ESRのiPhone XS Maxバンパーケースをレビュー!Qi対応シンプルでオススメ

2019年2月25日
[最終更新日]2019年02月26日

今回は、「ESRのiPhone XS Maxバンパーケースのレビュー」をご紹介します。

「iPhone XS Max」は、重さが208gとiPhone史上最重量モデルとなっています。

そのためケースを選ぶ際は、「これ以上重くしないようになるべく軽量のものを選びたい」と思いました。

加えて、iPhone XS Maxは背面が美しいガラス張りのデザインになっているので、iPhone 4〜4S頃に純正品も出ていたバンパーケースがいいのではないかとかんがえました。

その結果、ESRというメーカーの販売するバンパーケースが良さそうだったので購入しました。

Ads by Google

ESRのiPhone XS Maxバンパーケースをレビュー!

▲こちらが、今回購入した「ESRのiPhone XS Maxバンパーケース」になります。

外箱はケースより少し大きいくらいの大きさで、ポスト投函で届きました。

▲箱の中には、バンパーケース本体と、簡単なマニュアルが入っています。

マニュアルには、日本語も記載されていて丁寧だと思いました。

▲こちらが、iPhone XS Max用のバンパーケースになります。

今回は、シルバーを購入しましたが、他にもブラックもあります。

バンパーケースなので、当然ながらフレーム部分しか存在しません。

▲バンパーケースの正面から見て左上部分(サイレントスイッチ側)には、ストラップを取り付けるためのホールも用意されています。

(カスタマーレビューでは、左上は使いにくいという投稿もありました。)

▲次は、実際にiPhone XS Maxをバンパーケースに装着していきます。

マニュアルによる手順は、①左側を装着し、②右上を装着した後に、③右下を装着するという流れになっています。

▲ケースを装着するとiPhone XS Maxにピッタリとフィットします。

厚みが増している感も少なく、スッキリとした見た目です。

▲正面から見て右側の側面は、スリープボタンと黒のアンテナ用の溝があるだけで、あとはツヤ消しのシルバーで覆われています。

▲正面から見て左側の側面は、ボリュームのアップダウンボタンと、サイレントスイッチのために穴が開いています

あとは黒のアンテナ用の溝ツヤ消しのシルバーカラーです。

▲正面から見て下部は、スピーカーとLightning端子用の穴が開いています。

Lightning入力の部分のみ黒となっています(黒い部分は素材が違うようです)。

▲ひっくり返して背面を見ると、バンパーケースなので当然背面は覆われておらず、iPhone XS Maxの美しいガラスデザインを損ねていません

背面が覆われていないバンパーケースではありますが、ケースの四隅に段差が作られていて、少し出っ張っているのが確認できます。

▲この背面にある小さな出っ張りは、iPhone XS Maxのカメラ部分が直接接触しないに保護してくれる役割を果たしています。

▲実際に机に乗せた状態で正面から確認すると、カメラ部分が机に接触しないようになっていました

▲また、バンパーケースの段差は同じ高さのものが四隅にあるので、iPhoneをテーブルや平たい場所に置いたときに、脚の役割をして平行になるようになっています。

ケースを装着していない状態では、カメラ部分が邪魔をして平行にならずガタガタしていましたが、このバンパーケースをつけることで平行になりました。

ちなみに、背面だけでなく正面部分も微妙に段差になっているので、ひっくり返して置いてもディスプレイが机に接触しないようになっています。

▲実際に持ってみた感触としては、ケースをつけていない状態よりもグリップ感が増して持ちやすくなったという印象です。

重さは、ケースをつけていない時と比べてそれほど違いがないほど軽い印象です。

ケースのスリープボタンの押し心地はとても良くて、ストレスなくカチカチと押せて良いです。

▲ボリュームボタンもカチカチと押しやすい設計になっています。

ただし、サイレントスイッチの切り替えは溝の奥に埋もれてしまって操作しにくいです。

サイレントスイッチは、指を立てるようにしてオンオフしないといけませんが、これはどのケースでも似たようなものなので仕方ないのかもしれません。。

▲次はバンパーケースをつけた状態で、Qiワイヤレス充電器に置いてみました。

結果は、問題なく充電することができました。

以上が、「ESRのiPhone XS Maxバンパーケースのレビュー」となります。

総評としては満足のいく製品なので、これから使っていこうと思います。

▼ESRのiPhone XS Maxバンパーケースはこちら

最後に

今回は、『ESRのiPhone XS Maxバンパーケースをレビュー!Qi対応シンプルでオススメ』についてご紹介しました。

このように、ESRのiPhone XS Max用のバンパーケースは、軽量でシンプルで背面ガラスのデザイン性を損ねることなく、さらにQiワイヤレス充電にも対応しているのでオススメです。

あとは耐久性があるのか、落とした時にディスプレイや背面ガラスを保護してくてくれるのかが重要になります。

私は以前にもESRのバンパーケースを使っていましたが、iPhoneを落下した際も本体をバッチリ保護してくれていたので、よほど激しい衝撃を与えない限りは大丈夫だと思います。

また、心配な場合はさらにガラスフィルムを貼って強化しておくのもアリだと思います。

皆さんも、ESRのiPhone XS Max用バンパーケースで、快適に利用してみてはいかがでしょうか。

Ads by Google