Apple TVの使い方!初期設定からアプリのインストールまで徹底解説

2018年7月11日
[最終更新日]2018年07月11日

今回は、「Apple TVの使い方」について徹底解説します。

「Apple TV」を使うことで、さまざまなビデオストリーミングサービスアプリゲームなどを楽しむことができます。

しかしながら、「Apple TVの使い方が分からない」、「Apple TVの初期設定はどうやるの?」、「Apple TVでアプリをインストールする方法は?」とお困りの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「Apple TVの使い方」について、初期設定からアプリのインストールの仕方までを徹底解説しようと思います。

「Apple TVを買った」という方も、「これからApple TVを買おうと思っている」という方も、ぜひ参考にしてみてください。

Ads by Google

Apple TVの使い方

初期設定のセットアップ

▲まずは、Apple TVの初期設定のセットアップについて見ていきましょう。

Apple TVを電源に接続し、HDMIケーブルをテレビにつなぐと、上の画像のように「リモコンをペアリング」の表示がさまざまな言語で出てきます。

▲付属の「Siri Remote」を手に取り、タッチサーフェスと呼ばれる部分をクリックしましょう。

▲Siri Remoteをクリックすると、Apple TVとリモコンが接続され、次の画面に進みます。

上の画像のように、「言語」を選択する画面になるので、「日本語」や「English」など、お好みの言語を選択しましょう。

▲上の画像のように、Siri Remoteのタッチサーフェス部分をスワイプ(指でなぞる)することで、項目を上下へ動かすことができます。

▲言語を選択すると、次は「国または地域を選択」の画面が表示されます。

ここでは、「日本」を選択しましょう。海外在住の方はお住いの国・地域を選択してください。

▲国・地域を選択すると、次は。「データとプライバシー」の画面が表示されます。

上のアイコンが表示されるときは、個人情報の使用が求められている時であるという旨の説明がされています。

続ける」を選択して次に進みましょう。詳細を知りたい方は「詳しい情報」を開きます。

▲データとプライバシーの次は、「Siriと音声入力」の設定画面が表示されます。

これは、付属の「Siri Remote」を使って音声検索を可能する機能のことです。

Siriの音声検索はとても便利なので、ぜひ「Siriを使用」を選択しましょう。音声検索なんて絶対に使いたくないという方は、「Siriを使用しない」を選択しましょう。

▲Siriと音声入力の設定の次は、「Apple TVを設定」の画面になります。

ここでは、すでにiPhoneiPadを使っている方は、「デバイスで設定」を選択することで入力を短縮することができます。

iPhone・iPadをお持ちの方は、「デバイスで設定」を、そうでない方は「手動で設定」を選択しましょう。

▲デバイスで設定を選択した場合は、上の画面が表示されます。

お使いのiPhone・iPadのロックを解除(ホーム画面を開いた状態)にし、Wi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認してApple TV本体に近づけてください。

▲うまくいくと、iPhone・iPadに上の画像のような「新しいApple TVを設定」の画面が表示されます。

iPhone・iPad側から、「設定」を選択しましょう。

▲iPhone・iPad側で設定を選択すると、「認証」の画面が表示されます。

この時、Apple TV側の画面に4桁のコードが表示されるので、これをiPhone・iPadに入力します。

▲コードを入力すると、上の画像のように設定中の画面が表示されます。

▲Apple TV側も設定中の画面になるので、しばらく待ちましょう。

▲うまくいくと、iPhone・iPad側に「Apple TVを完了」の表示が出ます。

完了」をタップしましょう。

▲続いては、「手動で設定」を選択した場合の設定方法を見ていきましょう。

Apple TVを設定の画面で、「手動で設定」を選択します。

▲手動で設定を選択すると、「Apple ID」を入力する画面になります。

お使いの「Apple ID」を入力していきましょう。地球儀のアイコンを押すと、言語を英数入力に切り替えることができます。

▲Apple IDを入力したら、次はパスワードを入力します。

▲パスワードを入力すると、確認コードの入力を求められることがあります。

お使いのiPhone・iPadに確認コードが届いているとおもうので、6桁のコードを入力しましょう。

▲コードを入力すると、「Apple TVを設定中」の画面が表示されます。

▲Apple TVの設定が完了すると、「パスワードの要求」の画面が表示されます。

これは、iTunes StoreやApp Storeなどで買い物をする際に、毎回パスワードの入力を求めるようにするのか、それともパスワードの入力をスキップできるようにするのかという選択です。

