「Apple TV」って何ができるの?4つの機能を大紹介!

皆さんは「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」という製品をご存知でしょうか。

iPhoneやiPadは知ってるけど、Apple TVはよく知らないという人も多いかもしれませんね。

「Apple TV」はアップルが販売するメディアストリーミング端末で、テレビと接続して使うもので、現在「Apple TV HD」と「Apple TV 4K」の2機種が販売されています。

しかしながら、実際のところ「Apple TVって何ができるの?」、「そもそもApple TVって何をするためのものなの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

そこで今回は、「Apple TVの4つの機能」について大紹介します。

※ちなみに、iPhone、iPad、iPod touch、Macなどにインストールされている「Apple TVアプリケーション」は別の製品です。

「Apple TVアプリケーション」についてはこちら: 「Apple TVアプリケーション」の使い方!レンタル・購入、TV+、検索

Apple TVって何ができるの?4つの機能を大紹介

Apple TVとは?

そもそも「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」とは、アップルが販売するメディアストリーミング端末です。

Apple TVはテレビとHDMIケーブルで接続するだけで、インターネット経由であらゆるコンテンツを楽しむことができます。

2015年発売の「Apple TV HD (第4世代)」からフルモデルチェンジし、新たにサードパーティ製のアプリをインストールできるApple TV専用の「App Store (アップ・ストア)」も開設されました。

そのため、さまざまなアプリやゲームなどをApple TVにインストールして楽しむことができます。

また、Bluetooth接続のMFi対応ゲームコントローラーや、PS4、Xbox Oneのコントローラーにも対応するので、ゲームアプリをコントローラーを使ってテレビで遊ぶことができます。

さらに、2017年には4K HDR対応した「Apple TV 4K」が発売され、「Apple TVアプリケーション(iTunes Store)」で配信されている映画も4K HDRに対応しました。

まさに、Apple TVはマルチな機能を備えた次世代のメディアストリーミング端末なのです。

では実際に「Apple TVの4つの機能」を見ていきましょう。

▼「Apple TV 4K」はこちら

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

1. ビデオストリーミング

Apple TVって何ができるの?その1つ目の機能は「ビデオストリーミング」です。

「Apple “TV”」という名前の通り、Apple TVを使ってテレビでビデオストリーミング(動画配信サービス)を見ることができます。

そのため、すでにスマホやPCではおなじみの「YouTube (ユーチューブ)」や「Netflix (ネットフリックス)」、「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」、「AbemaTV (アベマティーヴィー)」といった動画アプリも、Apple TVを使えばテレビの大画面で楽しむことができます。

現在Apple TVに対応しているビデオストリーミングは主に以下の通りです。

  • Apple TVアプリケーション(iTunes Store)の映画
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス) ※19年11月2日より開始
  • YouTube (ユーチューブ)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Disney DELUXE (ディズニー・デラックス)
  • Hulu (フールー)
  • AbemaTV (アベマティーヴィー)
  • GYAO! (ギャオ!)
  • DAZN (ダ・ゾーン)
  • FOD (フジテレビ・オンデマンド)
  • テレ東動画 by ネットもテレ東
  • Paravi (パラビ)
  • dailymotion (デイリーモーション)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • Vimeo (ヴィメオ)
  • Twitch (ツイッチ)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • niconicoTV (ニコニコ動画)
  • ビデオパス
  • Rakuten TV (楽天ティーヴィー)
  • NBA App
  • ESPN
  • ビデオマーケット
  • J Sports オンデマンド
  • OPENREC.tv (オープンレックティーヴィー)
  • バンダイチャンネル
  • 劇場三昧
  • TED
  • NASA
  • NHK World TV
  • Apple イベント
  • などなど

はじめからインストールされている「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」では、4K HDR対応の映画をレンタル・購入して見ることができます(参考: iTunes映画(Apple TVアプリケーション)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】)。

さらにApp Storeからアプリをインストールすることで、無料で見れる「YouTube (ユーチューブ)」、「AbemaTV (アベマティーヴィー)」、「GYAO! (ギャオ)」、「niconicoTV (ニコニコ動画)」などはもちろん、定額制で見放題の「Netflix (ネットフリックス)」、「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」、「Hulu (フールー)」、「DAZN (ダ・ゾーン)」などにも対応します。

「Apple TV HD(第4世代)」からは、サードパーティアプリが利用できる「App Store」に対応しているので、新しいビデオストリーミングアプリもリリースされるとすぐに追加インストールできます。

Apple TVのメリットは安定性が高いので、Fire TV Stickのように使っているとフリーズしたり動作がモッサリしたりネットに繋がらなくなることがないということです。

このように、Apple TVがあれば、インターネット経由のビデオストリーミングサービスをテレビの大画面で思う存分楽しむことができるのです。

さらに、2019年11月2日に開始される定額制見放題の「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」にも対応予定です(参考: 「Apple TV+」の料金は月額¥600!アップル・ティーヴィープラス)。

