレベルの構成になっています。

もちろん、$4,999〜という値段設定なので、これくらいのスペック水準は当然なのですが、アップルがMacに対してこれだけの高性能マシンを用意してきたという意義は大きいのかもしれません。

Ads by Google

iMac ProはMacの市場を復活させるのか

iMac Proは高額ですが、マシンにスペックを求める人たちは、お金に糸目をつけないのでさほど問題ではないと思われます。

肝心なのは、iMac Proのパフォーマンスは、Windowsマシンに匹敵、あるいはそれを超えるものになるのかどうかです。

iMac Proは、CPUとGPUにとても良いものを用意してきましたし、SSDもかなり高速なものを使っています。あとは、このスペックを最大限に利用できるように、ソフト側が対応できるかも重要になってきそうです。

iMac Proが映像制作3DVR系の仕事をする人にとって、最高のマシンになれれば、今後Mac市場の復活も十分にあり得ます

 

Ads by Google

最後に

今回は、「iMac Proがいよいよ登場かと、Macの市場は復活するのか」についてご紹介しました。

Macはこれまで、UIの美しさや、バグの少なさでユーザーを獲得してきた製品です。ハイエンド化したiMac Proによって、「やっぱりMacが良いよね」と再びMacが評価される日はやってくるのでしょうか。

ここ数年でコンピュータに求められるスペックはとても高くなり、MacはWindowsに大きく差をつけられてしまいました。

iMac ProがMac市場を復活させるのかどうか、目が離せませんね。

Ads by Google