Apple Watchのバンドブームが到来する?サードパーティは準備を!

2018年6月11日
[最終更新日]2018年08月31日

かつてiPhoneのヒットによって、「スマホケース」という新たな市場が生まれました。

2010年のiPhone 4から始まったスマホブームによって、本格的にスマホケースの需要が増え始め、以後は年を追うごとに供給されるケースの種類・数も大幅に増えていった印象です。

そのため、携帯電話のアクセサリを手がけていたサードパーティにとっては、まさにスマホケースはゴールドラッシュだったと言えるかもしれません。

現在はiPhoneブームも落ち着いてきていますが、次のスマホケースとして期待されているのが「Apple Watchのバンド」です。

Apple Watchはボディが共通なので、「個性を出すためにバンドで差別化したい」、あるいは「場所や服装に合わせてバンドも換えたい」という欲求が多くのユーザーにあると思います。

そのため、すでに一定数のサードパーティ製「Apple Watchバンド」の市場がありますが、これが2018年の後半以降にブームになる可能性があるのです。

Ads by Google

Apple Watchのバンドブームが到来する?

Apple Watchは、2015年に初代モデルが登場してから、2018年で4世代目になります。

初期の頃のApple Watchといえば、価格が高くバッテリーはすぐに切れ、おまけに動作がモッサリというどうしようもないダメ機種で、多くのユーザーを失望させてしまったと思います。

そんなApple Watchも年々改良されていき、2017年のSeries 3になるとハード・ソフトともに安定度が増していき、バッテリーの持続時間は大幅に増え動作もサクサク動くようになってきました。

このように、現在ではほとんど不満がなくなったApple Watchということもあって、メディアや街中でもApple Watchを着けているユーザーをちらほら見かけるようになってきた印象です。

そんな背景から、「そろそろApple Watchを買おうかな」と思っている人も増えていると思います。そして、2018年9月に登場するとされる新型の「Series 4」に対する期待も高まっています。

Ads by Google

この「Apple Watch Series 4」は、かつての「iPhone 4」のような、多くの人々をApple Watchデビューさせるきっかけとなる製品となるかもしれません。

そして、Apple Watchデビューをしたユーザーは、大抵の場合はサードパーティ製のバンドに興味を示し出すことが予想されます。

その理由は、毎日同じバンドだと飽きてしまったり、あるいはTPOに合わせてバンドを付け換えたいという需要があったり、あとはシンプルに汚れたので買い換えたいとうユーザーもいると思われるためです。

ここで空前のApple Watchバンドブームが巻き起こるとかもしれないというわけです。Apple Watchのバンドには、カジュアルなものからフォーマルなものまで、さまざまな需要が巻き起こると思います。

もちろん、アップルも純正でバンドを用意していますが、これらは高すぎるので、やはり価格が手頃なサードパーティ製バンドの需要が高まるのは必須と言えるかもしれませんね。

▼Apple Watchも充電できるモバイルバッテリーがオススメ

最後に

今回は、『Apple Watchのバンドブームが到来する?サードパーティは準備を!』についてご紹介しました。

Apple Watchのバンドは、スマホと違って常に身に付けるものであり、常に見られるものでもあります。

そのため、スマホケースよりもApple Watchバンドの方が、より気を使うユーザーが増えるのではないでしょうか。

おそらくスマホケースは1人1個あればいいものですが、Apple Watchのバンドは1人2〜3個所有するようになるかもしれません。

サードパーティ製のアクセサリを販売するメーカーの方は、今のうちにApple Watchバンドを揃える準備をするのもいいかもしれませんね。

Ads by Google