「ベイマックス ザ・シリーズ」を日本で視聴する3つの方法!

2018年2月19日
[最終更新日]2018年04月11日

2014年に公開され、日本でも興行収入90億円を超える大ヒットとなった「ベイマックス (Big Hero 6)」ですが、なんと、新たにテレビシリーズとなって帰ってくるようです(参考: 「ベイマックス」のその後を描くTVシリーズ「ベイマックス ザ・シリーズ」が4月から日本で放送開始)。

サンフランソウキョウという架空都市を舞台に、テクノロジーとロボットを題材にしたベイマックスは、ディズニー作品の中でも珍しく、私も大好きな作品の1つです。

そんなベイマックスのテレビシリーズの題名は、「ベイマックス ザ・シリーズ (Big Hero 6: The Series)」と呼ばれるようです。

今回は、そんな「ベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する3つの方法」についてご紹介していきます。

Ads by Google

ベイマックス ザ・シリーズとは

ベイマックス ザ・シリーズ (Big Hero 6: The Series)」とは、2017年11月20日よりアメリカのケーブルテレビ局「Disney XD」と「Disney Channel」で放送が始まったテレビアニメシリーズです。

アメリカでは、第1話(序章)の「 “Baymax Returns”」は単発で放送され、2018年3月1日からは、第2話以降が毎週1話ずつ、シーズン1は全7話の放送が予定されています。

そして、日本では4月から「ディズニーXD」での放送が決まっています。アメリカの本放送では、最終話となる第7話が4月5日に放送される予定のため、本放送終了とほぼ同時に、日本での放送が始まるようです。

「ベイマックス ザ・シリーズ」のストーリーは、序章の「帰ってきたベイマックス」でベイマックス復活までのストーリーが描かれ、第2話以降は、映画の続きとなる世界が描かれるようです。

また、予告編映像を見ると限りでは、映画版と同じ吹き替え声優が起用されているので安心です。

このように、「ベイマックス ザ・シリーズ」は、映画版「ベイマックス」の正式な続編となるもので、ベイマックスファンの方なら見逃せない作品となることは間違いなさそうです。

ベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する3つの方法

「ベイマックス ザ・シリーズ」を日本で視聴するためには、「ディズニーXD」というチャンネルを見れるようにする必要があります。

「ディズニーXD」を見るためには、「1. スカパー(CS)に加入する」と、「2. ケーブルテレビに加入する」、「3. ブロードバンドテレビに加入する」の3つの方法があります。

1. スカパー(CS)に加入する

1つ目のベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する方法は、「スカパー(CS)に加入する」です。

スカパー(CS)は、専用のパラボラアンテナを設置して、衛星放送を受信することで見ることができます。

基本的に衛星放送を受信することができる地域であれば、日本全国どこからでも視聴可能です。地デジやケーブルテレビでは、対応地域が限られている場合がありますが、衛星放送は受信できる範囲が広いという点でメリットがあります。

デメリットとしては、雨風が強い日や、台風などで電波を受信できなくなる日があります。また、積雪などによってアンテナが破損してしまうこともあるようです。

アンテナを設置して受信できる環境が整ったら、スカパーに加入しましょう。スカパーは基本料金¥421/月を払うことで、あとは複数のチャンネルを視聴できるパックか、もしくはチャンネル単体を選択しましょう。

ディズニーXDを視聴したいだけなら、基本料金¥421 + チャンネル視聴料¥751 = ¥1,172/月で視聴することができます。もちろん、コスパのことを考えるなら多チャンネルが見られるパックで入会した方がお得になります。

▼スカパー対応のアンテナはこちらです。

2. ケーブルテレビ(CATV)に加入する

2つ目のベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する方法は、「ケーブルテレビ(CATV)に加入する」です。

ケーブルテレビ(CATV)とは、有線の同軸ケーブルを経由して、番組を視聴するシステムのことです。

ケーブルテレビのメリットとしては、アンテナによる受信ではないため、天候に左右されずに、いつでも安定して放送を視聴することができる点です(プロバイダーのメンテナンス期間等は例外)。

また、ケーブルテレビに加入すれば、録画機能付きのチューナー等(STB)を無料で提供してくれることもあります。そのため、レコーダーを買わずに済むというメリットもあります。

逆にデメリットとしては、利用可能が地域が限られいているという点です。都市部では国内最大手の「j:com」が利用できますが、地方ではj:comは使えないことが多いです。

もちろん、地方であってもケーブルテレビの会社や、関西圏であれば関西電力のケイ・オプティコム(eo光)が幅広いエリアに進出しているので、日本全国の多くのエリアでケーブルテレビはサポートされています(参考: ケーブルテレビ・ブロードバンドテレビで視聴する – Disney XD)。

Ads by Google

3. ブロードバンドテレビに加入する

3つ目のベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する方法は、「ブロードバンドテレビに加入する」です。

ブロードバンドテレビでは、インターネットの光回線を経由して番組を視聴するシステムのことです。

日本では、NTTの「ひかりTV」と、KDDIの「auひかり」でディズニーXDを見ることができます。

ひかりTVでは、ディズニーXDを含む50ch以上が見放題で、¥1,620/月で利用できます(参考: ディズニーXD見るならひかりTVにおまかせ)。

ブロードバンドテレビのメリットとしては、すでにフレッツ光などに加入している場合、工事が不要という点です。

スカパー(CS)はアンテナの設置が必須で、ケーブルテレビは同軸ケーブルを接続する工事が必要になりますが、ブロードバンドテレビは、LANケーブルを専用チューナーに接続するだけで視聴可能になります。

すでにフレッツ光などに加入している方は、ひかりTVがオススメです。

最後に

今回は、「ベイマックス ザ・シリーズを日本で視聴する3つの方法」についてご紹介しました。

「ベイマックス ザ・シリーズ」は4月から放送が始まるので、それまでにディズニーXDを視聴・録画できる環境を整えておくのが良さそうです。

もちろん、「ラプンツェル ザ・シリーズ」のように、後からAmazonプライム・ビデオなどで見放題配信される可能性もありますし、ない可能性もあります。

「ベイマックス ザ・シリーズ」が一体どのような作品になるのか、とても楽しみですね。

こちらの記事もおすすめです「ベイマックス ザ・シリーズ: 帰ってきたベイマックス」を見た感想!

Ads by Google