動画配信

「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」の感想!良い点と悪い点は?

2019年3月より、ドコモとディズニーの定額制動画・コンテンツ配信サービスの「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」が開始しました。

「Disney DELUXE」は、月額¥700(税別)でディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズの映画やアニメシリーズなどが「Disney THEATER (ディズニーシアター)」のアプリで見放題になったり、「DXアプリ」でコンテンツを楽しむことができます。

私も早速「Disney DELUXE」に登録し、しばらく使ってみた結果、良い点と悪い点が見えてきました。

そんなわけで今回は、「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」の感想として、良い点と悪い点をそれぞれ見ていきましょう。

Disney DELUXEの登録はこちら: 「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」に登録する方法!2アカウント必要

「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」の感想

Disney DELUXEの良い点

Disney DELUXEの良い点1. 個別にレンタルするより安い

1つ目のDisney DELUXEの良い点は、「個別にレンタルするより安い」です。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズの映画は、iTunes StoreやAmazonなどでレンタルすると、およそ1本¥400〜500はかかります(セール期間を除く)。

そのため、単純計算ではDisney THEATERで1ヶ月で映画を2本見れば元が取れる計算になります(月額¥700なので)。

Disney DELUXEの良い点2. 画質が良い

2つ目のDisney DELUXEの良い点は、「画質が良い」です。

Disney THEATERのアプリでは、最大で1080p(フルHD)の動画解像度に対応しています。

さすがに4Kには非対応ですが、それでもブルーレイディスクと同等の解像度なので十分高画質で視聴することができます。

また、実際に視聴した限りでは、動画のビットレートも十分に出ているため、映像にブロックノイズが乗ることもなく、非常に安定した画質で視聴することができます。

Disney DELUXEの良い点3. 気になっていた作品を一気見できる

3つ目のDisney DELUXEの良い点は、「気になっていた作品を一気見できる」です。

マーベルの映画は1年間に3本くらい新作を出してくるので、MCUのすべての作品を追いかけるのはとても大変です。

そのため、とりあえずアベンジャーズの新作だけ見てしまって、「この人誰?」、「なんか髪型変わってない?」となってしまっている方も多いのではないでしょうか(私がそう)。

ところが、Disney THEATERにはMCUの作品がほぼ揃っていたので、マイティソー3やガーディアンズオブギャラクシー2やドクターストレンジなどの完全にスルーしてしまっていた作品たちを一気見して、アベンジャーズ3までの間のできごとを補完することができました。

詳しくはこちら: MCU一気見はDisney DELUXEがオススメ!16作品見放題

これは見放題サービスであるDisney DELUXEだからこそできたことですし、個別にレンタルして見ることは多分なかったと思います(めんどうですし)。

Disney DELUXEの良い点4. スマホ・タブレット・PC・テレビで見れる

4つ目のDisney DELUXEの良い点は、「スマホ・タブレット・PC・テレビで見れる」です。

Disney THEATERのアプリは、iOS、Android、Windows、Mac、Android TV、Fire TV、Apple TVといったあらゆるデバイスに一通り対応しているので、好きな環境で楽しむことができます。

私は映画はテレビで見たい派なので、Apple TVにDisney THEATERのアプリをインストールして主に視聴しました(参考: Apple TVでDisney DELUXEを見る方法!THEATERアプリで)。

Disney DELUXEの悪い点

Disney DELUXEの悪い点1. オリジナル作品がない

1つ目のDisney DELUXEの悪い点は、「オリジナル作品がない」です。

Disney THEATERで配信されている作品は、基本的に他のサービスやDVDなどでも見ることができるもので、オリジナル作品はありません(今のところ)。

そのため、すでに劇場やレンタルなどで視聴済みだった作品も結構あって(ズートピア、カーズ3、リメンバーミーなど)、意外と未視聴のものが少ないという印象でした(人によりますが)。

