「PayPay」と「PayPal」の3の違い!名前が似てるけど何が違うの?

2018年12月10日
[最終更新日]2018年12月10日

今回は、「PayPayとPayPalの3つの違い」についてご紹介します。

最近「PayPay (ペイペイ)」というQR・バーコード決済サービスが人気を集めていますが、実はそれとは別に「PayPal (ペイパル)」という決済サービスも存在します。

ここで、「PayPayとPayPalは何が違うの?」、「PayPayとPayPalの関係は?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

結論から言うと、PayPayとPayPaylは全く別のサービスであり、一切関係がありません

そんなわけで今回は、「PayPayとPayPalの3つの違い」について見ていきましょう。

Ads by Google

PayPayとPayPalの3つの違い

PayPayとPayPalの違い1. 会社が違う

1つ目のPayPayとPayPalの違いは、「会社が違う」です。

PayPay (ペイペイ)」は、日本のソフトバンクとYahoo! Japanが合弁した「PayPay株式会社」と、インドのPaytm(ペイティーエム)と提携することで2018年10月に開始した電子決済・送金サービスです。

PayPal (ペイパル)」は、1998年アメリカで創業し、2002年に「eBay (イーベイ)」の傘下となった電子決済・送金サービスです。

PayPalは世界190ヶ国にサービスを展開していて、ユーザー数は2億2万人いるようです。

このように、PayPayは日本発のサービスでソフトバンクとYahoo! Japanが運営していること、PayPalはアメリカ発のサービスでeBayの傘下にあるという国や会社の違いがあることに加えて、サービス開始時期もPayPayは2018年、PayPalは1998年約20年も差があるのです。

PayPayとPayPalは名前こそ似ていますが、運営する会社が全く異なるのです。

Ads by Google

PayPayとPayPalの違い2. 決済方法が違う

2つ目のPayPayとPayPalの違いは、「決済方法が違う」です。

「PayPay」の決済方法は、QR・バーコードを使って主に実店舗での支払いを想定されています。

「PayPal」の決済方法は、アカウントを使って、主にオンラインでの支払いを想定されいます。

つまりは、PayPayは主にリアルのお店で使うもので、PayPalは主にウェブサービスやネットショッピングで使うものなのです。

このように、PayPayとPayPalは決済方法が異なるのですが、どちらもクレジットカード/デビットカード銀行口座振替を利用するという点では共通しています。

PayPayとPayPalの違い3. 対応する店舗・サービスが違う

3つ目のPayPayとPayPalの違いは、「対応する店舗・サービスが違う」です。

「PayPay」に対応する店舗は、ファミリーマート、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ジョーシン、ソフマップといった実店舗となっています。

「PayPal」に対応するサービスは、Netflix、Hulu、iHerb、DMM.com、PlayStation Store、Steamといったウェブサービスとなっています。

PayPayは日本の店舗に強く、PayPalはアメリカのウェブサービスに強いとも言えるかもしれません。

最後に

今回は、『「PayPay」と「PayPal」の3の違い!名前が似てるけど何が違うの?』についてご紹介しました。

このように、PayPayとPayPalは名前こそ似ていますが、運営する会社や決済方法、対応店舗・サービスが違うなど、全くもって違うサービスということになります。

正直いうと、どちらも同じ電子決済・送金サービスとなっているので、PayPayの方は紛らわしくないようにもっと違う名前にしてくれても良かったかもしれません。

とは言っても、昨今は「〜Pay」や「Pay〜」といったサービスが大量発生して「いったいどのペイなんだ」とユーザーを困惑させています。

そう考えると、「PayPay」の名称は覚えやすくて良いのかもしれませんね。

PayPayもPayPalも、うまく活用して快適なキャッシュレスライフを送りましょう。

Ads by Google