「未知との遭遇」が4K DOLBY VISION対応でiTunesで配信中!

2018年5月31日
[最終更新日]2018年07月03日

1977年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の名作映画「未知との遭遇 (Close Encounters of the Third Kind)」が、4K Dolby Visionに対応してiTunes Storeにて配信されています(参考: 未知との遭遇 ファイナル・カット版 – iTunes)。

価格は、レンタルが¥400、セル(販売)が¥1,500となっています(2018年5月時点)。

「未知との遭遇」は、4K Ultra HD Blu-ray版もリリースされていますが、こちらは¥3,700以上するので、iTunes版はかなりお得な値段設定になっていると思います。

今回は、そんな4K Dolby Vision対応でiTunesで配信中の「未知との遭遇」について見ていきましょう。

Ads by Google

未知との遭遇が4K DOLBY VISION対応でiTunesで配信中

未知との遭遇 (Close Encounters of the Third Kind)」は、1977年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の代表作です。

1975年の映画「ジョーズ」で出世したスピルバーグ監督の地位を不動のものにしたのが、この「未知との遭遇」だったといえます。

「未知との遭遇」は、当時とては革命的な視覚効果が話題となり、第50回アカデミー賞では、撮影賞特別業績賞を受賞しました。

「未知との遭遇」は、後のSF作品に多大な影響を与えていると言っても過言ではないと思います。

iTunes Storeの「未知との遭遇 ファイナル・カット版」は、英語音声(Dolby 5.1)日本語字幕が収録されています。

Ads by Google

iTunes Storeで購入した「未知との遭遇 ファイナル・カット版」を4K Dolby Visionで再生するためには、Apple TV 4K対応テレビが必要になります。

また、iPhone 8、iPhone X、iPad Pro 10.5、iPad Pro 12.9 (2nd)ではHDRでの再生に対応しています。

ちなみに、過去にiTunes StoreにてHD版の「未知との遭遇 ファイナル・カット版」を購入した方は、「4K Dolby Vision」対応のものへ自動的にアップグレードされているはずなので、買い直しは不要です。

レンタル・購入はこちら(iOS・tvOS・Win・Mac共通)未知との遭遇 ファイナル・カット版

▼Ultra HD Blu-ray版はこちら

最後に

今回は、『「未知との遭遇」が4K DOLBY VISION対応でiTunesで配信中!』についてご紹介しました。

もちろん、より高い画質・音質を追求するのであれば、「Ultra HD Blu-ray」のバージョンを買った方が良いかもしれません。

iTunes映画のメリットは、価格が安いことと、ディスクの入れ替えが不要であること、iPhone・iPadなどのモバイル端末でも視聴できることです。

さらに、購入済みのタイトルが4K対応した際は、自動的に4Kバージョンへアップグレードされるのも太っ腹で良い点だと思います。

皆さんも、iTunes Storeの「未知との遭遇」を、4K Dolby Vision環境で楽しみましょう。

レンタル・購入はこちら(iOS・tvOS・Win・Mac共通)未知との遭遇 ファイナル・カット版

Ads by Google