iPhoneの性能比較!歴代21モデルのベンチマークスコア

今回は、「iPhoneの性能比較」についてご紹介します。

アップルのスマートフォンである「iPhone (アイフォーン)」は、2007年に初代モデルが発売されてから2018年のiPhone XR / XS / XS Maxまでに21機種が発売されました。

2018年だけで3機種発売されたように、特に最近はiPhoneのラインナップがより複雑でややこしくなってきています。

そんな中、「iPhoneはどれを選べばいいの?」、「iPhoneの性能比較が知りたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、歴代20モデルのベンチマークなどを一覧にまとめた、iPhoneの性能を見ていきましょう。

参考: iPhone, iPad, and iPod Benchmarks

iPhoneの性能比較

1. 初代 iPhone

1つ目のiPhoneの性能比較は、「初代 iPhone」です。

「初代 iPhone」は、2007年6月29日に発売されました。

プロセッサは、「Samsung 32-bit RISC ARM 1176JZ(F)-S v1.0」が搭載されていて、RAMは128MBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、測定不能となっています。

2. iPhone 3G

2つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 3G (スリージー)」です。

「iPhone 3G」は、2008年7月11日に発売されました。

プロセッサは、「Samsung 32-bit RISC ARM 1176JZ(F)-S v1.0」が搭載されていて、RAMは128MBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、測定不能となっています。

3. iPhone 3GS

3つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 3GS (スリージーエス)」です。

「iPhone 3GS」は、2009年6月19日に発売されました。

プロセッサは、「ARM Cortex-A8」が搭載されていて、RAMは256MBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、測定不能となっています。

4. iPhone 4

4つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 4 (フォー)」です。

「iPhone 4」は、2010年6月24日に発売されました。

プロセッサは、「A4」が搭載されていて、RAMは512MBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、測定不能となっています。

5. iPhone 4S

5つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 4S (フォーエス)」です。

「iPhone 4S」は、2011年10月14日に発売されました。

プロセッサは、「A5」が搭載されていて、RAMは512MBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、492となっています。

6. iPhone 5

6つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 5 (ファイブ)」です。

「iPhone 5」は、2012年9月21日に発売されました。

プロセッサは、「A6」が搭載されていて、RAMは1GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、1,210となっています。

7. iPhone 5C

7つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 5C (ファイブシー)」です。

「iPhone 5C」は、2013年9月20日に発売されました。

プロセッサは、「A6」が搭載されていて、RAMは1GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、1,194となっています。

8. iPhone 5S

8つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 5S (ファイブエス)」です。

「iPhone 5S」は、2013年9月20日に発売されました。

プロセッサは、「A7」が搭載されていて、RAMは1GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、2,147となっています。

9. iPhone 6

9つ目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 6 (シックス)」です。

「iPhone 6」は、2014年9月19日に発売されました。

プロセッサは、「A8」が搭載されていて、RAMは1GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、2,360となっています。

10. iPhone 6 Plus

10個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 6 Plus (シックス・プラス)」です。

「iPhone 6 Plus」は、2014年9月19日に発売されました。

プロセッサは、「A8」が搭載されていて、RAMは1GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、2,422となっています。

11. iPhone 6S

11個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 6S (シックスエス)」です。

「iPhone 6S」は、2015年9月25日に発売されました。

プロセッサは、「A9」が搭載されていて、RAMは2GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、3,921となっています。

12. iPhone 6S Plus

12個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 6S Plus (シックスエス・プラス)」です。

「iPhone 6S Plus」は、2015年9月25日に発売されました。

プロセッサは、「A9」が搭載されていて、RAMは2GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、4,167となっています。

13. iPhone SE

13個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone SE (エスイー)」です。

「iPhone SE」は、2016年3月31日に発売されました。

プロセッサは、「A9」が搭載されていて、RAMは2GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、4,165となっています。

14. iPhone 7

14個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 7 (セブン)」です。

「iPhone 7」は、2016年9月25日に発売されました。

プロセッサは、「A10 Fusion」が搭載されていて、RAMは2GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、5,742となっています。

15. iPhone 7 Plus

15個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 7 Plus (セブン・プラス)」です。

「iPhone 7 Plus」は、2016年9月25日に発売されました。

プロセッサは、「A10 Fusion」が搭載されていて、RAMは3GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、5,796となっています。

16. iPhone 8

16個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 8 (エイト)」です。

「iPhone 8」は、2017年9月22日に発売されました。

プロセッサは、「A11 Bionic」が搭載されていて、RAMは2GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、10,156となっています。

17. iPhone 8 Plus

17個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone 8 Plus (エイト・プラス)」です。

「iPhone 8 Plus」は、2017年9月22日に発売されました。

プロセッサは、「A11 Bionic」が搭載されていて、RAMは3GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、10,189となっています。

18. iPhone X

18個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone X (テン)」です。

「iPhone X」は、2017年11月3日に発売されました。

プロセッサは、「A11 Bionic」が搭載されていて、RAMは3GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、10,154となっています。

19. iPhone XR

19個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone XR (テンアール)」です。

「iPhone XR」は、2018年10月19日に発売されました。

プロセッサは、「A12 Bionic」が搭載されていて、RAMは3GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、11,208となっています。

20. iPhone XS

20個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone XS (テンエス)」です。

「iPhone XS Max」は、2018年9月21日に発売されました。

プロセッサは、「A12 Bionic」が搭載されていて、RAMは4GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、11,264となっています。

21. iPhone XS Max

21個目のiPhoneの性能比較は、「iPhone XS Max (テンエス・マックス)」です。

「iPhone XS Max」は、2018年9月21日に発売されました。

プロセッサは、「A12 Bionic」が搭載されていて、RAMは4GBでした。

Geekbenchのベンチマークスコアは、11,212となっています。

▼iPhoneのワイヤレスイヤホンは「AirPods Pro」がオススメです

Apple AirPods Pro
Apple(アップル)
¥ 30,580
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『iPhoneの性能比較!歴代21モデルのベンチマークスコア』についてご紹介しました。

このように、2019年5月時点では「iPhone XS」がA12 Bionicチップ搭載、RAM 4GB、ベンチマークスコア11,264と最も高性能となっています。

特にA11 Bionic以降は、ベンチマークスコアが1万を超える飛躍的な向上を見せているようです。

「iPhone 8」はA11 Bionic搭載でありながらも安価で手に入るので一見お得ですが、RAMが2GBしかないので、今後のアップデートで動作がモッサリになる可能性があります。

果たして、iPhoneはどこまで高性能になるのか今後も目が離せませんね。