BUFFALOのLSW4-GT-5EPLをレビュー!安価で小型なギガビットLANハブ

2018年10月27日
[最終更新日]2018年11月01日

今回は、BUFFALO(バッファロー)のギガビット対応有線LANハブLSW4-GT-5EPL」という製品を購入したのでご紹介します。

経緯は、これまで使っていた有線LANハブが突然壊れてしまったので、急遽新しいものを探すことになったことが始まりです。

今回購入する新しい有線LANハブの条件として、①ギガビット対応、②安価、③4ポート以上、④評価が良いものの4つに当てはまるものがないか探してみました。

その結果、ギガビット対応で、¥1,500程度で販売されていて、5ポート搭載で、カスタマーレビューも結構良かったバッファローの「LSW4-GT-5EPL」という製品にたどり着いたので購入しました。

そんなわけで今回は、バッファローのギガスイッチングハブ「LSW4-GT-5EPL」の開封と実際に使ってみた感想をお届けしていきます。

Ads by Google

BUFFALOのLSW4-GT-5EPLをレビュー

バッファローのギガスイッチングハブを開封

▲こちらがバッファローのギガスイッチングハブ「LSW4-GT-5EPL」の箱になります。

写真では伝わりにくいですが、かなりコンパクトな見た目になっているので、まず驚きました。

▲箱の中は、「ACアダプターの電源」、「本体」、「説明書」、「滑り止め(?)」の4点が入っています。

ACアダプターもかなりコンパクトなので、コンセント周りを邪魔しなさそうで良いですね。

▲前部分はこのように、パワー/ループを表示するランプ、1〜5ポートまでのLANのランプがあります。

今回はホワイトを購入しましたが、ブラックもあるようです。

▲後ろはACアダプターの電源入力ポートと、5つの有線LANポートがあります。

LAN端子の大きさからも、ハブのコンパクトさが伝わると思います。

▲裏面はこのように、通気口が4つ確保されています。この製品にはファンが搭載されていないので、温度には気をつけたいところです。

真ん中にある2つのくぼみが何であるかはよく分かりません(笑)。説明書にも特に記載されていませんでした。磁石をはめ込むのでしょうか。

▲電源を接続し、実際に有線LANケーブルを接続してみるとランプが点灯します。

ギガビットである1,000Mbps対応のものは緑色のランプが点灯し、100Mbps/10Mbpsのものはオレンジ(黄色?)のランプが点灯します。

ギガビット対応デバイスをお使いの場合は、まずランプの色を見てギガビットになっているかチェックしましょう。

Ads by Google

バッファローのギガスイッチングハブの通信速度はどうなの?

次に気になるのが、この有線LANハブを使ってどれくらい通信速度を維持できるのかという点です。

ハブによっては、通信速度が著しく低下してしまうものもあるので、きちんと確かめておく必要があります。

今回は、ギガビットイーサネットに対応しているApple TV 4Kに有線LAN接続し、「Speedtest」というアプリを使って実験してみます。

▲まずは、Apple TV 4Kにハブを通さずに有線LANケーブルを直接接続した状態で通信速度を測定してみました。

結果は、ダウンロードが66.2Mbps、アップロードが358Mbpsとなりました(そもそも下りが遅い)。

▲続いては、今回買ったバッファローのギガスイッチングハブを通してApple TV 4Kに接続して速度を測ってみます。

結果は、ダウンロードが73.2Mbps、アップロードが344Mbpsとなりました。

下りに関しては直繋ぎよりも高速になってしまいましたが、これは計測するたびに若干前後するものなので、結論としてはバッファローのギガスイッチングハブを通してもほとんど速度低下はないと言えそうです。

ただし、今回はApple TV 4Kしか通信していない状態での実験でした。もしもハブに繋いだゲーム機やテレビなどを同時に通信させると、この結果もまた変わってくるかもしれません。

少なくとも、1台ずつ動かす条件では速度の遅延はないと言って良さそうです。むしろファン非搭載の小型ハブなので、あまり酷使しない方がいいかもしれません。

▼「バッファローのギガスイッチングハブ」はこちら

最後に

今回は、『BUFFALOのLSW4-GT-5EPLをレビュー!安価で小型なギガビットLANハブ』についてご紹介しました。

このように、バッファローのギガスイッチングハブは、安価コンパクトであるにも関わらず、ギガビット対応コスパの良い製品となっています。

もちろん、性能はそれなりに良しとしても耐久性が気になるところです。小型でファンレス設計のため、長時間複数のデバイスからの通信で高負荷をかけるような使い方はなるべく避けた方が良さそうです。

一応バッファローの製品なので、すぐに壊れるようなことはないと思いますが、万が一壊れても時期によっては保証もきくため、それほど心配しなくて良いと思われます。

皆さんも、バッファローのギガスイッチングハブを試してみてはいかがでしょうか。

Ads by Google