スマートフォン

iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)をレビュー!Qi対応

今回は、「iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)をレビュー」についてご紹介します。

以前iPhone XS Max用のESRのバンパーケースを買って紹介したのですが(参考: ESRのiPhone XS Maxバンパーケースをレビュー!Qi対応シンプルでオススメ )、やはり背面が保護されていないことが不安になってきたので、背面も保護されたケースを買うことにしました。

そこで、「とりあえずアップル純正品を買っておけば間違いないだろう」ということで、少々高かったのですがアップル純正のシリコンケースを購入しました。

そんなわけで今回は、iPhone XS Maxの純正シリコンケースについて見ていきましょう。

iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)をレビュー

▲では、実際に「iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)」について見ていきましょう。

こちらが、今回購入したもので、箱はシンプルなプラスチックで郵便でポスト投函で届きました。

▲プラスチックの入れ物の裏紙をはがすと、簡単に開封できます。

紙の後ろには、簡単なマニュアルイラストが載っていて、iPhoneの上部をはめ込んでから下部を装着しましょうといった具合です。

純正シリコンケースの内側は柔らかい素材になっていて、”iPhone”と”Designed by Apple in California”とシリアルナンバーが印字されています。

▲純正シリコンケースの外側には、グレーのアップルロゴが印刷されています。

純正シリコンケースの色は真っ白でよく映えます。

肌触りはかなり良いです。

▲純正シリコンケースのカメラ部分は、干渉しないように窪み(段差)が設けられています。

▲スリープボタン部分は、押しやすいように硬い素材が使われています。

▲では、実際に純正シリコンケースにiPhone XS Maxを装着していきます。

マニュアル通りに、まず上部から装着して、次に下部をはめ込んでいきます。

▲純正シリコンケースの装着が完了しました。

さすが純正というだけあって、ピッタリサイズで完璧にフィットしています。

とは言っても、ケースを装着する際はキツすぎることも緩すぎることもなく、簡単に装着できました。

ミュートボタン、音量ボタンの側面もピッタリとはまっています。

ミュートボタンの周りは穴が開けられていて、音量ボタンはカチカチとしっかり押せるようになっています。

▲背面はこのように、全体を覆いこむようにケースが被さっています。

また、カメラ部分もしっかり守られているので、落としてしまっても大丈夫そうです。

スリープボタン側もしっかりフィットしていて、カチカチと押せます。

▲背面を上にして机に置いても、ケースが段になって画面が接触しないので安心です。

スピーカー、Lightningポート周りは、ガッツリ開けられています。

iPhone XS Maxのステンレスフレームが露出していますが、ここだけ傷がつかないか不安なところではあります。

▲実際に純正シリコンケースを装着した状態で、iPhone XS Maxを持ってみました。

裸の状態で持つことに比べて、全体的にホールド感が増して持ちやすくなった印象です。

重さはそれほど感じませんでした。

▲スリープボタンの操作も、押しやすくなった印象です。

純正シリコンケースを装着することで、全体的に滑りにくくなったので、片手操作がやりやすくなります。

▲手に持った際の背面は、このように見えます。

真っ白なボディで覆われていて、さりげなくグレーのリンゴが見えていい感じです。

▲純正シリコンケースを装着した状態で、Qiワイヤレス充電器にセットしてみましたが、問題なく充電されました。

この辺りの対応も、さすが純正と言ったところです。

全体的なiPhone XS Max純正シリコンケースの満足度はかなり高いので、今後も使い続けようと思います。

以上が、「iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)をレビュー」になります。

▼iPhone XS Max純正シリコンケースはこちら

最後に

今回は、『iPhone XS Max純正シリコンケース白(ホワイト)をレビュー!Qi対応』についてご紹介しました。

このように、アップル純正のiPhone XS Maxシリコンケースは、デザインと使い勝手が優れているのでオススメになります。

そのため、iPhoneのケース選びで迷ったときは、純正のシリコンケースにしておけば間違いないと思います。

皆さんも、iPhone XS Max純正シリコンケースで、快適にiPhoneを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら