「Apple TVアプリケーション」の使い方!レンタル・購入、TV+、検索

今回は、「Apple TVアプリケーションの使い方」についてご紹介します。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVでは、「Apple TV(アップル・ティーヴィー)アプリケーション」が標準搭載されています。

そんな中、「Apple TVアプリケーションって何?」、「Apple TVアプリケーションの使い方は?」と気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、「Apple TVアプリケーションの使い方」について見ていきましょう。

ちなみに、ハードウェアの「Apple TV HD」、「Apple TV 4K」は別の製品です(参考: 「Apple TV」って何ができるの?3つの機能を大紹介!)。

「Apple TVアプリケーション」の使い方

Apple TVアプリケーションとは?

「Apple TV(アップル・ティーヴィー)アプリケーション」は、①映画のレンタル・購入、②Apple TV+の視聴、③他社の動画配信サービスを含めた作品の検索を1つアプリで実現したものです。

「映画のレンタル・購入」では、従来のiTunes Storeで配信されている4K HDR対応映画をレンタルまたは購入して、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVなど複数のデバイスで視聴できます。

「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」は、2019年11月2日から日本でもサービスを開始する定額制の動画配信サービスで、独占配信となるオリジナル作品を見ることができます。

「検索」では、iTunes Storeで配信されている映画はもちろん、Netflix、Amazon Prime Video、Hulu、FOD/フジテレビオンデマンド、ビデオマーケットなど他社の動画配信サービスで見放題の作品も検索して開くことができます。

ちなみに、アップルは「Apple TV HD」と「Apple TV 4K」という製品を販売していますが、それと「Apple TVアプリケーション」は別の製品になります。

AppleTVアプリケーションの使い方1. 映画のレンタル

▲1つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「映画のレンタル」です。

「Apple TVアプリケーション」で映画をレンタルしたい場合は、まずApple TVアプリケーションでレンタルしたい映画を選択します。

レンタルしたい映画を選んだら、料金を確認して「①レンタルを選択」しましょう。

▲「レンタルを選択」したら、料金と言語などを確認してOKなら「②レンタル」を選択します。

「レンタル」を選択すると、設定によってはApple IDのパスワードの入力を求められるので入力します。

▲レンタルの手続きが完了すると、「再生」のボタンが表示されて「③再生可能に」なります。

また、再生ボタンの下には「ダウンロード」のボタンも表示されるので、レンタルした映画をダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。

ちなみに、Apple TVアプリケーションでレンタルした映画は30日間キープされ、視聴を開始するとその後48時間でレンタルが終了します。

▲レンタルした映画は、Apple TVアプリケーションの「今すぐ観る」のタブの「次に観る」に追加されます。

レンタルした映画には、「レンタル中」の表記がついています。

Apple TVアプリケーションでは、4K HDR対応作品もレンタル可能です(参考: iTunes映画(Apple TVアプリケーション)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】)。

「iPhone 8以降」と「iPad Pro 2017以降」はHDR10、DOLBY VISIONの再生に対応し、「iPhone 11以降」はHDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSの再生に対応、「Apple TV 4K」と「Mac 2018以降」では4K、HDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSの再生に対応しています。

Apple TVアプリケーションのレンタル料金は¥100〜500程度となっています。

Apple TVアプリケーションでは、週に1度「今週の映画」というコーナーで¥100レンタルが行われています。

ちなみに、全体的なレンタル料金はAmazon Prime Videoの方が安価です。

ウェブサイト: Amazon Prime Video

AppleTVアプリケーションの使い方2. 映画の購入

2つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「映画の購入」です。

「Apple TVアプリケーション」で映画を購入したい場合は、まずApple TVアプリケーションで購入したい映画を選択します。

購入したい映画を選んだら、料金を確認して「①購入ボタンを押す」を実行しましょう。

▲「購入ボタンを押す」をしたら、料金と言語などを確認してOKなら「②支払い」を選択します。

「支払い」を選択すると、設定によってはApple IDのパスワードの入力を求められるので入力します。

▲購入の手続きが完了すると、「③完了」と表示されます。

▲購入した映画は、Apple TVアプリケーションの「今すぐ観る」のタブの「次に観る」に追加されます。

購入した映画には、「購入済み」の表記がついています。

▲Apple TVアプリケーションで購入した映画は、「ライブラリ」のタブにも追加されます。

「iTunes Extras」の表記がある作品は、購入者限定の特典映像がついています。

Apple TVアプリケーションでは、4K HDR対応作品も購入可能です(参考: iTunes映画(Apple TVアプリケーション)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】)。

「iPhone 8以降」と「iPad Pro 2017以降」はHDR10、DOLBY VISIONの再生に対応し、「iPhone 11以降」はHDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSの再生に対応、「Apple TV 4K」と「Mac 2018以降」では4K、HDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSの再生に対応しています。

