iPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の3つの対処法!

2018年5月25日
[最終更新日]2018年06月01日

2018年4月に「iOS 11.3」にアップデートしてからというものの、iPhone・iPadである問題が発生してます。それは、WordPressでスクロールできなくなるというものです。

この不具合は、iOS 11.3を搭載したiPhone・iPadのSafariを使ってWordPressの記事を編集している最中に、記事内の文字に太文字(ボールド)を適用すると発生します。

一度この症状が発生すると、記事内の決められた範囲内でしか移動することができなくなってしまい、編集中の記事を保存することもできなくなります。ちなみに最新の「iOS 11.4」でもこの問題は改善されていません

そこで今回は、「iPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の3つの対処法」についてご紹介します。

今回紹介するのは、あくまでも応急処置であって、スクロールできない不具合そのものを解決するわけではありません。

それでも、現状における最善策になるので、ぜひ参考にしてみてください。

Ads by Google

iPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の2つの対処法

▲まずは、iOS 11.3.1を搭載した私のiPadにおける、WordPressの不具合を動画キャプチャしたのでご覧ください。

このように、記事内の文字を太文字(ボールド)にして一度不具合が発生すると、「下書きとして保存」などのボタンが押せなくなってしまい、作業に支障をきたしてしまいます。

1. 一旦ホーム画面に戻る

1つ目のiPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の対処法は、「一旦ホーム画面に戻る」です。

やり方は、一旦ホーム画面に戻って、またSafariを開くという、実にシンプルな方法なのですが、これでスクロールができない不具合から解放されることがあります。

しかしながら、成功率は五分五分といったところで、ホーム画面に戻って直ることもあれば、何も変わらないこともあります。

iPhone・iPadでWordPressを編集していて、スクロールができなくなったときは、まずは「一旦ホーム画面に戻る」の方法を試してみてください。

Ads by Google

2. リンクを挿入/編集して更新

2つ目のiPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の対処法は、「リンクを挿入/編集して更新」です。

この方法を使えば、100%の確率でページのトップに移動することができて、「下書きとして保存」のボタンを押せるようになるのでオススメです。

やり方は、どこでもいいので記事内の文字列にリンクを挿入するか編集画面を開いて、「更新」のボタンを押すだけです。

スクロールできなくなったときに、近くにリンクの文字列があれば、それをタップして編集画面を開いて「更新」を押しましょう

リンクの文字列がない場合は、適当にURLをコピーしてきて(google.comなど)、どこでもいいので文字に「貼り付け」をしてリンクの文字列を作成します。あとは「更新」を押せばページのトップに戻ることができます。

このときに適当なリンク文字列を作成した場合は、記事を公開する前に忘れずにリンクを削除しましょう。

もちろん、この方法はちょっとめんどくさいので、まずは「一旦ホーム画面に戻る」の方法を試して、ダメだった場合に実行しましょう。

3. tab + returnを使う

3つ目のiPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の対処法は、「tab + returnを使う」です。

もしもiPhone・iPadをキーボードに繋いで使っている場合は、キーボードのショートカットキーを使って「下書きとして保存」のコマンドを実行することができます。

SafariでWordPressの編集画面を開いてキーボードの「tab」のキーを押すと、「下書きとして保存」の項目が選択された状態になります。そのまま「return」のキーを押すと、下書きとして保存が実行されるのです。

このように、キーボードのtabとreturnを使って、WordPressの不具合に対応することができます。

最後に

今回は、『iPhone・iPadのWordPressでスクロールできない時の3つの対処法!』についてご紹介しました。

ちなみに、今回のWordPressでスクロールができなくなる不具合は、WordPress側ではなく、iOS側の問題のため、iOSのアップデートで修正されるのを待つしかありません。

私はiPad Proを使ってWordPressの更新をしているので、この不具合はかなり致命的でやっかいなので、早く直して欲しいものです。

iOS向けにはWordPressのアプリもリリースされていますが、ブラウザ版と比べて機能が制限されしまうため、なるべくブラウザを使いたいところなのです。

また、Safari以外のブラウザでも同様の不具合が発生することから、iOS 11.3そのものに何か欠陥があるのだと思われます。

一刻早く不具合が修正されるといいですね。

Ads by Google