「App Store & iTunesギフトカード」の5つの使い道!何に使える?

2018年7月3日
[最終更新日]2018年07月06日

App Store & iTunesギフトカード」といえば、今やコンビニ電気屋はもちろん、オンラインでも気軽に購入できるほどメジャーなもになっています(参考: ギフトカード – Apple)。

そんな中、「App Store & iTunesギフトカードってどういう使い道があるの?」、「アプリ以外にも使えるの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「App Store & iTunesギフトカードの5つの使い道」についてご紹介します。

「App Store & iTunesギフトカード」の使い道に悩んでいるという方も、ぜひ参考にしてみてください。

Ads by Google

「App Store & iTunesギフトカード」の5つの使い道

1. App Storeの有料アプリ購入・アプリ内課金

1つ目のApp Store & iTunesギフトカードの使い道は、「App Storeの有料アプリ購入・アプリ内課金」です。

「App Store & iTunesギフトカード」は、iOS、tvOS、macOS、watchOS向けの「App Store」で販売されている有料アプリの購入や、アプリ内課金に使用することができます。

App Storeで配信されている「有料アプリ」は、基本的には一度購入すれば半永久的に使えるものがほとんどです(さらにアプリ内課金を求めるものもあります)。

そのため、便利そうな有料アプリや、おもしろそうな有料ゲームは思い切って購入してみるのもアリです。

アプリ内課金」には、ソーシャルゲーム等はもちろんのこと、Hulu、Netflixといった月額課金制のサービスも含まれています(アプリ側が対応している場合)。

そのため、クレジットカードを使わずに、「App Store & iTunesギフトカード」を使ってNetflixなどの月額料金を支払うことも可能です(サービスによってはクレジットカード情報が必要になるものもあるようです)。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」を使うことで、App Storeのさまざまな有料アプリの購入や、アプリ内課金に利用することができます。

2. iTunes Storeの音楽・映画の購入

2つ目のApp Store & iTunesギフトカードの使い道は、「iTunes Storeの音楽・映画の購入」です。

「App Store & iTunesギフトカード」は、iTunes Storeで販売されている全ての音楽の購入映画のレンタル・購入に使用することができます。

iOS、macOS、Windows向けに展開されている「音楽配信」では、アルバムや楽曲の購入が可能です。一度購入した楽曲は基本的には半永久的に再生することができる他、Apple Musicのライブラリに統合することも可能です。

iOS、tvOS、macOS、Windowsに向けて展開されている「映画配信」では、映画のレンタル・購入が可能です。一度購入した映画は、iPhone、iPad 、Apple TV、Mac、Windowsなど、複数のデバイスで再生することができます(同アカウントでサインインした場合)。

iTunes Storeの映画配信は、4K HDRDolby VisionDolby Atmosに対応するものも続々と追加されていて、過去に購入した映画も対応次第自動的にアップデートされます。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」を使って、iTunes Storeの音楽・映画を購入することができます。

3. Apple Booksの本の購入

3つ目のApp Store & iTunesギフトカードの使い道は、「Apple Booksの本の購入」です。

「App Store & iTunesギフトカード」は、Apple Books(旧iBooks)で販売されている全ての本の購入に使用することができます。

「Apple Books」は、iOSmacOSにおいて利用することができます。

Apple Booksで販売されている本は、マンガはもちろん、小説ビジネス本教育関係など、幅広いものが用意されています。

iPadを使えば、Apple Booksの見開きの漫画や雑誌も快適に読むことができます。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」を使うことで、Apple Booksの本を購入することができます。

Ads by Google

4. iCloudのストレージ料金

4つ目のApp Store & iTunesギフトカードの使い道は、「iCloudのストレージ料金」です。

「App Store & iTunesギフトカード」は、iCloudのストレージを追加購入した際の料金の支払いに使うことができます。

iCloudのストレージは、iOSmacOSにおいて使うことが可能で、写真のライブラリをはじめ、iPhone、iPadのバックアップや、「ファイル」のアプリに自由にフォルダを作って保存することも可能です。

ストレージ容量は、50GB〜2TBまで選択可能で、月額料金は¥130〜1,300となっています。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」を使って、iCloudのストレージ料金を支払うことができます。利用の際には、請求日の前にチャージしておく必要があります。

5. Apple Musicの料金の支払い

5つ目のApp Store & iTunesギフトカードの使い道は、「Apple Musicの料金の支払い」です。

「App Store & iTunesギフトカード」は、Apple Musicの料金の支払いに利用することができます。

「Apple Music」は、iOStvOSwatchOSmacOSAndroidWindowsで利用することができるサービスです。

Apple Musicは、学生プランなら月額¥480、個人プランでは月額¥980、ファミリープランでは月額¥1,480で、4,500万曲が聞き放題になります。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」を使って、Apple Musicの料金を支払うことができます。利用の際には、請求日の前にチャージしておく必要があります。

最後に

今回は、『「App Store & iTunesギフトカード」の使い道5選!何に使える?』についてご紹介しました。

このように、「App Store & iTunesギフトカード」には、さまざまな使い道があるようです。

また、「App Store & iTunesギフトカード」は、Eメールタイプをオンラインで購入して自分宛に送ることもできます。これによって、また利用の幅も広がるのではないでしょうか。

皆さんも、「App Store & iTunesギフトカード」のさまざまな使い道を試してみてはいかがでしょうか。

Ads by Google