Apple TVアプリケーションの購入料金は¥500〜2,500程度となっています。

Apple TVアプリケーションでは不定期でセールが行われていて、「ベストムービー ベストプライス」のメニューからセール情報をチェックできます。

AppleTVアプリケーションの使い方3. Apple TV+の視聴

3つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「Apple TV+の視聴」です。

「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」は、月額¥600(税込)で、2019年11月2日より日本でサービス開始です。

AppleTVアプリケーションの使い方4. ライブラリ

4つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「ライブラリ」です。

Apple TVアプリケーションでは、「ライブラリ」のタブを開くと、これまでに購入した映画が表示されます。

「ライブラリ」の項目は、「映画」、「ダウンロード済み」、「最近購入した映画」の大きく3つです。

ちなみに、過去にiTunes Storeで購入した映画もライブラリに表示されます。

AppleTVアプリケーションの使い方5. 再生画面

5つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「再生画面」です。

Apple TVアプリケーションでコンテンツを再生した際に表示される、①オーディオと字幕、②AirPlay、③iTunes Extrasの3つのメニューについて見ていきましょう。

①オーディオと字幕

1つ目のApple TVアプリケーションの再生画面は、「オーディオと字幕」です。

Apple TVアプリケーションでは、複数の言語が収録されている作品は再生中に言語を切り替えることができます。

Apple TVアプリケーションでコンテンツを再生したら、吹き出しアイコンを①選択します。

吹き出しアイコンを選択したら、オーディオと字幕メニューの中から任意の言語を②選択しましょう。

②AirPlay

2つ目のApple TVアプリケーションの再生画面は、「AirPlay」です。

Apple TVアプリケーションでは、「AirPlay (エア・プレイ)」の機能を使って「Apple TV HD」や「Apple TV 4K」、AirPlay対応スマートテレビにコンテンツを映し出すことができます。

Apple TVアプリケーションでコンテンツを再生したら、AirPlayアイコンを①選択します。

AirPlayアイコンを選択したら、AirPlay先のデバイスを②選択しましょう。

③iTunes Extras

3つ目のApple TVアプリケーションの再生画面は、「iTunes Extras」です。

Apple TVアプリケーションでは、「iTunes Extras (アイチューンズ・エクストラズ)」に対応した映画の特典映像を見ることができます。

Apple TVアプリケーションでコンテンツを再生したら、画面を横にして「エクストラ」のボタンを選択します(縦画面は非対応)。

AppleTVアプリケーションの使い方6. ”次に観る”に追加

▲6つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「”次に観る”に追加」です。

Apple TVアプリケーションでは、気になる作品や購入済みのライブラの作品、ファミリー共有の作品などを、「”次に観る”に追加」してお気に入り(ブックマーク)することができます。

やり方は、作品のページを開いて「プラスボタン」を①選択します。

▲「プラスボタンを選択」すると、②”次に観る”に追加済みと表示されます。

▲作品が「次に観る」に追加されると、Apple TVアプリケーションの「今すぐ観る」のタブのトップに③追加された作品が表示されます。

AppleTVアプリケーションの使い方7. 作品の検索

▲7つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「作品の検索」です。

Apple TVアプリケーションでは、Apple TVアプリケーション内で配信されている映画と、「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」で配信されている作品を検索することができます。

さらに、他社サービスである「Netflix (ネットフリックス)」、「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」、「Hulu (フールー)」、「FOD/フジテレビオンデマンド」、「ビデオマーケット」で見放題配信されている作品を検索することもできます。

やり方は、Apple TVアプリケーションで「①検索」のタブを開いて、②検索ボックスから作品名を検索します。

▲「映画名」で検索した場合、Apple TVアプリケーション内およびiTunes Store、他社の動画配信サービスで配信されている場合は検索結果に表示されます。

