iPad Air 第3世代(2019)のケース6選!オススメを紹介

今回は、「iPad Air 第3世代(2019)のケース6選」をご紹介します。

2019年3月に「iPad Air(アイパッド・エアー)第3世代」が新しく発売になりました。

この「iPad Air 第3世代」は、iPad Pro 10.5インチ(2017)と全く同じ大きさなので、ケースを使い回すことができます。

そんなわけで今回は、「iPad Air 第3世代」で使える、10.5インチ用のケースについて見ていきましょう。

iPad Air 第3世代(2019)のケース6選

iPad Air 第3世代(2019)のケース1. Apple – 10.5インチ用Smart Keyboard

1つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「Appleの10.5インチ用Smart Keyboard」です。

「Appleの10.5インチ用Smart Keyboard」は、アップル純正ケース兼キーボードです。

「Smart Keyboard」は、iPad Air 第3世代に搭載されている「Smart Connector(スマート・コネクター)」に対応しているので、Bluetoothでペアリングする必要がなく取り付けるだけで使えます。

キーボードを使わない時は、キーボード兼カバー部分が表のフタとして画面を保護することができます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

カバー部分を組み立てると、スタンドとしても機能します。

背面部分はむき出しの状態で保護できないのが欠点です。

▼「Appleの10.5インチ用Smart Keyboard」はこちら

iPad Air 第3世代(2019)のケース2. ESR – iPad 10.5インチケース

2つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「ESRのiPad 10.5インチケース」です。

「ESRのiPad 10.5インチケース」は、ESRの販売するPUレザーカバーとハードPC素材によるケースです。

この製品は、正面の画面部分はもちろん、背面部分もきっちり保護してくれます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

また、カバー部分は組み立てることでスタンドとしても機能し、動画鑑賞向けの65°と、タイピング向けの30°の角度で立てることができます。

カラーバリエーションは、グレー、ブラック、ブルー、ローズゴールド4色展開となっています。

▼「ESRのiPad 10.5インチケース」はこちら

iPad Air 第3世代(2019)のケース3. Wonzir – iPad 10.5インチケース

3つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「WonzirのiPad 10.5インチケース」です。

「WonzirのiPad 10.5インチケース」は、Wonzirの販売するPUレザーカバーとハードPC素材によるケースです。

この製品は、正面の画面部分はもちろん、背面部分もきっちり保護してくれます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

また、カバー部分は組み立てることでスタンドとしても機能し、動画鑑賞向けの65°と、タイピング向けの30°の角度で立てることができます。

さらに、Apple Pencilを収納するためのペンホルダーもついていて、立てておくことも可能です。

ケース本体の重量は282gです。

カラーバリエーションは、グレー、ブルー、レッドの3色展開となっています。

▼「WonzirのiPad 10.5インチケース」はこちら

iPad Air 第3世代(2019)のケース4. iVAPO – iPad 10.5インチケース

4つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「iVAPOのiPad 10.5インチケース」です。

「iVAPOのiPad 10.5インチケース」は、iVAPOの販売するPUレザー素材によるケースです。

この製品は、正面の画面部分はもちろん、背面部分もきっちり保護してくれます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

また、カバー部分は組み立てることでスタンドとしても機能し、動画鑑賞向けの65°と、タイピング向けの30°の角度で立てることができます。

さらに、Apple Pencilを収納するためのペンホルダーもついていて、立てておくことも可能です。

ケース本体の重量は282gです。

カラーバリエーションは、グレー、ブルー、レッドの3色展開となっています。

iPad Air 第3世代(2019)のケース5. VAGHVEO – iPad 10.5インチケース

5つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「VAGHVEOのiPad 10.5インチケース」です。

「VAGHVEOのiPad 10.5インチケース」は、VAGHVEOの販売するPUレザーとTPU素材のケースです。

この製品は、正面の画面部分はもちろん、背面部分もきっちり保護してくれます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

また、カバー部分は組み立てることでスタンドとしても機能し、動画鑑賞向けの65°と、タイピング向けの30°の角度で立てることができます。

ケース本体の重量は235gです。

カラーバリエーションは、ゴールド、ネイビー、ブラック、ブルー、グリーン、ローズゴールド、レッドの7色展開となっています。

iPad Air 第3世代(2019)のケース6. dodocool – 10.5インチキーボードケース

6つ目のiPad Air 第3世代(2019)のケースは、「dodocoolの10.5インチキーボードケース」です。

「dodocoolの10.5インチキーボードケース」は、dodocoolのキーボード兼ケースです。

この製品は、iPad Air 第3世代に搭載されている「Smart Connector(スマート・コネクター)」に対応しているので、Bluetoothでペアリングする必要がなく、取り付けるだけで使えます。

キーボード部分には、LEDバックライトが搭載されていて、3段階で調整できます。

また、カバー部分は組み立てることでスタンドとしても機能します。

キーボードを使わない時は、キーボード兼カバー部分が表のフタとして画面を保護することができます。

正面の画面部分はもちろん、背面部分もきっちり保護してくれます。

正面のカバーは、オートスリープ機能に対応しているので、カバーを閉じると画面が消灯し、カバーを開くと画面が点灯します。

さらに、Apple Pencilを収納するためのペンホルダーもついています。

最後に

今回は、『iPad Air 第3世代(2019)のケース6選!オススメを紹介』についてご紹介しました。

このように、「iPad Air 第3世代(2019)」では、10.5インチのiPad Pro用のケースがそのまま使えるので、すでに販売されている様々な製品を使うことができます。

本体だけを保護するシンプルなものや、Apple Pencilを収納するホルダーがついているもの、ケースとキーボードが一体型になっているものなど、用途に合わせて選択することができます。

皆さんも、iPad Air 第3世代用のケースを使って、快適に利用してみてはいかがでしょうか。