スマートフォン

次は「iPhone 11」と「11 Pro」?名称シンプル化

2019年9月に発表されるとされている新しいiPhoneの名称が、「iPhone 11 (アイフォーン・イレブン)」と「iPhone 11 Pro (アイフォーン・イレブン・プロ)」になるのではないかという噂が出ています(参考: iPhone 11は「iPhone 11 Pro」になるらしい)。

2018年発売のiPhone XRの後継機はiPhone 11に、iPhone XSとXS Maxの後継機はiPhone Proになるのでしょうか。

iPhone XRはXSの廉価モデルのような位置付けでしたが、アメリカでは販売シェアが半数近くを占めるほどの人気機種となっています(参考: iPhone XRの売れ行き好調、単独で販売シェアを半数近く占める)。

そのため、XRの後継機は廉価モデルはなく正式なナンバリングモデルとして扱い、高級機種であるXSとXS Maxの後継機をiPhone Proというハイエンドユーザー向きとして売っていく姿勢なのでしょうか。

アップルはすでに、「iPad Pro」、「MacBook Pro」、「iMac Pro」、「MacPro」のようなProという名称をよく使っているので十分あり得る話です。

※追記19.9.12: iPhone 11、11 Pro、11 Pro Maxが発表されました。

次は「iPhone 11」と「11 Pro」?

2019年9月に発売されるiPhoneは、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」という名称になるというです。

また、噂ではおおまかな仕様は2018年モデルを踏襲するのとのことです。

予想では、iPhone XRの6.1インチ液晶ディスプレイモデルの後継機がiPhone 11となります。

また、iPad ProやMacBook Proでは、名称の後ろにインチ数をつけるようになっています。

この法則を当てはめると、iPhone 11 Proも名称の後ろにインチ数を記載することになると思われます。

iPhone XSの5.8インチ有機ELディスプレイモデルの後継機がiPhone 11 Pro 5.8インチとなり、iPhone XS Maxの6.5インチ有機ELディスプレイの後継機がiPhone 11 Pro 6.5インチとなることになります。

2018年のiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxというカオスな名称よりも、iPhone 11、iPhone 11 Pro 5.8インチ、iPhone 11 Pro 6.5インチとした方がスッキリして分かりやすいと思います。

※追記19.9.12: 5.8インチはiPhone Pro、6.5インチモデルはiPhone Pro Maxとして発表されました。

XR、XSの名称はややこしかかった

2018年にiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの3機種が発売されましたが、おそらくほとんどの人はこれらの機種の違いを説明することができなかったと思います。

これまでの、例えばiPhone 8、iPhone 8 Plusであれば、「8が通常サイズ、8 Plusが大きいサイズね」と名前からも理解しやすかったと思います。

ところがXR、XS、XS Maxでは、「そもそもXRとXSは何が違うの?」と多くの人が困惑したと思います。

ガジェットオタクの人ならともかく、ライトユーザーには液晶と有機ELの違いも知ったこっちゃないのが実際のところです。

そんな背景から、「どれを買えばいいかよく分からないから無難な8にする」という人もいたかもしれません。

このように、XR、XS、XS Maxの名称はややこしかったのです。

iPad ProやMacBook Proのようにシンプル化?

2019年8月現在、アップルはiPad Pro 11インチと12.9インチ、そしてMacBook Pro 13インチと15インチを販売しています。

iPad ProもMacBook Proも、Maxなどとよく分からないものを名前に付けていないので、とてもシンプルで分かりやすいです。

また、ライトユーザーは無印iPadやMacBook Airを選択して、コアユーザーはiPad ProやMacBook Proを選択すればいいことが名前から理解できる点も良いと思います。

これと同じように、iPhoneもライトユーザーは無印のiPhone 11を選択し、コアユーザーはiPhone 11 Proを選択するというシンプルな構図が生まれます。

iPhone XRの購入を躊躇していた人も、iPhone 11であれば迷うことなく選択できるのではないでしょうか。

▼iPhoneのワイヤレスイヤホンは「AirPods 第2世代」がオススメです

最後に

今回は、『次は「iPhone 11」と「11 Pro」?名称シンプル化』についてご紹介しました。

このように、2019年のiPhoneは、iPhone 11とiPhone 11 Proという名前になるが出ています。

実際にiPhone 11とiPhone 11 Proになったとすれば、XRとXSに比べてシンプルで分かりやすくなると思います。

また、「XRはなんか廉価版っぽいから嫌だ」と思っていたユーザーもiPhone 11であれば通常モデルなので買いやすいのではないでしょうか。

果たして、2019年のiPhoneの名称がどうなるのか注目ですね。

関連記事はこちら