そのため、アメリカで始まる「Disney+」のように、独占配信のオリジナルシリーズが続々と追加されていけば魅力的なサービスになると思います。

Disney DELUXEの悪い点2. 5.1chサラウンドに非対応

2つ目のDisney DELUXEの悪い点は、「5.1chサラウンドに非対応」です。

Disney THEATERをApple TVで視聴しているのですが、5.1chサラウンドには非対応でした。

NetflixやAmazon Prime Videoなどの他の動画配信サービスサービスは5.1chサラウンドの対応が当たり前になっているので、ここは率直に残念ポイントでした。

Disney DELUXEの悪い点3. すぐに見尽くしてしまう

3つ目のDisney DELUXEの悪い点は、「すぐに見尽くしてしまう」です。

これはオリジナル作品がないことにも関係しているのですが、Disney THEATERで配信されている作品はメジャー故に見たことがあるものばかりで、未視聴のものも割とすぐに見尽くしてしまいます

映画は1本2時間程度なので、週に2〜3本くらいのペースで見ていけば1ヶ月で10本以上見ることができます。

そして10本も見てしまったら、さすがに見るものがなくなってきます

Netflixはオリジナルのドラマシリーズに力を入れているので、こっちは逆に見ても見ても見終わらなくて困るくらいです(笑)。

ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズの作品はどれも質が高くて面白いのは間違いありません。

しかし、10話編成くらいの実写ドラマシリーズなどを作っていかないと割とすぐに見尽くされてしまうことは間違いないでしょう(同じ映画をリピートするのが趣味の方は別ですが)。

Disney DELUXEの悪い点4. この作品数で月額¥700は厳しい

4つ目のDisney DELUXEの悪い点は、「この作品数で月額¥700は厳しい」です。

Disney THEATERで配信されている作品数は300本未満で、そのほとんどは誰もが見たことあるようなメジャーな作品です。

ディズニーファンの方であれば、劇場やレンタルなどですでに新作や準新作も視聴済みですし、未視聴の作品も1〜2ヶ月もあれば見尽くしてしまいます。

そうなると、見たことある作品だらけのサービスに月額¥700払い続けるのは割に合わなくなってくるわけです。

そのため、一通り作品を見尽くしてしまったら一旦休会をして、何ヶ月かして新作が溜まってきたらまた再開してまた休会するという使い方をするユーザーが増えてくることが予想されます。

Disney DELUXEの悪い点5. DXアプリは使ってない

5つ目のDisney DELUXEの悪い点は、「DXアプリは使ってない」です。

Disney DELUXEは、Disney THEATERの他にも「DXアプリ」なるものが存在します。

このDXアプリでは、コラム記事を読んだり、グッズやイベント情報が見られるのですが全く使っていません

そもそも動画配信サービスを利用するためにDisney DELUXEに入会したので、興味がないのです。

むしろDXアプリのサービスを外して、月額料金を¥500くらいに下げた方がユーザーは喜ぶのではないでしょうか。

▼Disney DELUXEがテレビで見れる「Apple TV 4K」もオススメです


最後に

今回は、『「Disney DELUXE (ディズニーデラックス)」の感想!良い点と悪い点は?』についてご紹介しました。

このように、Disney DELUXEは見たかった作品を見放題で一気見できるのが良い点ですが、作品数が乏しいのですぐに見尽くしてしまうのが悪い点です。

そのため、私は支払い日が更新される前のタイミングで休会をして、何ヶ月かたって作品数が溜まったら再開してまた更新日の前に休会しようと思っています。

継続して加入し続けるよりも、休会と再開を繰り返せば¥700(税別)で新作・準新作の作品を見まくることができるので、この方法が最も合理的となるのです。

Disney DELUXEがNetflixやAmazon Prime Videoのようなサービスになるのは現状ではちと厳しいというのが率直な感想です。

今後のDisney DELXUEがオリジナルシリーズの展開などに力を入れてくれることに期待ですね。

関連記事はこちら