「7pay(セブンペイ)」のチャージ対応クレジット/デビットカードは7つだけ?VISA・MasterCard

2019年7月1日より、セブンイレブンのQRコード決済サービスの「7pay (セブンペイ)」がサービスを開始しました。

「7pay」は、全国のセブンイレブンなどで利用できる、プリペイド式の決済サービスです。

そんな「7pay」を利用するためには、事前にレジやATMで現金をチャージするか、クレジット/デビットカードからチャージしておく必要があります。

せっかくのキャッシュレス決済サービスなので、ここは現金ではなくカードからチャージしたいところです。

ところが、実際に「7pay」にチャージしようとすると、対応カードが少なすぎてチャージできないという問題にぶつかります。

※追記: 7payはサービス終了しました。

「7pay(セブンペイ)」のチャージ対応クレジット/デビットカードは7つだけ?

結論から言うと、「7pay (セブンペイ)」のクレジット/デビットカードチャージに対応しているのは、7つだけになります(19年7月2日時点)。

とは言っても、この7つというのはVISAとマスターカードのことで、JCBであれば幅広い種類に対応するようです。

それで、JCBを除いたVISA・MasterCardに限定すると、対応しているのは以下の7つになります。

  • セブンカード
  • 三井住友カード
  • セゾンカード
  • ニコスカード
  • DCカード
  • MUFGカード
  • UFJカード

このように、VISA・MasterCardで対応するのは、7payだけにたったの7つとなっています。

実際に私が普段使っているVISAカードを何枚か試したのですが、あっさり弾かれてしまい、結局めんどくさくなって登録するのは諦めました。

なぜJCBを優先?

そもそも、なぜ普及率の高いVISAではなく、マイナーなJCBを優先しているのかがよく分かりません。

考えられる理由は、セブン&アイ・ホールディングスがJCBと深い関係にあるか、あるいは単にVISAとの提携がうまくいかなかったということです。

どちらにしても、現状ではほとんどのVISAカードから7payにチャージができないので、使い勝手は良くありません。

日本国内ではJCBよりVISAの利用率が高いため(参考: 「クレジットカード利用実態調査」の結果を公表)、7payにチャージしようとした矢先「えっ、VISA使えないのかよ」と困った人も多いのではないでしょうか。

そろそろ〇〇Payに飽きてきた

2018年末に「PayPay」が20%還元キャンペーンで盛り上がりましたが、それから現在までに、LINE Pay、楽天Pay、d払い、Origami Pay、au Pay、メルペイ、ゆうちょPay、ファミペイ、7payと、あまりにも多くのPayが誕生してしまいました。

そしてもはや、「Payの数が多すぎてわけがわからない」というのが現在のユーザー側の率直な感想だと思います。

しかも、Payごとに会員登録が必要になりますし、Payごとにチャージの方法などが変わってくるので、「ああ、もうめんどくせえ」と投げやりになってしまうのです。

私は割と新しいサービスを積極的に試したい方なのですが、さすがにここ最近はPayが増えすぎですし、Payそのものにも飽きてきました。

これまでいろいろなPayを試してきたのですが、結局のところはかざすだけで使えるSuicaが便利で回帰しつつあります。

▼目に優しいKindle Paper Whiteもオススメです

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー
Amazon
参考価格:¥ 13,980
OFF: 43%
¥ 7,980
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『「7pay(セブンペイ)」のチャージ対応クレジット/デビットカードは7つだけ?VISA・MasterCard』についてご紹介しました。

このように、7payでチャージに使えるクレジット/デビットカードは7つしかありません(VISA・MasterCard)。

そのため、7payにカードからチャージしたい人は、セブンカードなどを新規作成するか、あるいはレジやATMで現金からチャージするしかありません。

2019年現在では、各Payを手がける企業は還元やクーポンなどで競い合っていますが、これがあと2〜3年するとどうなってくるかが興味深いところです。

果たして、これから先数が増えすぎたPayたちはどうなってしまうのでしょうか。