北アメリカのテレビは65インチが人気?その理由とは

2019年7月7日
[最終更新日]2019年07月07日

近年は4Kテレビの値段も下がってきて、安くて大きいテレビがより手軽に買えるようになってきました。

そんな中、The Vergeの記事では北米では65インチのテレビが最も人気が高いことを紹介しています(参考: 65-inch TVs are now the most popular choice for North American households: report)。

その理由としては、65インチのテレビは今年25%価格が低下し、55インチのテレビは価格が横ばいであるためだそうです。

結果的に、50インチクラスのテレビは2台目需要としてベットルームなどに置かれるようです。

日本に住んでいる我々からすれば、テレビは30〜40インチ程度が主流で、50インチとなるとかなり大型に思えます。

Ads by Google

北アメリカのテレビは65インチが人気?

そもそもアメリカを含む北米で65インチのテレビが人気な理由を見ていくと、価格が安いというのが考えられます。

2019年7月時点でUSのBestBuyを見てみると、65インチの4K HDRテレビが$500程度で販売されているのが確認できます(参考: BestBuy)。

アメリカで安価に販売されているメーカーはTCLやハイセンスなどですが、日本でTCLやハイセンスの65インチ4K HDRテレビを買おうとすると、安くても10万円程度はします。

そう考えると、やはりアメリカの方が安く買える傾向があるようです。

また、$500となると、日本円でおよそ¥54,000程度($1 = ¥108)なので、5万円台で65インチのテレビが買えるとなるとかなり安いので、人気になることも納得できます。

Ads by Google

北米の住宅事情も関係?

また日本より安く買えるという理由の他にも、65インチが人気の理由に北米の住宅事情も関係していると思います。

アメリカ、カナダ、メキシコなどの北米では、平均的に日本よりも家が大きく部屋も広いです。

そのため、リビングにテレビを置く際に40〜50インチ程度では小さく見えるという問題があるのでしょうか。

一方で、日本の平均的な住宅に65インチのテレビを置くとなると、大き過ぎて置けないと思います。

見るコンテンツの違いも関係?

また、北米で65インチのテレビが人気の理由は、見るコンテンツにもあると思います。

北米で人気の動画コンテンツは映画、ドラマ、スポーツなどで、いずれも大画面で見たほうが映えるものです。

一方で、日本で人気の動画コンテンツはバラエティや情報番組なので、大画面になってもあまり効果がありません。

このように、見るコンテンツに違いがあることも、北米で65インチのテレビが人気なことと関係していそうです。

▼TCLの4K HDRテレビもオススメです

最後に

今回は、『北アメリカのテレビは65インチが人気?その理由とは』についてご紹介しました。

このように、北米では65インチの4K HDRテレビが安く買えること、住宅が大きくて広いこと、見るコンテンツが大画面映えするものであることが65インチテレビが人気の理由として考えられます。

一方で日本は、4K HDRテレビの価格がまだまだ高く(台数がさばけないため?)、部屋が狭くて、見るコンテンツがバラエティや情報番組という違いがあります。

とは言っても、最近は日本でもAmazon Prime VideoやNetflixなどの動画配信サービスが人気になってきているので、今後は「もっと大きなテレビで見たい」という需要が増えていくかもしれません。

果たして、日本におけるテレビの需要は今後どうなっていくのか注目ですね。

Ads by Google