4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー3選!

2018年1月6日
[最終更新日]2018年01月07日

最近は「Apple TV 4K」や、「Ultra HD Blu-rayプレーヤー」など、4K対応のデバイスが増えてきました。

せっかく4Kを楽しむのなら、ぜひ音にもこだわりたいところです。

そこで今回は、「4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー3選」をご紹介します。

どのモデルも2〜3万円程度と、手の出しやすい価格になっているものの、音質も結構良いものになっています。

気になった方はぜひチェックしてみてください。それでは参りましょう。

Ads by Google

4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー1. ヤマハ – YAS-107

1つ目の4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカーは、「ヤマハのYAS-107」です。

ヤマハのYAS-107は、2017年7月頃に発売された一体型バータイプサラウンドスピーカーです。

フロントに30WのLRスピーカーを2つ60Wのサブウーファーを搭載しています。

映像フォーマットは、4K・HDRHDCP2.2のパススルーをサポートしています。

音声フォーマットは、PCM(192kHz/24bitまで)、Dolby Pro Logic II/PCM/Dolby Digital/DTS Digital Surround/MPEG2 AACなどをサポートしています。

YAS-107の魅力は、4K HDRのパススルーに対応しながら、2万円台で購入できるということです。

そのため、4Kテレビを買って、ホームシアターの購入を検討している方に、入門機としてもオススメできます。

4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー2. パイオニア – HTP-CS1

2つ目の4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカーは、「パイオニアのHTP-CS1」です。

パイオニアのHTP-CS1は、2016年6月頃に発売された一体型バータイプのサラウンドスピーカーです。

フロントバーに40WのLRスピーカーを搭載し、アンプに40Wのサブウーファーを搭載しています。

映像フォーマットは、4K HDRHDCP 2.2のパススルーに対応、音声フォーマットはDOLBY AUDIOdts-HDAACなどに対応しています。

YAS-107と同様に、2万円台で購入できるので、4Kホームシアターの入門機としてオススメです。

4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー3. ソニー – HT-CT790

3つ目の4K HDR伝送対応のおすすめホームシアタースピーカーは、「ソニーのHT-CT790」です。

ソニーのHT-CT790は、2015年5月頃に発売された一体型バータイプのサラウンドスピーカーです。

フロントには100WのLRスピーカーを搭載し、アンプには100Wのサブウーファーが搭載されています。

映像フォーマットは、4K HDR、HDCP 2.2のパススルーに対応しています。

音声フォーマットは、DTS-HD Master Audio、DTS-HD、High Resolution Audio、DTS-HD、Low Bit Rate Audio、DTS 96/24、DTS、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)、Dolby dual monoに対応しています。

ソニーのHT-CT790の特徴は、なんと言ってもスピーカーの出力が大きいということです。

単純計算では、フロントスピーカーはYAS-107の3倍以上の出力になります。

その分値段が少し高くなってしまうことがデメリットですが、音質重視の方にオススメです。

最後に

今回は、「4K伝送対応のおすすめホームシアタースピーカー3選」についてご紹介しました。

せっかく4K HDRの高画質で映画やドラマを見るなら、迫力のある良い音で楽しみたいですね。

もちろん、価格を重視するか、音質を重視するかで選択も変わってくると思うので、あなたに合ったホームシアタースピーカーを選んでみてはいかがでしょうか。

Ads by Google