AV1コーデックの圧縮率がすごい?H.264もHEVCもVP9も不要に?

2018年10月1日
[最終更新日]2018年10月02日

動画ファイルを圧縮するためのコーデックといえば、現在はBlu-rayやほとんどのウェブ動画で広く使われているH.264、Ultra HD Blu-rayやAmazon Prime Video、Netflixなどに採用されているHEVC、そしてYouTubeに採用されているVP9などがあります。

次世代のビデオコーデックをめぐっては、しばしばMPEG陣営のHEVCグーグルのVP9が対立していましたが、さらにこれら2つのコーデックをも上回る次世代コーデックとして「AV1 (エー・ヴィー・ワン)」が注目されています。

AV1の圧縮効率はHEVC、VP9よりも高いとされていて、さらにロイヤリティーフリーで使えるということから、すでにGoogle、Apple、Netflix、Hulu、Nvidiaなどの主要企業が支持を表明しています。

動画配信サービスのNetflixではすでにAV1を使った実験を行なっていて、SD解像度(480p)の動画であれば4GBで33時間収録できるまでに圧縮効率が高くなっているようです(参考: ネットフリックス本社を動かした、高すぎる「日本のスマホ視聴比率」 —— 4GBで30時間記録する、超高圧縮規格も開発中)。

これはざっくり計算すれば、DVDのおよそ33倍に値します(DVDはMPEG2コーデックで片面1層4GBで約1時間の収録だったため)。

もちろん、DVDと比較するまでも、H.264やHEVC、VP9などと比べても高い圧縮率を誇っているのは間違いありません。

果たして、この次世代コーデックAV1の登場によって、H.264、HEVC、VP9は不要になるのでしょうか。

Ads by Google

AV1の登場でH.264、HEVC、VP9は不要になる?

「AV1」の現状を見ると、すでに動画再生ソフトの「VLC Media Player」が、v3.0.4で対応しているようです(参考:「AV1」ストリームのデコードをサポートした「VLC media player」v3.0.4が正式公開)。

また、グーグルのブラウザである「Google Chrome」もバージョン69でベータ対応していて、次のバージョン70ではAV1を正式採用するそうです。

すでに、YouTubeでは、AV1公式チャンネル(参考: Alliance for Open Media)などの動画がAV1にエンコードされているようで、AV1対応のGoogle ChromeやFireFoxなどのブラウザを使うことで視聴できるようです(参考: How to enable AV1 support on YouTube)。

このように、AV1のリリースは遠い未来の話ではなく、2018年10月現在すでに始まっているのです。

こうなってくると、気になるのはアップルの対応です。アップルはすでにAV1に対応することは表明していますが、それがいつになるかは不明です。

Ads by Google

もしもアップルの対応が早ければ、2019年iOS 13macOS 10.15でAV1に対応する可能性もあります。

ただ、アップルがHEVCに対応したのは2017年のiOS 11、macOS 10.13からとかなり遅かったので、対応は、まだまだ先になる可能性もあります。このあたりはアップルのみぞ知るところです。

とは言っても、実はアップルは過去にH.264の採用を2005年頃から行うなど、かなり対応が早いケースもありました(参考: アップル、H.264の動画再生に対応した「QuickTime 7」)。

今回もアップルが、AV1をかつてのH.264なみに重要度が高いと考えていれば、2019年の対応もあり得るかもしれませんね。

そしてiPhoneやiPadがAV1に対応すれば、AV1は一気に普及するかもしれません。

最後に

今回は、『AV1コーデックの圧縮率がすごい?H.264もHEVCもVP9も不要に?』についてご紹介しました。

このように、AV1をめぐっては、YouTubeもNetflixも準備オーケーといった具合で、2018年以内には利用可能になるかもしれません。

あとは、アップルなどのハードウェアを手がける主要なメーカーがいつ対応するのかがカギになってきます。

現状では、アップル製品はVP9に対応していないのでYouTubeの4K動画を見ることができません(MacはChromeで対応可)。

特に、Apple TV 4Kは、「4K」と名前が付いているくせにYouTubeの4K動画が再生できないというマヌケな事態になっています。

この現状を一刻も早く打開するためには、アップルが早くAV1に対応するしかないのです。

AV1コーデックの登場によって、アップル製品の問題はもちろん、セルラー回線のギガが減る問題なども解消されることに期待ですね。

Ads by Google