Apple TVにPS4のコントローラーを接続して使う方法!tvOS13より

2019年6月27日
[最終更新日]2019年06月27日

2019年秋に提供される「tvOS 13」より、Apple TVでPS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)が利用できるようになります。

これまでもMFiコントローラーをApple TVに接続してゲームをプレイすることもできましたが、tvOS 13からはPS4コントローラーも使えるようになります。

そんな中、「Apple TVにPS4コントローラーをどうやって接続するの?」、「Apple TVでのPS4コントローラーの使い勝手は?」と気になっている方もいると思います。

そこで今回は、「Apple TVにPS4コントローラーを接続する方法」について見ていきましょう。

(本記事の内容は、tvOS 13 Public Betaのものになります。)

Ads by Google

Apple TVにPS4のコントローラーを接続して使う方法

では、実際に「Apple TVにPS4のコントローラーを接続して使う方法」について見ていきましょう。

はじめに、PS4のコントローラーとApple TVをBluetoothで接続する必要があります。

(今回はソニー純正の「DUALSHOCK 4」で試しましたが、サードパーティの互換コントローラーが使えるかどうかは不明です。)

▲まずは、Apple TVのホーム画面から、「設定」を開きましょう。

▲「設定」を開いたら、「リモコンとデバイス」を開きます。

▲「リモコンとデバイス」を開いたら、「Bluetooth」を開きます。

▲「Bluetooth」を開いたら、PS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)をペアリングモードにします。

ペアリングモードは、PS4コントローラーの「PSボタン」と「SHAREボタン」を同時に長押しすることで実行できます。

PS4コントローラーがペアリングモードになると、コントローラーのランプが点滅します。

▲PS4コントローラーがペアリングモードになったら、Apple TVのBluetoothの画面から「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」を選択しましょう。

▲「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」を選択して接続に成功すると、Apple TVの右上に「コントローラー接続済み」のポップが表示されます。

これで、Apple TVにPS4コントローラーが接続されて使えるようになります。

▼PS4のコントローラーはこちら

Apple TVのPS4コントローラーのキー配置

では次は、「Apple TVのPS4コントローラーのキー配置」について見ていきましょう。

Apple TVにおけるPS4コントローラーのキー配置は以下のようになっています。

  • × … Aボタン / 決定
  • ◯ … Bボタン / 戻る・キャンセル
  • □ … Xボタン
  • △ … Yボタン
  • OPTIONSボタン … NEMUボタン(戻るの機能はない)
  • PSボタン … コントロールセンター、長押しでホーム画面、2回押しでマルチタスク
  • 方向キー … 方向キー
  • 左右スティック … 左右スティック
  • L/Rボタン … L/Rボタン
  • L/Rトリガー … L/Rトリガー
  • SHAREボタン、タッチパッド、L3/R3 … 配置なし

このように、ほとんどのキー配置はそのまま使えるのですが、×/◯/□/△ボタンがゲーム側ではA/B/X/Yで表記されるので慣れが必要です。

また、国際標準である×で決定、◯でキャンセルのキー配置が強制されるため、◯で決定、×でキャンセルに慣れている日本人ユーザーには慣れが必要になります。

細かい点を見ていくと、「PSボタン」は1回押すとコントロールパネルが開いてユーザーの切り替えやスリープの操作ができ、長押しするとホーム画面に戻り、2回押すとマルチタスクモードになります。

また、Apple TVがスリープの状態からペアリング済みのPS4コントローラーの「PSボタン」を押すと、Apple TVの電源がオンになります。

PS4コントローラーの電源は、Apple TVでスリープの操作をした際に連動してオフになります。

ちなみに、SHAREボタン、タッチパッド、L3/R3にはキーが割り当てられてないので、押しても何も起こりませんでした。

Ads by Google

Apple TVのPS4コントローラーの使い勝手は?

では、「Apple TVのPS4コントローラーの使い勝手はどうなのか」という疑問ですが、これは結構快適であると思いました。

もともとPS4コントローラーを使い慣れていることも関係していると思いますが、Apple TVのゲームがよりゲームらしく遊べるようになった印象です。

ただ、×で決定、◯がキャンセルのキー配置には慣れが必要になるので、最初は気持ち悪さを感じるかもしれません。

また、ゲーム内ではA/B/X/Yで表記されるものを、脳内で×/◯/□/△に置き換える作業も必要なので若干面倒です。

どうしてもA/B/X/Y表記が気になる方は、Xbox OneのコントローラーやMFiコントローラーを使った方がいいかもしれません。

▼「Apple TV 4K」はこちら

最後に

今回は、『Apple TVにPS4のコントローラーを接続して使う方法!tvOS13より』についてご紹介しました。

このように、Apple TVの設定からBluetooth接続することで、PS4のコントローラーを使えるようになります。

すでにPS4を持っている方は、そのまま「DUALSHOCK 4」をApple TVにも使い回すことができますし、持っていない方もSteelSeriesなどのMFiコントローラーよりも安価で購入できるのでアリだと思います。

ただし、ゲーム側のキーの表示がA/B/X/Yでややこしいため慣れが必要です。

また、せっかくPS4コントローラーにはタッチパッドが付いているのですが、Apple TVにはキーが割り当てられていなかったのは惜しい点です。

皆さんも、Apple TVにPS4コントローラーを接続してゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか。

Ads by Google