Netflixオリジナル作品の邦題一覧まとめ!ダサい?ダサくない?

2019年1月19日
[最終更新日]2019年01月20日

今回は、「Netflixオリジナル作品の放題一覧まとめ」についてご紹介します。

日本で海外の映画が劇場公開される際は、決まってローカライズという作業が行われます。

このローカライズでは、元々外国語で表記されている原題を、日本人でも理解しやすい日本語に変えて邦題として発表されます。

しかしながら、近年はこの邦題があまりにも原題とかけ離れていたり、邦題そのものがセンスがなくダサいという理由で批判されることがあります(参考: 「ダサい邦題」「タレントでPR」、熱心な映画ファンが“無視”される事情)。

こういった邦題がダサい原因は、

劇場がわかりやすい邦題を望むから、配給会社はその意向に従っているだけ。 

「ダサい邦題」「タレントでPR」、熱心な映画ファンが“無視”される事情

といった具合に、単に映画館に多くの客を呼ぶためにやっているようです。

では、劇場公開を行わないNetflix(ネットフリックス)のオリジナル作品はどうなのか気になるところです。

そんなわけで今回は、「Netflixオリジナル作品の邦題一覧まとめ」について見ていきましょう。

Ads by Google

Netflixオリジナル作品の邦題一覧まとめ

では、実際に「Netflixオリジナル作品の邦題一覧まとめ」について見ていきましょう。

今回はNetflixオリジナル作品の中から、映画、ドラマなどを適当にいくつかピックアップしてみました。

それぞれ「原題 → 邦題」の順にリスト表示してあります。

  • Stranger Things → ストレンジャー・シングス 未知の世界
  • You → YOU ー君がすべてー
  • Black Mirror → ブラック・ミラー
  • Star Trek: Discovery → スター・トレック: ディスカバリー
  • Better Call Saul → ベター・コール・ソウル
  • Back with the Ex → バック・ウィズ・エックス: 元サヤに戻ってみる?
  • Marvel’s The Punisher → Marvel パニッシャー
  • House of Cards → ハウス・オブ・カード 野望の階段
  • Lost in Space → ロスト・イン・スペース
  • Orange Is the New Black → オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
  • 13 Reasons Why → 13の理由
  • Narcos → ナルコス
  • Anne with an E → アンという名の少女
  • The Boss Baby: Back in Business → ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!
  • Dogs → ドッグ・ストーリー: あなたは一番の友達
  • Dark Tourist → 世界の”現実”旅行
  • Tidying Up with Marie Kondo → KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~
  • Elite → エリート
  • Insatiable → 欲望は止まらない!
  • Next Gen → ネクスト ロボ
  • To All the Boys I’ve Loved Before → 好きだった君へのラブレター
  • The Toys That Made Us → ボクらを作ったオモチャたち
  • Titans → Titans/タイタンズ
  • The Ballad of Buster Scruggs → バスターのバラード
  • Bodyguard → ボディガード -守るべきもの-
  • 22 July → 7月22日
  • Black Mirror: Bandersnatch → ブラック・ミラー: バンダースナッチ
  • Dear White People → 親愛なる白人様
  • ROMA → ROMA/ローマ
  • Mowgli: Legend of the Jungle → モーグリ: ジャングルの伝説
  • Bird Box → バード・ボックス
  • Altered Carbon → オルタード・カーボン
  • The Haunting of Hill House → ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス
  • Taylor Swift reputation Stadium Tour → テイラー・スウィフト: レピュテーション・スタジアム・ツアー
  • Maniac → マニアック
  • The Christmas Chronicles → クリスマス・クロニクル

「Netflixオリジナル作品の邦題一覧」は、以上のようになっています。

Ads by Google

Netflixオリジナル作品の放題はなるべく原題に忠実?

このように、劇場公開ではなくネット配信で公開される「Netflixオリジナル作品」では、なるべく原題に忠実になっているようです。

傾向としては、原題の英語をそのままカタカナ表記したものが多く、分かりにくいタイトルの場合は、「バック・ウィズ・エックス: 元サヤに戻ってみる?」、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のように、副題を付けることで対応しています。

もちろん、原題から意訳した「Dark Tourist (暗黒旅行者) → 世界の”現実”旅行」、「Insatiable (飽くことのない) → 欲望は止まらない!」といった作品もあります。

▼Netflix対応4K HDRテレビもオススメです

最後に

今回は、『Netflixオリジナル作品の邦題一覧まとめ!ダサい?ダサくない?』についてご紹介しました。

このように、劇場公開型ではないNetflixオリジナル作品は、おおむね原題に忠実な邦題が付けられているようです。

また、しばしばやり玉に挙げられるような原題と邦題がカスリもしていない、あまりにもダサすぎるといったものはNetflixオリジナル作品では見受けられないように思います。

Netflixの会員数は日本でも徐々に増えているようなので、今後Netflixで映画やドラマを見る日本人が増えてくることで劇場公開の作品もいわゆる「ダサい邦題」は減っていくのかもしれませんね。

Ads by Google