スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから入金する方法!手数料無料

今回は、「スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから楽天銀行に入金する方法」についてご紹介します。

インターネットバンキングの「楽天銀行」では、事前に登録しておくことで自分名義のゆうちょ銀行から楽天銀行へ手数料無料で入金することが可能です。

この機能はとても便利で、従来のように手数料を取られないためにATMへ行って現金を下ろして入金するという面倒なことをする必要もなくなり、スマホから簡単に入金できるようになります。

そんな中、「ゆうちょと楽天銀行を連携させたんだけど、どうやって入金するの?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

そんなわけで今回は、スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから入金する方法について見ていきましょう。

事前に登録が必要になります(参考: ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金 – 楽天銀行)。

スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから入金する方法

▲では、実際に「スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから入金する方法」について見ていきます。

まずはゆうちょ銀行のアプリを起動し、ページを「①下へスクロール」しましょう。

「下へスクロール」すると、サービス一覧のボタンが現れるので、「②サービス一覧を見る」を選択します。

「サービス一覧を見る」を開いたら、次は主なサービスの右側にある「③サービス一覧」のタブを選択しましょう。

▲「サービス一覧」を開いたら、ページを「④下へスクロール」しましょう。

「下へスクロール」したら、ゆうちょ銀行入出金の項目があるので、「⑤ゆうちょ銀行入出金」を選択しましょう。

「ゆうちょ銀行入出金」を開いたら、左上に現れる「⑥ゆうちょ銀行からの入金」を選択して開きましょう。

▲「ゆうちょ銀行からの入金」を開いたら、さらにページを「⑦下へスクロール」します。

「下へスクロール」したら、入金金額の項目が出てくるので、「⑧入金金額を入力」しましょう。

※入金金額は¥1〜1,000万円の範囲で選択できるようです。

「入金金額を入力」したら、また下へスクロールして「⑨確認する」のボタンを選択します。

▲「確認する」を開いたら、ゆうちょ銀行の口座情報と入金金額、手数料などが表示されるので、手数料が無料になっていることを確認して「⑩下へスクロール」しましょう。

「下へスクロール」すると、暗証番号を入力する項目が出てくるので楽天銀行の「11.暗証番号を入力」しましょう。

「暗証番号を入力」したら、「12.入金手続きを実行する」を選択して完了しましょう。

入金される時間の目安は、平日0時~6時59分までの手続きで当日の17時30分以降に順次入金、平日7時~13時59分までの手続きで当日の22時以降に順次入金、平日14時~23時59分までの手続きで翌営業日の17時30分以降に順次入金、土・日・祝日の手続きで、翌営業日の17時30分以降に順次入金となっているようです。

このように、入金手続きから入金完了までにタイムラグがあるので、あらかじめスケジュールに余裕を持って入金手続きを行っておきましょう。

楽天銀行を使うことの3つのメリット

では続いては、ゆうちょ銀行ではなく楽天銀行を使うことでどのようなメリットがあるのか、実際に2年以上使ってみた私の感想を紹介していきます。

  1. スマホアプリから振込みできる
  2. 残高10万円以上で振り込み手数料無料に
  3. 楽天銀行のデビットカードで1%還元

1つ目の楽天銀行のメリットは、「スマホアプリから振り込みできる」ことです。

最近はアプリから口座の残高照会ができる銀行が増えているのですが、残念ながらほとんどは残高をチェックするだけだったり、振り込みなどをしようとすると続きはブラウザでという面倒な仕様になっています。

その点で楽天銀行はアプリから簡単に振り込みができるので、これがとても便利で重宝しています。

2つ目の楽天銀行のメリットは、「残高10万円以上で振り込み手数料無料に」です。

楽天銀行から他行への振り込み手数料は¥165〜258となっています(参考: 振込手数料・支払手数料:手数料一覧)。

しかしながら、口座の残高が10万円以上あれば振り込み手数料が月1回無料に、残高が50万円以上なら月2回無料に、100万円以上なら月5回まで無料になるハッピープログラムという制度があります(参考:ハッピープログラム)。

そのため、楽天銀行の口座に10万円以上入れておけば、毎月振り込み手数料を無料で利用することが可能なのです。

3つ目の楽天銀行のメリットは、「デビットカードで1%還元」です。

楽天銀行の口座を開設すると、楽天銀行デビットカードJCBを審査不要かつ無料で入手することができます。

楽天銀行のデビットカードはネットショッピングはもちろん、リアル店舗でも利用可能で、利用額の1%が還元されます。

もちろん、クレジットではなくデビットカードなので、すぐに口座から引き落とされるのでいつ引き落としがあるのかという心配も要りません。

そのため、ゆうちょ銀行から楽天銀行に手数料無料で入金し、楽天銀行のデビットカードを使って買い物をするというのが、便利なコンボ技となっていてオススメです。

最後に

今回は、『スマホの楽天銀行アプリでゆうちょから入金する方法!手数料無料』についてご紹介しました。

このように、ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金は、スマホから手数料無料で簡単に行うことができます

ゆうちょ銀行の口座は、おそらく1人1口持っているほどポピュラーで普及率が高いので、あとは楽天銀行と組み合わせることでより便利に使えると思います。

現金を使わないキャッシュレスはATMに並ぶ必要もなく便利なのですが、油断するとすぐ手数料を取られてしまうので、手数料が発生しない方法を賢く使ってキャッシュレスを使いこなすのがスマートです。

皆さんも、ゆうちょ銀行と楽天銀行をうまく活用して、手数料無料で快適なキャッシュレス生活を送りましょう。