LGテレビのAmazon限定モデルは避けた方がいい?量販店版を

今回は、「LGテレビのAmazon限定モデルは避けた方がいい?」についてご紹介します。

LGと言えば、世界のテレビ市場でシェア2位のメーカーで、PC向けのモニターでも定番のメーカーとなっています。

そんなLGのテレビは、性能がそれなりに良くて価格が安いことが魅力です。

しかしながら、Amazonで販売されている限定モデルのLGテレビは少し話が変わってきます。

Amazonでは、量販店では販売されていないLGテレビの限定の型番のモデルがいくつか販売されているのですが、これが質があまり良くないのです。

特に、Amazonのタイムセールでとても安くなっているのでうっかり購入してしまいがちなのですが、限定モデルは避けて量販店モデルを買った方が無難です。

LGテレビのAmazon限定モデルは避けた方が良い?

Amazonでは、LGテレビのAmazon限定モデルがいくつ販売されています。

例えば、2017年モデルの「UJ630aシリーズ」は、量販店には流通しておらずAmazon.co.jp限定モデルとなっていました。

また、2018年モデルの「UK6400」と「UK6500」も量販店では販売されていないモデルになります(UK6300は量販店モデル)。

そして、これらのLGテレビのAmazon限定モデルに共通することは、量販店モデルに比べて価格が安く設定されていることです。

そのため、一見するとLGテレビのAmazon限定モデルはお得に見えるのですが、これにはある罠があります。

Amazon限定モデルと量販店モデルの違い

実際に私は安さに惹かれて2017年のAmazon限定モデルである「UJ630a」を2台購入しました。

「UJ630a」は2台とも不具合がいくつかあって、パネルにも最初から白ムラのようなものがありました(参考: LGの「UJ630A」の5つの不具合!4K HDRテレビ)。

そして、後から2018年の量販店モデルの「UK6300」をヨドバシで購入したのですが、これが驚くほど品質に差があったのです。

量販店モデルの「UK6300」には、特に不具合も液晶の白ムラもなく良好な状態でした。

これは、2017年モデルから2018年にかけて改善されたのだと思っていました。

ところが、2018年のAmazon限定モデルである「UK6400」と「UK6500」のレビューをチェックすると、最初から故障していたというレビューがいくつも見つかりました。

つまり、LGのテレビはAmazon限定モデルと量販店モデルで品質に差があることになります。

おそらく、Amazon限定モデルは生産ラインで弾かれた不良品のパーツを集めて組み立てることでコストカットを実現しているのかもしれません(分かりませんが)。

このように、LGのテレビにはAmazon限定モデルと量販店モデルで品質に違いがあるようです。

量販店で売られているモデルを選ぼう

結論としては、LGのテレビを買う際はAmazon限定モデルではなく、量販店モデルを選んだ方が無難です。

Amazonのタイムセールで売られているLGテレビのAmazon限定モデルは安いので手を出してしまいがちですが、ここは一旦冷静になりましょう。

LGのテレビは、価格.comで量販店モデルをチェックして値段が下がるのを待てば、Amazon限定モデルよりも安く買えることがあります。

LGのテレビの量販店モデルは、家電量販店に置いてあるパンフレットに掲載されているモデルや、価格.comで扱わられているモデルになります。

▼テレビでネット動画が楽しめる「Apple TV 4K」もオススメです

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『LGテレビのAmazon限定モデルは避けた方がいい?量販店版を』についてご紹介しました。

このように、LGのテレビのAmazon限定モデルは量販店モデルと比べて品質が低いので、買わない方がいいです。

もちろん、「テレビの品質には特にこだわりがなくて安ければOK」という場合は、Amazon限定モデルを選んでもいいと思います。

そうではなくて、なるべく価格を抑えつつ性能もそれなりに良いテレビが欲しい場合はLGの量販店モデルを選択しましょう。

皆さんも、LGのテレビを買う際はAmazon限定モデルか量販店モデルかよく見てから買うようにしましょう。