「Apple TV 4K」のスペックを大紹介!処理能力はどれくらい?

2018年5月13日
[最終更新日]2018年05月13日

今回は、「Apple TV 4Kのスペック」についてご紹介していきます。

「Apple TV 4K」は、定価¥21,384(税込)からと、競合他社の「Fire TV (¥8,980)」や「Chromecast Ultra (¥9,720)」と比べると割高感があります。

ここまで割高なら、「さぞApple TV 4Kのスペックは良いのだろう」と気になるところです。

そんなわけで今回は、「Apple TV 4Kのスペック」について、アップルが公開している仕様、分解の情報、私の使用感などを元に大紹介していきます。

Ads by Google

Apple TV 4Kのスペック

まずは、「Apple TV 4K」の主なスペックについて見ていきましょう(参考: Apple TV 4K – 仕様Apple TV 4Kの分解 – IFIXIT)。

  • 高さ35mm、幅98mm、奥行き98mm
  • 重量 425g
  • ストレージ容量 32GB、64GB
  • RAM 3GB
  • HDMI 2.0a
  • 802.11ac Wi-Fi
  • ギガビットイーサネット
  • Bluetooth 5.0
  • IR(赤外線)レシーバー
  • 電源内蔵
  • プロセッサ A10X Fusionチップ
  • H.264/HEVC SDRビデオ 最大2160p、60fps対応、HEVC Dolby Vision / HDR10 最大2160p対応
  • HEIF、JPEG、GIF、TIFF対応

まずはデザイン面ですが、縦横10cm未満高さ3.5cmのコンパクトなボディで、重量は425gという軽量さを実現しています。

ストレージ容量は32GB64GBの2種類が用意されていて、RAMは3GB搭載されています(IFIXITの分解により判明)。

HDMIのバージョンは2.0aで、4K HDRの映像出力に対応しています。そしてもちろん、CEC(HDMIリンク)にも対応しています。

ネット接続は802.11ac Wi-Fiか、有線LAN接続のギガビットイーサネットに対応しています。

Bluetoothのバージョンは5.0で、IRレシーバーを搭載、電源を内蔵しているので、コンパクトなメガネ型の電源ケーブルで接続できます。

プロセッサはiPad Pro 12.9 第2世代、10.5インチと同じ「A10X Fusion」を搭載しています。

動画再生は、H.264/HEVCコーデックのSDRビデオが2160p 60fpsまで、HEVCコーデックのDolby VisionHDR10のビデオ2160pまで対応しています(VP9には非対応です)。

画像ファイルは、「HEIF」、「JPEG」、「GIF」、「TIFF」に対応しています。

Ads by Google

A10X Fusionのベンチマークスコア

ここで気になるのが、「Apple TV 4K」に搭載されている「A10X Fusion」の処理能力です。

「Apple TV 4K」のベンチマークを測れるアプリはないので、今回は同じ「A10X Fusion」を搭載している「iPad Pro 10.5インチ」のベンチマークスコアを参考にしてみようと思います。

「iPad Pro 10.5インチ」のベンチマークスコアは、Geekbenchの測定でマルチコア「9305」となっています。

参考までに、同じGeekbenchのスコアを比較すると、2016年発売のiPhone 7が「5703」、2017年発売のiPhone Xが「10125」となっています(参考: iPhone 7 BenchmarksiPhone X Benchmarks)。

こうやって見てみると、「Apple TV 4K」の処理能力は、2018年5月時点ではかなり高めであると言えそうです。

▼Apple TVで映画やドラマを見るなら、ARC対応のスピーカー「HT-S200F」がオススメです。

最後に

今回は、『「Apple TV 4K」のスペックを大紹介!処理能力はどれくらい?』についてご紹介しました。

実際に「Apple TV 4K」を使っている私の感想としては、4K HDRの映像は綺麗ですし、アプリの使用中にカクついたり、クラッシュして落ちることもほとんどなく、安定したデバイスであると思います。

ただ、「VP9」の動画再生に対応していないため、YouTubeの4K動画を見ることができないのが唯一の欠点です。

アップルが「VP9」に対応する気がないのなら、YouTubeの側にHEVCに対応してもらうしか解決策はなさそうです。普及状況から考えても、今後YouTubeがHEVCに対応することは必至かもしれませんね。

皆さんも、「Apple TV 4K」で4K HDR動画を快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。

Ads by Google