さらに詳しくはこちら: Apple TVの動画配信サービス40選!アプリ・AirPlay対応を紹介

こちらの記事もオススメです: 「Apple TV+」で無料で見れるコンテンツ一覧!お試ししよう

2. AirPlay

Apple TVって何ができるの?その2つ目の機能は「AirPlay (エアプレイ)」です。

すでにiPhone、iPad、iPod touch、Macのいずれかを使っている人にとっては、AirPlayはとても便利な機能です。

AirPlayを使えば、iPhone、iPad、iPod touch、Macの「写真」、「動画」、「音楽」をそのままテレビにストリーミングすることができます。

つまり、iPhoneやiPadに入っている旅行やイベントなどの思い出を、友人や家族、恋人とテレビで共有することができるのです。

また、iPhone、iPad、iPod touch、MacのSafariで見られるウェブ動画や、Apple TVアプリケーションやYouTubeなどの動画配信アプリもAirPlayに対応しているものがあります。

このように、Apple TVを使えば、あらゆるネット動画をテレビの大画面で楽しむことができるのです。

さらに、写真や動画、音楽の他にも、iPhone、iPad、iPod touch、Macの画面をそのまま映し出す「画面ミラーリング」の機能にも対応しています(参考: Apple TVにミラーリングする方法!iPhone、iPod touch、iPad、Macから)。

そのため、テレビにSafariのウェブサイトや、Keynoteなどのアプリの画面をそのまま映すこともできますし、iPhoneで遊んでいるゲームの画面をテレビにミラーリングすることや、Macのセカンドディスプレイとして使うことも可能です。

「AirPlay」は家のリビングはもちろん、会社の会議やプレゼンテーションの際にも活躍すること間違いなしです。

3. アプリとゲーム

Apple TVって何ができるの?その3つ目の機能は「アプリとゲーム」です。

2015年「Apple TV HD (第4世代)」からは、App Storeに対応しました。

そのため、iPhone、iPad、iPod touch、Macのように、Apple TVでもApp Storeから好きなアプリをインストールすることができます。

ちなみにiPhone、iPad、iPod touch、Macでおなじみの「ミュージック」や「Podcast」、「写真」などのアプリは標準でインストールされています。

「ミュージック」ではApple Musicをテレビで楽しむことができますし(サウンドバーを繋げば更に)、「写真」ではiCloudに保存された写真・動画をテレビの大画面で見ることができます。

もちろん、サードパーティの無料・有料のアプリやゲームもApple TVのApp Storeでは多数配信されています。

サードパーティーアプリには、「Amazon Music」や「Spotify」などで音楽ストリーミングを楽しめるものや、「FE File Explorer」などのローカルネットワークの動画を再生できるものもあります。

ゲームは、「クロッシーロード」や「ミニオンラッシュ」、「アスファルト8」、「リアルレーシング3」などのスマホで人気のゲームに対応しているので、Apple TVを使えばテレビの大画面で楽しむことができます(参考: 「Apple TV」のゲーム一覧!無料の人気アプリ71本を紹介【2018】)。

また「Steam Link (スチーム・リンク)」のアプリを使うことで、PCゲームをテレビでリモートプレイすることもできます。

さらに、2019年9月20日に開始される定額制の「Apple Arcade (アップル・アーケード)」にも対応予定で、100本以上新作タイトルがApple TVでもプレイし放題になります(参考: 「Apple Arcade (アップルアーケード)」に対応する5つの機種・デバイス!)。

Apple TVではMFiコントローラーに加えて、PS4、Xbox Oneのコントローラーにも対応するので、ゲーム機のようにテレビで本格的なゲームプレイができます。

今後もApple TVに新しい画期的なアプリが登場することに期待がかかっています。

4. HomeKitのホームハブ

Apple TVって何ができるの?その4つ目の機能は「HomeKitのホームハブ」です。

Apple TVをホームのセンターにすることで、HomeKit対応アクセサリをリモート操作したり、オートメーション化することができます。

そのため、外出先からスマートホーム家電を操作したり、毎日決まった時間になるとスマートホーム家電をオンオフしたり、また家に帰ると自動的にスマートホーム家電をオンにするといったことも可能になります。

▼「Apple TV 4K」はこちら

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『「Apple TV」って何ができるの?4つの機能を大紹介!』についてご紹介しました。

このように、Apple TVでは①ビデオストリーミング、②AirPlay、③アプリとゲーム、④HomeKitのホームハブの4つの機能が利用できます。

ちなみに、Apple TVのようなメディアストリーミング端末は、アマゾンの「Fire TV」やグーグルの「Chromecast」なども発売されています。

そしてアマゾンのFire TV Stickなどの方が、Apple TVよりも価格が安いです。

しかしながら、Apple TVはアップルIDの購入情報をそのまま使えたり、安定したアプリやAirPlayの動作ができる点で優れています。

すでにiPhone、iPad、iPod touch、Macを使っていて、「テレビもアップル製品で揃えたい」という人には、Apple TVはとてもオススメできます。

さあ、あなたもApple TVのある新しい生活を始めてみませんか?

こちらの記事もオススメです: 「Apple TV」でできること34選!アプリや機能の使い方を紹介