Apple Watch をAndroidで使うのは無理!iPhoneを使おう

2019年2月16日
[最終更新日]2019年04月26日

最近は、街中やスポーツジムなど、さまざまな場所でApple Watchを使っている人を見かける機会が増えてきたと思います。

そんな背景から、健康管理やフィットネストラッカーなどの機能を目的としてApple Watchの購入を検討している人もいるかもしれません。

はじめに注意しておかないといけないのが、「Apple WatchをAndroidで使うのは無理」ということです。

2019年2月時点においては、Apple Watchを使うためにはiPhone 6以降が必須となっています(Apple Watch Series 3GPSモデル以前はiPhone 5s以降)。

そのため、現在Android端末のスマホを使っていてApple Watchを使い方は、iPhone 6以降へ機種変更するか、2台目として買い足しする必要があります。

Ads by Google

Apple Watch をAndroidで使うのは無理

結論としては、Apple WatchをAndroidで使うのは無理になります。

なぜ無理なのかという理由に関しては、アップルがiPhoneでしかApple Watchと連携させられないようにしているからです。

これは、単にiPhoneを売るためなのか、それともセキュリティの問題なのかは分かりません。

ただ現状では、Apple Watchを使うためにはiPhone 6以降の端末が必須となっているのです。

今後のApple WatchのAndroid対応はある?

では、「今後Apple WatchがAndroidでも使えるようになる可能性はあるのか?」という疑問に関しては、あるかもしれないと言えます。

というのも、アップルはこれまでもiPodをWindowsに対応させたり、Apple MusicをAndroidにも対応させたり、AirPlayをサムスンやソニーのテレビに対応させたりと、サードパーティへの対応を行ってきた事例があるためです。

そのため、今後Apple Watchをより販売促進するためにAndroidに対応するという可能性もゼロではないと言えます。

ただし、必ずAndroidに対応するという保証はないので、今すぐApple Watchを使いたいという人は、中古などで安価なiPhoneをゲットするのが確実で早いと思います。

Ads by Google

Apple Watch以外の選択肢は?

ここで、「Apple Watch以外のスマートウォッチってどうなの?」と疑問に思う方もいると思います。

「スマートウォッチ」と呼ばれる製品には、Apple Watchの他にもAndroid WearやFitbitなどの製品が出ています。

しかしながら、2019年2月時点においてはApple Watchが群を抜いていて匹敵する他社製品は存在しないとガジェットオタクの中では言われています。

そのため、わざわざお金を払ってまともに動かないスマートウォッチを購入するよりは、はじめからApple Watchを選択した方が賢い選択であるのです。

もちろん、これも現状の話なので、これから2020年代にかけてAndroid Wearのスマートウォッチも性能が向上してApple Watchに追いつき、追い越していくと思います。

しかしながら、それまでの間はApple Watchを選択するのがベストだと思います。

▼「Apple Watch Series 4」はこちら


最後に

今回は、『Apple Watch をAndroidで使うのは無理!iPhoneを使おう』についてご紹介しました。

このように、Apple WatchをAndroidで使うのは無理で、iPhoneを用意する必要があります。

とは言っても、今では性能が良い「iPhone7 (2016)」が中古で2万円台で購入できるほど値下がりしているので、もはやiPhoneをゲットするのはそれほど難しくありません

どうしてもAndroidスマホをメインで使いたいという方も、中古のiPhoneに格安SIM(MVNO)を挿して使えば安上がりでApple Watchを使用できるようになります。

皆さんも、Apple WatchをiPhoneで快適に使ってみてはいかがでしょうか。

Ads by Google