間違って購入するのを防ぎたい方は「常に要求」を、パスワードの入力がめんどくさいと思う方は、「15分後に要求」か「要求しない」を選択しましょう。

▲パスワードの要求の設定が終わると、次は「すべてのApple TVで1つのホーム画面を使用」をオンにするかどうか尋ねられます。

これは、Apple TVを複数台持っていたり、Apple TVを買い換えた際に、同じホーム画面を復元できるという機能です。

これは「オンにする」を選択しておいても問題ないと思います。

▲ホーム画面の設定が終わると、「このApple TVをどこに設置しますか?」という画面が表示されます。

ここはお好みの名前を選択しましょう。

▲次は「位置情報サービス」をオンにするか尋ねられます。

これも「オン」にしても問題ないと思います。位置情報をシャットアウトしたい方は「オフ」にしましょう。

▲位置情報の設定が済むと、次は「世界を見よう」の画面が表示されます。

これは、Apple TVで空撮のスクリーンセーバーを利用するかどうかというものです。空撮のスクリーンセーバーはApple TVのウリの1つでもあるので、ぜひ「自動的にダウンロード」を選択しておきましょう。

▲スクリーンセーバーの設定の次は、「解析」の画面が表示されます。

これは、あなたのApple TVの利用状況をAppleに送信して品質向上に利用していいかどうかを尋ねています。

送信するかしないかは、お好みで選択しましょう。

▲解析の設定が終ると、次は「App解析」の画面が表示されます。

これは、アプリの利用状況をアプリ開発者に共有するかどうかというものです。

共有するかしないかは、お好みで選択しましょう。

▲App解析の設定が終わると、最後に「利用条件」の画面が表示されます。

ここは「同意する」を選択しましょう。

▲利用条件の設定が終わると、Apple TVの初期設定が完了し、Apple TVを利用できるようになります。

以上が、「初期設定のセットアップ」になります。

Ads by Google

アプリのインストール

▲続いては、Apple TVでアプリをインストールする方法を見ていきましょう。

まずは、ホーム画面から「App Store」のアイコンを選択して開きます。

▲App Storeを開くと、初めての場合は上の画像のようにApp Storeへようこその画面が表示されます。

続ける」を押して先へ進みましょう。

▲App Storeを開くと、さまざまなアプリが表示されます。

▲今回は、ランキングのページへアクセスしてみましょう。

上のタブメニューの左から2番目にある「ランキング」を開きます。

今回は、無料の「YouTube」のアプリをインストールしてみましょう。

▲ランキングのタブを開いたら、下へ移動して「YouTube」のアイコンを開きます。

▲YouTubeを開いたら、「インストール」もしくは「入手」のアイコンをクリックしましょう。

有料アプリの場合は、このときにパスワードの入力を求められることがあります。

▲YouTubeをインストールしたら、Siri Remoteのホームボタンを押してホーム画面に戻りましょう。

▲ホーム画面に戻ろうとすると、「Appを自動インストール」の画面が表示されることがあります。

これは、iPhoneやiPadで入手したアプリをApple TVにも自動でインストールする機能ですが、うっとうしいので「キャンセル」を選びましょう。

▲ホーム画面に戻ると。「YouTube」のアプリが追加されていると思います。

YouTubeのアプリを選択してクリックし、起動しましょう。

▲このようにして、Apple TVではアプリをインストールすることができます。

以上が、「アプリのインストール」になります。

アプリの並び替え

▲続いては、ホーム画面のアプリの場所を並び替える方法を見ていきましょう。

アプリを並び替えるには、まず並び替えたいアプリを選択した状態で、タッチサーフェスをカチッと長押しします。

▲アプリを選択した状態で長押しすると、アイコンがプルプルと震えだすと思います。

その状態のまま、タッチサーフェスを上下左右にスワイプすることで、アプリの場所を移動し、並び替えることができます。

以上が「アプリの並び替え」になります。

アプリの削除

▲続いては、アプリを削除する方法を見ていきましょう。

まずは削除したいアプリを選択した状態で、Siri Remoteのタッチサーフェスを長押しします。

▲すると、アイコンがプルプルと震えだすので、Siri Remoteの再生/停止ボタンを押します。

▲Siri Remoteの再生/停止ボタンを押すと、上の画像のようなメニューが表示されるので、「削除」を選択しましょう。

以上が、「アプリの削除」になります。

▼今話題の格安4K HDRテレビはこちら

最後に

今回は、『Apple TVの使い方!初期設定からアプリのインストールまで徹底解説』についてご紹介しました。

このように、Apple TVを使えば、iPhoneやiPadのようにアプリを自由にインストールして、動画配信やゲーム、その他さまざまなアプリを楽しむことができます。

皆さんも、リビングや寝室にApple TVを導入して、新しい生活をはじめてみませんか?

Ads by Google