動画配信

Apple TVアプリケーション登場!テレビ番組は検索のみ対応

2019年5月14日より配信が開始されたiPhone、iPad、Apple TV向けのiOS 12.3tvOS 12.3より、新たに「Apple TVアプリ」が追加されました。

この「Apple TVアプリ」は、海外の一部地域では以前から利用できたのですが、今回のアップデートによって日本を含む多くの国で対応したようです。

「Apple TVアプリ」は従来の「ビデオ」のアプリが置き換えられ、アプリ内でコンテンツを直接レンタル・購入したりNetflixとAmazon Prime Videoのリンクを開くことも可能です。

2019年5月時点では、日本ではキュレーションは映画のみとなっていて、テレビ番組は検索のみ対応となっています(海外の一部地域ではテレビ番組のキュレーションも対応)。

今回は、そんな新しく登場した「Apple TVアプリ」について見ていきましょう。

Apple TVアプリ登場

iOS 12.3、tvOS 12.3を搭載したiPhone、iPad、Apple TVでは、「Apple TVアプリ」が利用できます(Macは19年秋に対応)。

OSをアップデートをすると、従来の「ビデオ」のアプリが「Apple TVアプリ」に置き換わります(Apple TVは新規追加される)。

「Apple TVアプリ」では、オススメ映画のキュレーションが行われている他、アプリ内から直接映画のレンタル・購入が可能になったので、iTunes Storeを開く必要がなくなりました。

また、2019年秋から開始予定の「Apple TV+ (アップル・ティーヴィー・プラス)」は、Apple TVアプリから利用可能になります。。

海外の一部地域では、映画・テレビ番組などをApple TVアプリ内で一覧できるのがウリですが、日本ではテレビ番組は非対応で映画のみとなっています。

Apple TVアプリからNetflix、Amazon Prime Videoを開ける

「Apple TVアプリ」の便利な機能は、「Netflix (ネットフリックス)」と「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」のリンクを直接開けることです。

例えば、Apple TVアプリで「ラ・ラ・ランド」という映画のページを開くと、「視聴方法」の項目に、①Netflix、②Prime Video、③購入、④レンタルの4つの選択肢が表示されます。

これは、NetflixとAmazon Prime Videoで見放題配信されていることと、iTunes Storeでレンタル・購入が利用できることを意味しています。

従来であれば、NetflixやAmazon Prime Videoで見放題配信されているコンテンツを調べるためには、それぞれのアプリを開いて検索する必要がありましたが、Apple TVアプリでは一括で検索できるので便利です。

この機能によって、NetflixやAmazon Prime Videoで見放題配信されている映画を、うっかりiTunes Storeでレンタルしてしまうといった事故を防ぐことができます。

ファミリー共有も直接再生できる (Apple TVのみ)

「Apple TVアプリ」では、ファミリー共有に登録している他のアカウントで購入した映画を直接再生できるようです。

ただし現状ではApple TVのみ、Apple TVアプリからファミリー共有のコンテンツを再生することができます。

ファミリー共有のアカウントが購入したコンテンツに「再生」のボタンが表示されるのは、iPadとApple TVのみとなっていて、iPhoneには表示されません(19年5月14日時点)。

しかしながら、なぜかiPadでは「再生」のボタンが表示されるのですが、ボタンを押してもエラーで再生ができず、ダウンロードのボタンはタップができません(iOS 12.3時点)。

iPadのApple TVアプリからファミリー共有のコンテンツが再生できないのは単なる不具合でアップデートで修正されるのか、それともiPhoneのように利用できないようになるのかは現時点では不明です。

テレビ番組(TV Shows)は検索のみ対応

「Apple TVアプリ」でテレビ番組のキュレーションを見たり、レンタル・購入はできませんが、検索をすることは可能です

例えば、Apple TVアプリで「結婚できない男」と検索すると、作品のページが表示されて、視聴方法の項目に「Netflix」と「Amazon Prime Video」が表示されています。

これは、映画と同様に「結婚できない男」がNetflixとAmazon Prime Videoで見放題で視聴できることを意味しています。

このように、NetflixとAmazon Prime Videoで配信されているテレビ番組は、Apple TVアプリで検索することが可能です。

ただし、NetflixとAmazon Prime Videoのどちらにも配信されていないテレビ番組は検索してもヒットしませんでした

iTunes Storeは無くなるの?

「Apple TVアプリ」の登場によって、アプリ内で映画のレンタル・購入ができるようになりました。

そのため、今回のアップデートで「iTunes Store」のアプリは使わなくてもよくなったわけです。

もしかすると、アップルはこのまま折を見て「iTunes Store」のアプリを削除するつもりなのかもしれません。

iTunes Storeでは音楽も配信されていますが、アップルは定額制のApple Musicに力を入れているので、さっさとiTunes Storeを葬り去りたいのかもしれません。

仮にiTunes Storeが無くなったとしても、音楽はApple Musicで、映画はApple TVアプリで引き続き利用することができるので問題ないのかもしれません。

▼「Apple TV 4K」はこちら

最後に

今回は、『Apple TVアプリ登場!テレビ番組は検索のみ対応』についてご紹介しました。

このように、新しく登場した「Apple TVアプリ」で、直接映画のレンタル・購入をしたり、NetflixとAmazon Prime Videoのリンクを開くことができます。

そのため、まずは「Apple TVアプリ」を開いて検索をするという使い方が便利そうです。

また、2019年秋に開始予定の新サービス「Apple TV+」は、このApple TVアプリ内で利用可能になります。

しかしながら、Apple TVアプリが利用可能になったのは嬉しいですが、日本ではiTunes Storeの「テレビ番組(TV Shows)」が配信されていないのが残念な点です。

Apple TVアプリで利用できるキュレーションも映画のみとなっていて、若干の寂しさはあります。

皆さんも、新しく登場したApple TVアプリを使ってコンテンツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら