「iPad Pro」のラインナップを紹介!全6モデルの違いとは?

2018年6月9日
[最終更新日]2018年11月17日

今回は、「iPad Proのランナップ全6モデル」についてご紹介します。

「iPad Pro」は、2015年にデビューして以来、2018年11月現在までに6モデルが発売されてきました。

そのため、ひとくちに「iPad Pro」といっても、画面の大きさが違ったり、性能や機能なども微妙に違ってくるのです。

そんなわけで今回は、「iPad Pro」の全4モデルそれぞれについて、発売順に違いを見ていきましょう。

Ads by Google

iPad Proのラインナップ全6モデル

iPad Proのラインナップ1. iPad Pro 12.9インチ 第1世代 (2015)

1つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 12.9インチ 第1世代 (2015)」です。

「iPad Pro 12.9インチ 第1世代」は、2015年9月のイベントで発表されて、同年11月に発売されました(参考:「iPad Pro」の発売日は11日、3キャリアも取り扱い)。

「iPad Pro 12.9インチ 第1世代」は、記念すべき最初のiPad Proとなります。iPadシリーズ初の12.9インチのディスプレイを搭載しました。

また、現行の最新版と同じく、Apple PencilSmart Keyboardに対応し、4スピーカーを搭載していました。

プロセッサはA9Xを搭載し、ストレージ容量は、32GB128GBに加えて、256GBも後から追加され、RAMは4GB、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色、カメラは800万画素、FaceTimeカメラは100万画素となっています。

また、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzとなっていました。何気にUSB3.0に対応しています。

iPad Proのラインナップ2. iPad Pro 9.7インチ (2016)

2つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 9.7インチ (2016)」です。

「iPad Pro 9.7インチ」は、2016年3月に発表・発売されました。

プロセッサはA9Xを搭載し、ストレージ容量は、32GB128GB256GB、RAMは2GB、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色、カメラは1,200万画素、FaceTimeカメラは500万画素となり4K動画の撮影にも対応しました。

また、新機能として、「True Toneディスプレイ」に対応していますが、ディスプレイのリフレッシュレートは60Hzです。

2017年以降は、10.5インチモデルの登場で9.7インチのiPad Proが製品ラインナップから姿を消したので、このモデルが最初で最後になります。

iPad Proのラインナップ3. iPad Pro 10.5インチ (2017)

3つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 10.5インチ (2017)」です。

「iPad Pro 10.5インチ」は、「iPad Pro 12.9インチ 第2世代」とともに2017年6月に発表・発売されました。

iPadシリーズで初となる10.5インチディスプレイを搭載したモデルとなります。従来の9.7インチと比較してベゼルが狭くなっているため、大きさは9.7インチより少し大きい程度になっています。

プロセッサはA10X Fusionを搭載し、ストレージ容量は、64GB256GB512GB、RAMは4GB、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色、カメラは1,200万画素(f1.8)、FaceTimeカメラは800万画素となっています。

新たな「ProMotionテクノロジー」によってディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに強化され、「広色域ディスプレイ (P3)」を搭載したことで、HDR動画の再生に対応します。

Ads by Google

iPad Proのラインナップ4. iPad Pro 12.9インチ 第2世代 (2017)

4つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 12.9インチ 第2世代 (2017)」です。

「iPad Pro 12.9インチ 第2世代」は、「iPad Pro 10.5インチ」とともに2017年6月に発表・発売されました。

プロセッサはA10X Fusionを搭載し、ストレージ容量は、64GB256GB512GB、RAMは4GB、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色、カメラは1,200万画素(f1.8)、FaceTimeカメラは800万画素となっています。

新たな「ProMotionテクノロジー」によってディスプレイのリフレッシュレートが120Hzに強化され、「広色域ディスプレイ (P3)」を搭載したことで、HDR動画の再生に対応します。

また、「iPad Pro 12.9インチ 第1世代」と同じ大きさ(カメラ部分以外)のため、「iPad Pro 12.9インチ 第1世代 」向けのSmart Keyboardなどのアクセサリをそのまま使うことができます

[NEW] iPad Proのラインナップ5. iPad Pro 11インチ (2018)

5つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 11インチ (2018)」です。

「iPad Pro 11インチ」は、2018年11月に発売されました。

デザインは従来のものから全く新しくなり、ホームボタン(Tousch)が廃止されてFace IDが搭載され、ディスプレイのベゼルはより狭くなり、本体もより薄く軽くなっています。

また、充電ポートは従来のLightning端子から新たにUSB-Cが採用され、ついでにイヤホン端子が廃止されました。

新たに登場した11インチモデルは、10.5インチとほぼ同じ大きさでありながらもディスプレイサイズが11インチに拡大しています。

新たにA12Xプロセッサを搭載し、新しいApple Pencil 第2世代と、Smart Keyboard Folioに対応しています。

[NEW] iPad Proのラインナップ6. iPad Pro 12.9インチ 第3世代 (2018)

5つの目のiPad Proのラインナップは、「iPad Pro 12.9インチ 第3世代 (2018)」です。

「iPad Pro 12.9インチ 第3世代」は、2018年11月に発売されました。

デザインは従来のものから全く新しくなり、ホームボタン(Tousch)が廃止されてFace IDが搭載され、ディスプレイのベゼルはより狭くなり、本体もより薄く軽くなっています。

また、充電ポートは従来のLightning端子から新たにUSB-Cが採用され、ついでにイヤホン端子が廃止されました。

12.9インチモデルは、第2世代からディスプレイサイズをそのままに、本体サイズがより小さくなっています。

新たにA12Xプロセッサを搭載し、新しいApple Pencil 第2世代と、Smart Keyboard Folioに対応しています。

最後に

今回は、『「iPad Pro」のラインナップを紹介!全6モデルの違いとは?』についてご紹介しました。

ちなみに、「Apple Pencil」はすべての「iPad Pro」に対応していて使うことができます。

もちろん、今から買うのであればなるべく新しいモデルを選ぶのが無難だと思われます。

「iPad Proにはいろんな種類があってどれを選んでいいかわからない」と困っていた方も、ぜひ参考にしてみてください。

皆さんも、「iPad Pro」で快適な生活を送りましょう。

Ads by Google