Apple TV 4Kの対応テレビ5つ!4K、HDR、DOLBY VISION、ATMOS

2018年8月22日
[最終更新日]2018年08月22日

今回は、「Apple TV4Kの対応テレビ5つ」についてご紹介します。

「Apple TV 4K」は、4K、4K HDR、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSといったさまざまな映像・音声出力に対応しています。

そのため、「Apple TV 4Kはどのテレビに対応しているの?」、「私のテレビはApple TV 4Kに対応しているの?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

そこで今回は、Apple TV 4Kに対応する5つのテレビについて見ていきましょう。

Apple TV 4Kの性能をフルに活用したいのか、それとも自分の使用用途に合わせるのかで選択するテレビも変わってくると思います。

Ads by Google

Apple TV 4Kの対応テレビ5つ

Apple TV 4Kの対応テレビ1. HDテレビ

1つ目のApple TV 4Kの対応テレビは、「HDテレビ」です。

HDテレビというのは、4K対応ではない液晶・プラズマテレビなどのことで、ディスプレイの解像度が1920 x 1080以下のものを指します。現在、世に出回っているほとんどのテレビはHDテレビになります。

Apple TV 4Kは、4K非対応のHDテレビでも使うことが可能です。もちろん、映像の出力は1080pまでに制限されます。

Apple TV 4KをHDテレビに接続するためには、テレビにHDMI端子が搭載されている必要があります。おおむね2006年以降に発売されたすべての液晶・プラズマテレビにはHDMI端子が搭載されているので大丈夫だと思います。

もちろん、テレビがHDであっても、Apple TV 4Kで利用できるアプリは問題なく動作します。ただし、当然ながらiTunesの4K対応映画やNetflix、Amazonプライム・ビデオの4K対応コンテンツも、HDで出力されることになります。

「まだまだHDで十分だぜ」や、「なるべく安いテレビにしたい」という方は、Apple TV 4KをHDテレビで利用するのがオススメになります。

Apple TV 4Kの対応テレビ2. 4Kテレビ

2つ目のApple TV 4Kの対応テレビは、「4Kテレビ」です。

4Kテレビは、ディスプレイの解像度が3840 x 2160のものを指します。HDRには非対応でも解像度が4Kなら4Kテレビと名乗ることができます。

Apple TV 4Kは、4K対応テレビに接続すると、4K(2160p SDR)の映像出力で使うことができます。

4K解像度では、HD(1080p)と比較して縦横の解像度が2倍になり、より細かい描写が可能になります。特に景色や建物を引きの映像で映したときに違いがよく分かります。

iTunesの4K対応映画はもちろん、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどの4K(Ultra HD)対応作品を4K解像度で視聴することが可能になります。

「4Kで見たいけどテレビの価格は抑えたい」という方には、Apple TV 4Kを4Kテレビで利用するのがオススメになります。

Apple TV 4Kの対応テレビ3. 4K HDRテレビ

3つ目のApple TV 4Kの対応テレビは、「4K HDRテレビ」です。

4K HDRテレビとは、ディスプレイの解像度が3840 x 2160でかつ、HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)に対応しているものを指します。ここで言うHDRの規格は、「HDR 10」や「HLG」になります。

Apple TV 4Kは、4K HDR対応テレビに接続すると、4K HDRの映像出力で使うことができます。4K HDRで出力するためには、HDMI 2.0対応のケーブルが必要になります。

HDRでは、従来のSDRと比較して輝度の表現力が大幅に向上します。

例えばカメラに向かって光が差し込む逆光のシーンや、暗い部屋に明るい光が差し込むといったシーンでも、HDRでは白潰れや黒潰れを起こすことなく明暗のコントラストを美しく表示することができるのです。

「Apple TV 4K」を「4K HDR対応テレビ」に接続すれば、iTunesの4K HDR対応映画はもちろん、Netflixなどの4K HDR対応作品を4K HDRで視聴することが可能になります。

「4K HDRで楽しみたいけどDOLBY VISION対応テレビは高い」という方には、Apple TV 4Kを4K HDRテレビで利用するのがオススメになります。

Ads by Google

Apple TV 4Kの対応テレビ4. DOLBY VISION対応テレビ

4つ目のApple TV 4Kの対応テレビは、「DOLBY VISION対応テレビ」です。

DOLBY VISION対応テレビとは、HDRの上位互換である「DOLBY VISION(ドルビービジョン)」に対応したテレビになります。現在販売されている「DOLBY VISION対応テレビ」は、すべて4K HDR対応テレビになっています。

「DOLBY VISION」とは、HDRの規格の1つで一般的な「HDR 10」よりもさらに優れたHDR効果を実現することができます。

「HDR 10」ではコンテンツ単位でしか輝度の設定ができませんが、「DOLBY VISION」ではフレーム単位で輝度の設定が行えます。そのため、HDR10よりもDOLBY VISIONは更に制作者の意図した映像表現を再現できるようになります。

「Apple TV 4K」を「DOLBY VISION対応テレビ」に接続すれば、iTunesの4K DOLBY VISION対応映画はもちろん、Netflixなどの4K VISION対応作品を4K解像度で視聴することが可能になります。

「高いテレビでもいいので最高画質で楽しみたい」という方には、Apple TV 4KをDOLBY VISION対応テレビで利用するのがオススメになります。

Apple TV 4Kの対応テレビ5. DOLBY ATMOS対応テレビ

5つ目のApple TV 4Kの対応テレビは、「DOLBY ATMOS対応テレビ」です。

DOLBY ATMOS対応テレビとは、音声フォーマットの「DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)」に対応したテレビになります。現在販売されている「DOLBY ATMOS対応テレビ」はすべてDOLBY VISION対応テレビになっています。

Apple TV 4KでDOLBY ATMOSを利用するためには、ソフトウェアアップデートでtvOS 12以上に更新する必要があります。

「DOLBY ATMOS」では従来のサラウンドでは実現できなかった縦方向の音響に対応し、天井から音が降ってくるような臨場感を視聴体験することができます。

「Apple TV 4K」を「DOLBY VISION対応テレビ」に接続すれば、iTunesのDOLBY ATMOS対応映画はもちろん、NetflixなどのDOLBY ATMOS対応作品をDOLBY ATMOSで視聴することが可能になります。

「高いテレビでもいいので最高画質・最高音質で楽しみたい」という方には、Apple TV 4KをDOLBY ATMOS対応テレビで利用するのがオススメになります。

Apple  TV 4Kの購入はこちら: Apple TV 4K – ヨドバシ.com

最後に

今回は、『Apple TV 4Kの対応テレビ5つ!4K、HDR、DOLBY VISION、ATMOS』についてご紹介しました。

このように、Apple TV 4Kでは、使用用途に合わせて対応テレビを選択することができます。

まだHDで十分」という方にはHDテレビでも使えますし、「4K HDRで見たい」という方には4K HDRテレビ、「最高の画質・音質で」という方にはDOLBY VISION・ATMOS対応テレビがオススメになってきます。

皆さんも、お好みの使用用途に合わせてApple TV 4Kを対応テレビで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Ads by Google