iPadとiPad Proは何が違う?4つの違いを紹介

2018年2月4日
[最終更新日]2018年03月28日

iPadには現在、「iPad」と「iPad Pro」と呼ばれる2種類のものが存在します。

この2種類のiPadは一体何が違うのか、どれを選択するのが良いのか迷うこともあると思います。

そこで今回は、「iPadとiPad Proの違い4つ」についてご紹介します。

これからiPadを買おうと検討している方や、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

Ads by Google

1. 価格と容量(ROM)とカラーバリエーション

1つ目のiPadとiPad Proの違いは、「価格と容量(ROM)とカラーバリエーション」です。

最新のiPad(第5世代)の価格は、¥40,824(税込)〜、iPad Pro 10.5インチは¥75,384(税込)〜、12.9インチ第2世代は¥93,744(税込)〜となっています。

価格面を見ると、iPadが圧倒的に安いです。そのため、なるべく価格を抑えてiPadを手に入れたいという方には、iPad ProよりもiPadが良い選択になります。

容量(ROM)の面を見てみると、iPadは32GB128GBの2モデル、iPad Proは64GB256GB512GBの3モデルが販売されています。

容量面をみると、512GBまで用意されているiPad Proに軍配が上がります。

カラーバリエーションは、iPadとiPad Pro 12.9インチがシルバーブラックゴールドの3色、iPad Pro 10.5インチがシルバー、ブラック、ゴールド、ローズゴールドの4色となっています。

ローズゴールドのiPadが欲しい方は、iPad Proの10.5を選択するしかありません。

このように、iPadとiPad Proの違いとして、「価格と容量(ROM)とカラーバリエーション」があります。

Ads by Google

2. 画面サイズ

2つ目のiPadとiPad Proの違いは、「画面サイズ」です。

画面サイズは、iPadは9.7インチのみ、iPad Proは、10.5インチ12.9インチの2モデルが発売されています(以前は9.7インチもありました)。

解像度は、iPadは2,048×1,536、iPad Proの10.5インチは2,224×1,668、iPad Pro 12.9インチは2,732×2,048となっています。

また、iPadとiPad Proのディスプレイの違いとしては、iPad Proのみフルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、ProMotionテクノロジー、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイに対応しています。

言わずもがな、大きな画面サイズを求める人にはiPad Pro 12.9インチがベストチョイスになります。

このように、iPadとiPad Proの違いとして、「画面サイズ」があります。

Ads by Google

3. ハードウェアスペック

3つ目のiPadとiPad Proの違いは、「ハードウェアスペック」です。

チップを見ると、iPadはA9チップと2GBのRAM、iPad ProはどちらもA10Xチップと4GBのRAMを搭載しています。そのため、処理能力の面ではiPad Proの方が優れています。

写真はiPadは8メガピクセル、iPad Proは12メガピクセルの撮影に対応している他、iPad Proの方光学式手ぶれ補正、手ぶれ補正機能を使ったLive Photos、クアッドLED True Toneフラッシュ、写真とLive Photosの広色域キャプチャ、6枚構成のレンズ、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)、人体検出と顔検出、パノラマ(最大63メガピクセル)に対応しています。

また、動画撮影はiPadが1080p HDビデオ撮影に対してiPad Proは4K HDビデオ撮影(3,840 x 2,160)に対応している他、1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応、映画レベルのビデオ手ぶれ補正、連続オートフォーカスビデオ、人体検出と顔検出に対応しています。

スピーカーはiPadが2スピーカーオーディオ、iPad Proが4スピーカーオーディオを搭載しています。

このように、iPadとiPad Proの違いとして、「ハードウェアスペック」があります。

Ads by Google

4. Apple PencilとSmart Keyboardの対応

4つ目のiPadとiPad Proの違いは、「Apple PencilとSmart Keyboardの対応」です。

現在のところ、Apple PencilとSmart Keyboardに対応しているのは、iPad Proシリーズのみです。

そのため、iPadでApple PencilやSmart Keyboardを使いたいという方は、iPad Proシリーズを選択するしかありません。

このように、iPadとiPad Proの違いとして、「Apple PencilとSmart Keyboardの対応」があります。

追記18.3.28: 第6世代iPadは、Apple Pencilに対応しました。

最後に

今回は、「iPadとiPad Proは何が違う?4つの違いを紹介」についてご紹介しました。

このように、iPadは価格面でのアドバンテージがありますが、より本格的に利用したい方はランクアップしたiPad Proがオススメになります。

皆さんも、iPadかiPad Proか、あなたに合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。

Ads by Google