KyashをApple Payに対応して欲しい!可能性はある?ない?

2019年3月4日
[最終更新日]2019年03月05日

個人間送金サービスの「Kyash (キャッシュ)」と言えば、スマホで送金ができるだけでなく、リアルカードを使って店舗で決済もできるので大変便利です。

そんな便利な「Kyash」なのですが、残念ながら2019年3月4日時点ではアップルのスマホ決済である「Apple Pay (アップル・ペイ)」には対応していません

一方で、グーグルのスマホ決済である「Google Pay (グーグル・ペイ)」には対応していて、「QUICPay (クイックペイ)」としてカードレスで店舗で使うことが可能です。

そのため、KyashのApple Pay対応を望んでいる人も多いと思うのですが、そもそも対応する可能性はあるのでしょうか?

Ads by Google

KyashをApple Payに対応して欲しい!

可能性はある?ない?

まずは、そもそも「KyashがApple Payに対応する可能性はあるのか」という疑問について見ていきましょう。

この件に関しては、とりあえずサポートに問い合わせて見るのが早いと思い、アプリのお問い合わせコーナーから質問してみました。

以下はKyashのサポートからの返信文になります。

誠に恐れ入りますが、KyashカードはApple Payにご登録いただくことがができません。なお、実現性の可否や時期につきましても現状ではお答えすることができませんこと、ご理解、ご了承いただければと存じます。

Kyash運営チーム

以上とのことで、どうやら対応時期などは「現状では答えられない」とのことです。

ここで対応する予定はないと言い切っているわけではないので、おそらく現在は準備中で折を見て発表するつもりなのでしょうか(分かりませんが)。

すでにGoogle Payに対応している実情から見ても、KyashのApple Pay対応はあり得る話なのかもしれません。

Ads by Google

Apple Payのシステム的には対応可能なのか?

仮にKyashがApple Payの対応準備を進めているとしても、肝心のApple Payのシステム側がKyashに対応できないということも考えられます。

そもそも日本におけるApple Payは、クレジットカードでの利用を対象しているケースがほとんどです。

Kyashはクレジットカードではなく、プリペイドカードという位置付けに近いため、そもそもApple Payに登録可能なのかという疑問があるのです。

2019年3月4日時点のApple Payに対応するカードを見てみると、ほとんどはクレジットカードの対応となっているのですが、「ソフトバンクカード (Visa プリペイドカード)」、「au WALLET プリペイドカード」、「dカード プリペイド」などのプリペイドカードが対応していることが確認できます。

そのため、Apple Payでもシステム的にはプリペイドカードを利用できるようですが、気になるのが対応しているのが携帯キャリアであるSoftBank、au、docomoの3社のみであるということです。

もしかすると、現状ではApple Payのプリペイドカードは3キャリアにのみ例外で解放されていて、他の会社では利用できないようになっているのかもしれません。

そう考えると、KyashがApple Payに対応してたくてもできないという理由にも納得がいくかもしれませんね。

追記19.3.5: メルカリの「メルペイ」がApple PayのiDに対応していることから、KyashのApple Pay対応はシステム的には十分可能と言えます。

▼コスパ最強の4K HDRテレビもオススメです

最後に

今回は、『KyashをApple Payに対応して欲しい!可能性はある?ない?』についてご紹介しました。

このように、おそらくKyashとしてはApple Pay対応を進めたいものの、おそらくApple Pay側の制約があって対応がなかなか進まないように思えます。

アップルとしても、さっさとApple PayをKyashに解放してしまえば、Apple Payの利用者も増えて良いことなので、早く対応して欲しいところです。

現状としては、Kyashを店舗で使うためにはVISAのリアルカードが必要になりますが、QUICPayに対応している店舗はほぼVISAにも対応しているので特に不便はないのかもしれません。

KyashのApple Pay対応はいったいいつになるのか、今後に期待ですね。

Ads by Google