ちなみに、「インターステラー」という映画は、Apple TVアプリケーションとNetflixで配信されていました(19年9月21日時点)。

▲「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」で配信されている作品も、検索結果に表示されます。

ちなみに、「暗闇の世界」というドラマは、Apple TV+オリジナルの独占配信となっています。

「Apple TV+」は月額¥600で利用可能で、2019年11月2日に日本でサービス開始です。

▲「Netflix (ネットフリックス)」で配信されている作品も、検索結果に表示されます。

ちなみに、「ストレンジャー・シングス」というドラマは、Netflixオリジナルの独占配信となっています。

「Netflix」は月額¥800(税別)〜で利用可能です。

▲「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」で配信されている作品も、検索結果に表示されます。

ちなみに、「ザ・ボーイズ」というドラマは、Amazon Prime Videoオリジナルの独占配信となっています。

「Amazon Prime Video」は月額¥500(税込)で利用可能です。

▲「Hulu (フールー)」で配信されている作品も、検索結果に表示されます。

ちなみに、「あなたの番です」というドラマは、Hulu独占配信となっています。

「Hulu」は月額¥933(税別)で利用可能です。

▲「FOD/フジテレビオンデマンド」で配信されている作品も、検索結果に表示されます。

ちなみに、「リッチマン、プアウーマン」というドラマは、FOD/フジテレビオンデマンド独占配信となっています。

「FOD/フジテレビオンデマンド」は月額¥888(税別)で利用可能です。

AppleTVアプリケーションの使い方8. ほかのAppで開く

8つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「ほかのAppで開く」です。

Apple TVアプリケーションでは、他社サービスで配信されている作品が見つかった場合は、「ほかのAppで開く」という選択肢が表示されます。

例えば「コンタクト」という映画は、Apple TVアプリケーション内に加えて、NetflixとAmazon Prime Videoで見放題配信されています(19年9月21日時点)。

そのため、すでに他社サービスに加入しているユーザーに対しては「Apple TVアプリケーションでレンタルしなくても見放題で見れますよ〜」と教えてくれる親切な設計となっています。

もちろん、他社サービスに加入していユーザーにも表示されるので、例えば「このドラマは〇〇で配信されているんだ」と知ることができて、加入のきっかけにもなります。

▲「ほかのAppを開く」を選択すると、利用できる他社の動画配信サービスが表示されます。

ほかのAppに対応しているのは、「Netflix (ネットフリックス)」、「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」、「Hulu (フールー)」、「FOD/フジテレビオンデマンド」、「ビデオマーケット」などの見放題作品となっています(他社のレンタル作品は表示されない)。

表示されたアプリを選択すると、そのままApp Storeからアプリをインストールすることができます。

もちろん、他社サービスを利用するためにはそれぞれの会員登録する必要があります。

AppleTVアプリケーションの使い方9. Apple IDにチャージ

9つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「Apple IDにチャージ」です。

Apple TVアプリケーションで映画のレンタル・購入をしたり、Apple TV+を視聴したい場合はApple IDに残高をチャージしておくこともできます。

Apple IDにチャージする方法は、コンビニなどで販売されているものやメールで送れる「①ギフトカードまたはコードを使う方法」と、直接クレジットカードからチャージする「②Apple IDに入金」の2通りがあります。

まずは、Apple TVアプリケーションを開いて「今すぐ観る」から右上の丸いアイコンを選択して「アカウント」のページを表示しましょう。

①ギフトカードまたはコードを使う

▲「アカウント」のページから「ギフトカードまたはコードを使う」の項目を選択すると、「App Store & iTunesギフトカード」を使ってチャージができます。

▲「コードを使う」のページを開いたら、「カメラで読み取る」または「コードを入力」を選択してチャージを行います。

コンビニなどで購入した物理的なギフトカードの場合は、カメラで読み取る方法が楽でオススメです。

楽天市場などで購入したメールタイプのギフトコードの場合は、コードをコピペして入力しましょう。

「App Store & iTunes ギフトカード」の購入は、ポイント還元がある楽天市場の認定点がオススメです(参考: App Store & iTunes ギフトカード 認定店)。

②Apple IDに入金

▲「アカウント」のページから「Apple IDに入金」の項目を選択すると、クレジットカードを使ってチャージができます。

▲「今すぐApple IDに入金しよう。」のページを開いたら、入金する金額を選択してApple IDに入金することができます。

AppleTVアプリケーションの使い方10. ファミリー共有の再生

10つ目のApple TVアプリケーションの使い方は、「ファミリー共有の再生」です。

Apple TVアプリケーションでは、ファミリー共有に登録された家族アカウントで購入したコンテンツを再生することができます。

ファミリーアカウントの誰かが購入した作品のページを表示すると、「再生」が表示されて視聴できるようになっています。

▼Apple TVアプリケーションがテレビで楽しめる「Apple TV 4K」はこちら

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『「Apple TVアプリケーション」の使い方!レンタル・購入、TV+、検索』についてご紹介しました。

このように、Apple TVアプリケーションでは映画のレンタル・購入、Apple TV+の視聴、作品の検索などの使い方ができます。

Apple TVの料金は、レンタルが¥100〜500程度、購入が¥500〜2,500程度、Apple TV+が月額¥600となっています。

またApple TVアプリケーションの検索では、他社サービスのNetflix、Amazon Prime Video、Hulu、FOD/フジテレビオンデマンドなどをまとめて検索できて便利です。

皆さんも、Apple TVアプリケーションを使って快適に動画配信サービスの視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。