スイッチ、Wiiを超える爆売れ!2018年も勢いは続くのか

2018年1月8日
[最終更新日]2018年01月11日

2017年3月3日に発売されたニンテンドースイッチは、市場の予想を大きく裏切り、全世界で大ヒットとなりました。

すでにアメリカでは、任天堂の据え置き機で歴代最高となる、Wiiの売り上げをも上回り、発売10ヶ月で480万台を売り上げたそうです(参考: 任天堂のSwitchはアメリカでも記録破りの売上、Wiiを上回る)。

日本でも人気のあまり在庫切れの状態が続き、近年不発続きだった任天堂にとって、2017年は明るい年となりました。

ここで重要になってくるのが、この勢いを2018年も持続させることができるのかという点です。

Ads by Google

スイッチの勢いは2018年も続くのか

結論から言うと、スイッチにとって2018年は正念場になることが予想されます。

その理由は、2017年はゼルダ、スプラトゥーン、マリオなどの人気の大型タイトルを連続してリリースすることができましたが、2018年はタイトルラインナップがやや弱いように思われるためです。

2018年に発売予定の主なソフトは、「マリオ+ラビッツ」、「星のカービィ スターアライズ」、「プロジェクトオクトパストラベラー」、「ファイヤーエムブレム」などです。

中でもカービィのスターアライズは4人プレイに特化しているので、ゲームの出来栄えが良ければ口コミでヒットする可能性は大いにあります(子どもたちが友達を誘って遊ぶため)。

逆に言えば、カービィが外れてしまえば、2018年もゼルダ、スプラトゥーン、マリオに頼らざるを得なくなります

もちろん、ファイヤーエムブレムも人気タイトルなのですが、ミリオンヒットを記録できるほど万人向きではありません

また、詳細は不明ですが、ヨッシーの新作タイトルも2018年に発売予定なので、こちらも完成度次第でスイッチの売り上げを牽引できるかもしれません。

2018年のスイッチの命運は、カービィとヨッシーが握っているのかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回は、「スイッチ、Wiiを超える爆売れ!2018年も勢いは続くのか」についてご紹介しました。

とどのつまり、今後のスイッチの売り上げを左右するのは、ソフトの出来次第であると言えそうです。

また、発売時期は未定ですがポケモンの新作も控えていることと、スマブラの新作も登場することが予想されるので、今後もスイッチは注目され続けると思います。

発売前は、携帯機としても据え置き機としても中途半端だと批判されていたスイッチですが、結局のところ良いソフトが揃えば売れるということが分かりました。

今後のスイッチがどうなっていくのか、目が離せませんね。

Ads by Google