テレビの価格が安いオススメのメーカー10社!コスパ重視で選ぼう

2018年2月7日
[最終更新日]2018年02月07日

薄型テレビと言えば、かつては「1インチ1万円」と呼ばれた時代もありましたが、今ではとても手頃な値段で買えるようになりました。

また、最近はハイエンドな4Kテレビが流行りですが、中には「高機能なものよりも安いテレビで十分」というコスパ重視の方も多いと思います。

そこで今回は、「テレビの価格が安いオススメのメーカー10社」についてご紹介します。

現在日本で販売を行なっているテレビメーカーの中から、特に低価格で提供しているメーカーを集めました。

日本で人気の高い32インチ型の価格を基準に紹介していくので、コスパ重視でテレビを探している方は、ぜひ参考にしてください。

Ads by Google

テレビの価格が安いオススメのメーカー10社

1. ドウシシャ

1社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「ドウシシャ」です。

株式会社ドウシシャは、1977年創業の日本の流通サービス業を手がける会社です。

扱う製品は、家電の他にも時計・宝飾品、食品、酒類、スポーツ衣類、輸入雑貨など、多岐に渡っているようです。

家電メーカーというよりは、生活用品の1つとしてテレビを扱っているのですが、流通をうまく抑えているためか、比較的安価にテレビを販売してます。

そして、ドウシシャからは、OENというブランドでテレビが販売されています。

肝心のテレビの価格ですが、32インチのモデルでおよそ¥25,000程度で販売しています。

画質はそれなりに良好で、日本メーカーなので日本語での対応も安心です。

2. オリオン

2社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「オリオン」です。

オリオン電機株式会社は、1958年創業の日本の電機メーカーです。

オリオンは国内外メーカーの製造受託OEMを幅広く行なっていて、あのメーカーの製品が実はオリオン製ということも多いようです。

テレビはORIONブランドとして自社製造を行い、国内の販売台数は徐々に増えているようです。ドウシシャとは業務提携の関係にあります。

テレビの価格は、32インチで¥27,500程度と手ごろなのですが、稀にドット欠けなどの初期不良もあるようなので、購入の際には注意しましょう。

3. ジョワイユ

3社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「ジョワイユ」です。

株式会社ジョワイユは、2012年創業の日本の家電輸入製造卸販売・EC卸売業務を手がける会社です。

ジョワイユは、テレビの他に、カメラやミキサーなども扱っていて、いずれもデザインの良いものが多いです。

また、テレビの価格も32インチで¥19,980という破格ぶりで、しかもUSBの外付け接続によるテレビ番組の録画にも対応しています。

創業からわずか6年ほどで急成長している会社とあって、今後の躍進にも期待されます。

4. GRANPLE

4社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「GRANPLE (グランプレー)」です。

GRANPLEは2017年創業の日本のデジタルオーディオ・AV機器の販売会社です。

GRANPLEでは、主にテレビやポータブルDVDプレーヤーなどしか扱っていない、とても選択と集中が進んでいる会社で、テレビのラインナップはとても豊富になっています。

テレビの価格は、32インチで¥19,800と安価ですが、耐久性に問題があって壊れやすいというレビューもあるので、扱いには注意しましょう。

5. ハイセンス

5社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「ハイセンス」です。

海信(ハイセンス)グループは、1969年創業の中国の電機メーカーです。

ハイセンスは家電製品、通信機器、情報機器などを手がけているのですが、近年急成長していて、世界のテレビ市場シェアはサムスン、LG、TCLに次いで4位となっています。

テレビの価格は、32インチで¥25,500程度で、外付けHDDに裏番組録画に対応するなど、機能も充実しているために人気が高いです。

アマゾンではベストセラー1位になっています。

6. エスキュービズム

6社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「エスキュービズム」です。

株式会社エスキュービズムは、2006年創業の日本の家電販売会社です。

家電製品を広く扱っていて、テレビの他に冷蔵庫、映像・音声機器、季節家電などを販売しています。

テレビの価格は、32インチで¥20,000程度で、外付けHDDの録画にも対応しています。

7. maxzen

7社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「maxzen」です。

maxzenは、株式会社MOASTOREの家電ブランドで、テレビの他に加湿器やワインセラー、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫などを販売しています。

テレビの価格は、32インチで¥23,400程度で、外付けHDDの録画にも対応しています。

品質の高さをウリにしているメーカーのため、画質・音質ともに評価が高く、また、1,000日間の保証も行なっています。

8. SANSUI

8社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「SANSUI」です。

SANSUIは、株式会社ドウシシャが使用する家電ブランドです。山水電気株式会社が2014年に破産して以降、ドウシシャがブランド名を使用しているとのことです。

テレビの価格は、32インチが¥27,500程度で、外付けHDDによる録画に対応しているようです。

9. neXXion

9社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「neXXion」です。

neXXionは、 株式会社Freedomの家電ブランドです。

価格は、32インチで¥26,000程度ですが、品質の評判はあまり良くないようです。

10. TCL

10社目のテレビの価格が安いオススメのメーカーは、「TCL」です。

TCL集団は、中国の家電、コンピュータ、電子機器などを手掛けるメーカーです。

TCLは近年急成長している会社で、テレビの世界販売台数では、サムスン、LGに次いで第3位まで登りつめています。

また、ハリウッドのチャイニーズシアターの命名権を獲得するなど、まさに今飛ぶ鳥を落とす勢いなのです。

テレビの価格は、32インチで¥27,000程度で、外付けHDDで裏番組の録画に対応する他、USB接続で動画ファイルの再生もできるようです。

世界を席巻しているTCLが、今後日本でどれだけ普及できるのかにも注目です。

最後に

今回は、「テレビの価格が安いオススメのメーカー10社!コスパ重視」についてご紹介しました。

もちろん、ソニーやパナソニックといった日本の大手メーカーのテレビはとても高品質ですし、韓国のサムスン、LGも良いテレビを作りますが、最近は特にTCLやハイセンスといった中国メーカーの躍進がすごいようです。

皆さんもテレビの買い替えや買増しの時は、今回ご紹介した10社の中からコスパ重視で選んでみてはいかがでしょうか。

Ads by Google