「iPad 第6世代」対応キーボードのおすすめ6選!より快適に使おう

2018年3月28日
[最終更新日]2018年05月19日

2018年3月28日(米時間27日)に、新しい「iPad 第6世代」が発表されました。

「第6世代iPad」は、9.7インチの第5世代モデルをベースに、プロセッサを「A10 Fusion」にパワーアップし、そしてかねてから噂されていた「Apple Pencil」に、iPadシリーズ(非Pro)としては初となる対応を果たしました。

このように、大幅なアップグレードを果たした「iPad 第6世代」ですが、アップル純正の「Smart Keyboard」には対応しておらず、Bluetoothキーボードを使う必要があります。

そこで今回は、「iPad 第6世代対応キーボードのおすすめ6選」についてご紹介します。

「iPad 第6世代」を購入した方も、これから購入予定の方も、ぜひ参考にしてみてください。

Ads by Google

iPad 第6世代対応キーボードのおすすめ6選

1. GreenLaw – iPad用Bluetoothキーボード

1つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「GreenLawのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「GreenLawのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴は、キーボードとディスプレイの接続部分が360°回転することです。

そのため、キーボードを装着したまま、iPadを180°折りたたんだ状態で使うことができます

iPad 第6世代はApple Pencil対応がウリのため、キーボード入力のときはラップトップスタイルで使い、Apple Pencilで手書きしたいときは、ディスプレイ部分を回転させて平らになるまで倒して、タブレットスタイルで使うことができます。

さらに、キーボードにバックライトが搭載されているので、暗い場所でも難なく使うことができます。

まさに、キーボードとペンの2つを快適に使えるのが、「GreenLawのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴なのです。

▼「GreenLawのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

2. Earto – iPad用Bluetoothキーボード

2つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「EartoのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「EartoのiPad用Bluetoothキーボード」の優れている点は、0〜135°の角度調整ができることです。

キーボードケースにiPadを装着すると、まるでMacBookのような見た目になり、ディスプレイとキーボード部分を繋ぐヒンジ部分の角度を、自由に調整できるようになります。

もちろん、キーボード部分に画面の明るさや音量の調節ボタンが付いている他、折りたたんだ際に自動的にスリープになるようになっています。

「EartoのiPad用Bluetoothキーボード」は、iPadをMacBookのように使い方にオススメです。

▼「EartoのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

3. ロジクール – iPad用Bluetoothキーボード

3つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「ロジクールのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「ロジクールのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴は、アップル純正のSmart Keyboardのように、タイピングブラウジングを快適に切り替えられる設計になっていることです。

キーボードでタイピングをしたいときは、カバーを開いてディスプレイ部分を手前にスライドさせて引っ掛けることで、すぐにキータイプできるようになります。

さらに手前にディスプレイを倒すと、そのまま180°平らに倒れるので、タブレットモードとして快適にブラウジングすることができます。

また、キーボードは高さ1.5 mmのキーストロークに調整されていて、長時間のキータイプでも疲れにくい設計になっているようです。

「ロジクールのiPad用Bluetoothキーボード」は、タイピングもブラウジングもどちらも快適に使いたいという方にオススメです。

▼「ロジクールのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

Ads by Google

4. Inateck- iPad用Bluetoothキーボード

4つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「InateckのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「InateckのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴は、iPadを立ち上げる際に、自動的にキーボードの電源がオンになることです。

そのため、iPadをキーボードメインで使いたいという方には、「InateckのiPad用Bluetoothキーボード」はとても快適な製品になると思います。

▼「InateckのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

5. PCATEC- iPad用Bluetoothキーボード

5つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「PCATECのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「PCATECのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴は、ディスプレイとキーボードを繋ぐヒンジ部分を0〜135°調整できる他、キーボードのバックライトが7色に対応しています。

そのため、キーボード部分をカラフルに光らせて使いたいという方には、「PCATECのiPad用Bluetoothキーボード」がオススメです。

▼「PCATECのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

6. FUNDA – iPad用Bluetoothキーボード

6つ目のiPad 第6世代対応キーボードのおすすめは、「FUNDAのiPad用Bluetoothキーボード」です。

「FUNDAのiPad用Bluetoothキーボード」の特徴は、ケース部分とキーボード部分がマグネットで着脱、分離が可能で、キーボードを使いながらUSBで充電できる点です。

一度のフル充電で60~90時間持続使用可能で、ケースの開閉時に自動的に電源のオンオフを切り替えるようです。

キーボードを使わないときは外して使いたいという方にオススメです。

▼「FUNDAのiPad用Bluetoothキーボード」の購入はこちら

最後に

今回は、『「iPad 第6世代」対応キーボードのおすすめ6選!より快適に使おう』についてご紹介しました。

「iPad 第6世代」は、デザイン面では「iPad 第5世代」と全く同じであるため、第5世代用のアクセサリをそのまま使うことが可能です。

さあ、あなたも「iPad 第6世代」とキーボードを使って、快適な生活を始めましょう。

Ads by Google