「Switch Lite (スイッチ・ライト)」が登場!次は「Switch Pro (スイッチ・プロ)」?

2019年7月11日
[最終更新日]2019年07月17日

任天堂は2019年9月20日より、新しい「Nintendo Switch Lite (ニンテンドー・スイッチ・ライト)」を発売すると発表しました(参考: “携帯モード”に特化して1万円安い「Nintendo Switch Lite」9月20日発売)。

「Switch Lite」は、テレビ出力の機能を廃止し、ディスプレイサイズを5.5インチに縮小コントローラーを本体に一体化することで小型・軽量化し、値段も¥19,980(税別)と安価になっています。

このように、「Switch Lite」は携帯型に特化したゲーム機として、新しいユーザーの獲得に期待されています。

そもそも「Switch」は、携帯型と据え置き型の両方を切り替えて遊べるのがウリでしたが、今回は携帯型しか求めてないユーザーのためのエントリーモデルを用意したようです。

ここで気になってくるのが、携帯型に特化したゲーム機が出たなら、次は据え置き型に特化したハイエンドモデルが出るのではないかということです。

Ads by Google

「Switch Lite (スイッチ・ライト)」が登場

Nintendo Switch Lite (ニンテンドー・スイッチ・ライト)」は、携帯型に特化することで、小型・軽量化し、値段も¥19,980と安くなりました。

従来の「Nintendo Switch」は¥29,980(税別)と、子どもやライトユーザーが買うには少々高く手が出しにくかったのですが、新型はより買いやすくなっています。

また、任天堂の携帯ゲーム機の前世代モデルである「Newニンテンドー3DS LL」が¥18,800(税別)で販売されていることを考えても、悪くない値段設定だと思います。

さらに、アップルの販売する「iPod touch 第7世代」は4インチディスプレイの1,136 x 640ピクセル解像度で¥21,800(税別)〜なので、「Switch Lite」はそれよりも安価でかつ5.5インチと画面サイズが大きく、解像度も1,280 x 720ピクセルと高くなっています

このように、「Switch Lite」は価格面も性能面も十分よくできていて、良いデバイスであるように思います。

Ads by Google

次は「Switch Pro (スイッチ・プロ)」?

ここで気になってくるのが、「Nintendo Switch Lite」が携帯型に特化したエントリーモデルであるなら、次は据え置き型に特化したハイエンドモデルが出るのではないかということです。

これは例えば、「Switch」の液晶ディスプレイやバッテリーなどは廃止してしまって、本体はテレビでのみ遊べる仕様にし、その代わりに性能を上げたモデルのことです。

ちょうどプレイステーションで言うところの「PS4 Pro」のように、「Nintendo Switch Pro (ニンテンドー・スイッチ・プロ)」の登場に期待されます。

通常の「Nintendo Switch (ニンテンドー・スイッチ)」では、フルHDである1080pまでの出力解像度にしか対応していません。

しかしながら、Switchのゲームを4K HDRの高解像度で遊びたいというコアゲーマーの人も多いと思うので、「Switch Pro」での実現に期待されます。

価格は、「Switch Lite」が¥19,980、「Switch」が¥29,980なら、「Switch Pro」は¥39,980がちょうどいいでしょうか。

これは「PS4 Pro」が同じ¥39,980(税別)で販売されていることを考慮しても、悪くない値段設定だと思います。

▼Nintendo Switch Liteはこちら

最後に

今回は、『「Switch Lite (スイッチ・ライト)」が登場!次は「Switch Pro (スイッチ・プロ)」?』についてご紹介しました。

このように、「Switch Lite」はエントリーモデルとして素晴らしいゲーム機だと思いますし、ハイエンドモデルの「Switch Pro」の登場にも期待されます。

特に、「Switch」向けに任天堂がリリースしているソフトは、PS4やPCなど他のプラットフォームでは遊べないので、ハイエンドモデルである「Switch Pro」を求めているユーザーも多いと思います。

また、テレビではゲームをしない層は「Switch Lite」を、逆にテレビでしかゲームをしない層は「Switch Pro」を選択し、その中間のユーザーは「Switch」を選択するというユーザーに応じた選択肢が生まれるので良いと思います。

これから「Switch Lite」がどのように展開していくのか、「Switch Pro」は登場するのか楽しみですね。

Ads by Google