「iPad Pro」の512GBは必要?どういう人に向いているか考えてみた

2018年7月2日
[最終更新日]2018年07月02日

「iPad Pro」には、ストレージ容量が最大512GBまで用意されています。

現在スマホやタブレットで主流のストレージは、32GBや64GBなので、512GBはざっとその8倍以上ということになります。

そんな中、「iPad Proに512GBなんて必要あるの?」、「512GBなんてどういう人が使うの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「iPad Proの512GBが必要そうな3つのタイプの人」についてご紹介します。

「iPad Proの512GBは必要なのか」、「どういう人に向いているのか」を見ていきましょう。

Ads by Google

iPad Proの512GBが必要そうな3つのタイプの人

1. 撮影した動画をたくさん保存したい人

1つ目のiPad Proの512GBが必要そうなタイプの人は、「撮影した動画をたくさん保存したい人」です。

これはiPad Proで撮影した動画はもちろんのこと、iPhone一眼レフカメラビデオカメラなどの他のデバイスで撮影した動画をまとめてiPad Proに取り込んで管理したいというニーズのことです。

最近はiPad ProやiPhoneのカメラの画質も良くなっているので、ついついお子さんの記録動画などを撮りすぎてしまうという方も多いかもしれません。

ご存知の通り、動画ファイルは画像や音声ファイルに比べるとデータ容量が大きく、ものの10分も撮影すれば軽く1GBを超えてしまいます。

そのため、「動画をたくさん撮影して保存しておきたい」という方には、まさにiPad Proの512GBがうってつけのわけです。

また、最近は「iPad Proで動画編集をしたい」という人も増えているので、そういった需要にもよりストレージ容量の大きい512GBのiPad Proは応えられるかもしれません。

2. 映画・ドラマをたくさん持ち運びたい人

2つ目のiPad Proの512GBが必要そうなタイプの人は、「映画・ドラマをたくさん持ち運びたい人」です。

最近は、「Netflix」や「Amazon Prime Video」などのビデオストリーミングサービスが流行っています。

ビデオストリーミングサービスは、基本的にオンラインでないと動画が見れないため、出張や旅行の際には、動画をダウンロードしてオフラインでも楽しめるようにしたいところです。

この動画のダウンロードには、「iTunes Store」や「Netflix」、「Amazon Prime Video」、「dTV」など、数多くのサービスが対応しています。

もちろん、動画ファイルはデータ容量が大きいので、映画やドラマを何本もダウンロードするとすぐにiPad Proのストレージ容量がいっぱいになってしまいます

そんな「映画・ドラマをたくさん持ち運びたい」という方にオススメになるのが、やはり512GBのiPad Proではないでしょうか。ストレージが512GBもあれば、お気に入りの海外ドラマの全エピソードをダウンロードして持ち運ぶこともおそらく可能です。

Ads by Google

3. 仕事でガッツリ使いたい人

 

3つ目のiPad Proの512GBが必要そうなタイプの人は、「仕事でガッツリ使いたい人」です。

これはシンプルに、仕事で使うための画像動画ファイルはもちろん、書類やその他もろもろデータファイルをiPad Proにまとめて保存しておきたいというニーズです。

もちろん、仕事の内容によってどのくらいのストレージ容量が必要になってくるのかも変わってくると思いますが、「256GB以上は必要になる」という場合には、もはやiPad Proの512GBしか選択肢がなくなってきます

このように、「とにかくストレージ容量の多いiPad Proを仕事に使いたい」という方には、512GBのiPad Proが必要かもしれませんね。

最後に

今回は、『「iPad Pro」の512GBは必要?どういう人に向いているか考えてみた』についてご紹介しました。

この他にも、思いがけないような用途で512GBのiPad Proを必要としている人々がいるかもしれません。

今やiPad ProはそこらのPCよりも高性能なので、これからも新しい使い方をする人が現れると思います。

皆さんも、512GBのiPad Proを使った、新たな使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

Ads by Google