Photoshop(フォトショップ)のiPad対応が変えるかもしれない3つのこと

2018年10月16日
[最終更新日]2018年10月16日

ソフトウェアを手がけるAdobe Systems社は2018年10月15日(米時間)に、画像編集ソフトである「Photoshop (フォトショップ)」のフルバージョンをiPad向けに2019年にリリースすることを発表しました(参考:  iPadにPhotoshop“完全版”がやってくる–2019年登場、イラスト特化の新アプリも)。

これまでもAdobeはPhotoshop Fix、Express、Mixといった、PhotoshopモドキをiOS向けにリリースしていましたが、今回リリースされるのは、正真正銘MacやPCで動作するものとほぼ同じPhotoshopとなります。

今回のiPad版のリリースにあたっては、Mac/PC版のPhotoshopをそのまま移植するのではなく、アップルの協力のもとゼロから再設計されたようです。

そのため、iPad版Photoshopの動作はiOSに最適化され、サクサクヌルヌルとかなり快適に動作するようです。さらに、Apple Peniclにも対応しています。

果たして、今回のPhotoshopのiPad対応は、一体何を変えていくのでしょうか。

Ads by Google

PhotoshopのiPad対応が変えるかもしれない3つのこと

PhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないこと1. 個人のPhotoshop利用者が増える

1つ目のPhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないことは、「個人の利用者が増える」です。

これまでPhotoshopを利用するためには、ある程度高いスペックを持ったWindowsマシンや、Macが必要とされてきました。

Windowsマシンはピンキリなので一概には言えませんが、Macに至っては、最も安価なMacBook Airでも税込み10万円以上はするため、全くPhotoshopを使ったことがない人が気軽に使い始めることができるようなシロモノではありませんでした

しかしながら、iPadであれば最安価のiPad 第6世代であれば税込み4万円程度で入手できます。

Macは厳しいけどiPadなら買える」という人も多いと思いますし、なによりも「iPadならすでに持っている」といいう人もいるかもしれません。

さらに、従来はPhotoshopを本格的に使うユーザーには3万円以上はするペンタブレットが必要とされてきました。

これも、iPadであれば1万円程度Apple Pencilで代用することができます。

このように、iPad版のPhotoshopはMac/PCと比べて利用するための障壁が低くなるため、Photoshopユーザーの増加に繋がるかもしれません。

PhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないこと2. 法人や教育機関へのiPadの導入が増える

2つ目のPhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないことは、「法人や教育機関へのiPadの導入が増える」です。

これまでPhotoshopは、デザイン関係、印刷関係、ウェブ関係の会社や、学校などに導入されていました。

今回のPhotoshopのiPad対応によって、これらの機関においてのiPadの導入が増えるかもしれません。

iPad 第6世代Apple Pencilは、2つ合わせても5万円程度で済むので、MacやPCを導入するよりもコストが圧倒的に安いのです。

そのため、Photoshop端末の台数を増やす目的でiPadを追加で導入したり、あるいはMacやPCをiPadに置き換えるという大胆な会社や学校も出てくるかもしれません。

そしてもちろん、iPad対応を機に新規にPhotoshopを導入する機関も増えるかもしれません。

Ads by Google

PhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないこと3. 使い勝手の向上

3つ目のPhotoshopのiPad対応が変えるかもしれないことは、「使い勝手の向上」です。

Photoshopに限らず、Adobeのソフトを使ったことがある方は分かると思うのですが、基本的に初心者には易しくない設計になっています。というよりも、圧倒的な初見殺しです。

これには一応理由があるようで、Photoshopはその30年近い歴史の中で、新機能をどんどん付け足す形で進化を続けてきました。

そしていわゆるレガシーが蓄積されていった結果、現在のようなPhotoshopの中の人でさえも把握しきれないほど多機能で複雑なソフトになってしまったようです。

しかしながら、今回のiPad版Photoshopの開発にあたっては、アップル協力のもとでこれまでの機能をなるべく維持したままPhotoshopを設計し直したようです。

これによって、複雑で訳が分からないソフトだったPhotoshopも、より使い勝手が良いものへと進化していることに期待がかかります。

もしかすると、ディスプレイに直接書き込める分だけ、MacやSurfaceなどよりも素晴らしいものになっているかもしれませんね。

最後に

今回は、『Photoshop(フォトショップ)のiPad対応が変えるかもしれない3つのこと』についてご紹介しました。

このように、PhotoshopのiPad対応によって、Photoshop利用者が増えるのでAdobeにとっても良いことですし、iPadの導入が増えればアップルにとっても良いことです。

そして何よりも、Photoshopそのものの使い勝手が良くなれば、ユーザーにとっても良いこととなります。

今回のiPad対応によって、今後Photoshopがどうなっていくのか、目が離せませんね。

Ads by Google