Apple Watchの充電ケーブルのオススメ6選!予備を持っておこう

今回は、「Apple Watchの充電ケーブルのオススメ」についてご紹介します。

アップルの販売するスマートウォッチの「Apple Watch (アップル・ウォッチ)」には、充電ケーブルが1本付属されています。

とは言っても、旅行や出張など数日家に帰れない時や、うっかり充電し忘れた時など、万が一外で充電が必要になった時のために、Apple Watchの充電ケーブルをもう1本持っておきたいところです。

そこで今回は、Apple Watchの充電ケーブルのオススメについて見ていきましょう。

Apple Watchの充電ケーブルのオススメ6選

オススメ1. Apple純正 – Apple Watch充電ケーブル

1つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「Apple純正のApple Watch充電ケーブル」です。

「Apple純正のApple Watch充電ケーブル」は、アップルが販売する正規品のため互換性が100%で安心となっています。

充電端子はUSB-Aで、長さは1mとなっています。

デメリットとしては、サードパーティー製の充電ケーブルと比べて高額という点です。

「高くてもいいので確実に使えるケーブルが欲しい」という方にオススメです。

▼「Apple純正のApple Watch充電ケーブル」はこちら

Apple Watch磁気充電ケーブル(1 m)
Apple(アップル)
Out of stock

オススメ2. Apple純正 – Apple Watch充電ケーブルUSB-C

2つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「Apple純正のApple Watch充電ケーブルUSB-C」です。

「Apple純正のApple Watch充電ケーブルUSB-C」は、アップルが販売する正規品のため互換性が100%で安心となっています。

充電端子はUSB-Cで、長さは0.3mとなっています。

「高くてもいいので確実に使えるケーブルが欲しい」、「USB-C端子が欲しい」という方にオススメです。

▼「Apple純正のApple Watch充電ケーブルUSB-C」はこちら

Apple Watch磁気充電 - USB-Cケーブル(0.3m)
Apple(アップル)
Out of stock

オススメ3. FCHIDA – Apple Watch充電ケーブル

3つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「FCHIDAのApple Watch充電ケーブル」です。

「FCHIDAのApple Watch充電ケーブル」は、FCHIDAが販売するサードパーティ製の充電ケーブルです。

充電端子はUSB-Aで、長さは0.3mとなっています。

Apple Watch Series 1〜4まで対応しています。

※Apple Watch Series 5には対応していないようです。

▼「FCHIDAのApple Watch充電ケーブル」はこちら

オススメ4. CACAGOO – Apple Watch充電ケーブル

4つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「CACAGOOのApple Watch充電ケーブル」です。

「CACAGOOのApple Watch充電ケーブル」は、CACAGOOが販売するサードパーティ製の充電ケーブルです。

充電端子はUSB-Aで、長さは1mとなっています。

ナイロン製の素材で耐久性が高いようです。

Apple Watch Series 1〜4まで対応しています。

▼「CACAGOOのApple Watch充電ケーブル」はこちら

オススメ5. Ray Cue – Apple Watch充電ケーブル

5つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「Ray CueのApple Watch充電ケーブル」です。

「Ray CueのApple Watch充電ケーブル」は、Ray Cueが販売するサードパーティ製の充電ケーブルです。

「Ray CueのApple Watch充電ケーブル」の特徴は、Apple Watchの充電コイルと、Lightning端子の2つが1本になっていることです。

そのため、「Ray CueのApple Watch充電ケーブル」を1本持っておけば、iPhoneとApple Watchを充電できて便利です。

充電端子はUSB-Aで、長さは1.2mとなっています。

Apple Watch Series 1〜4まで対応しています。

▼「Ray CueのApple Watch充電ケーブル」はこちら

オススメ6. mpio – Apple Watch充電ケーブル

6つ目のApple Watchの充電ケーブルのオススメは、「mpioのApple Watch充電ケーブル」です。

「mpioのApple Watch充電ケーブル」は、mpioが販売するサードパーティ製の充電ケーブルです。

「mpioのApple Watch充電ケーブル」の特徴は、Apple Watchの充電パットと、Lightning端子の2つが1本になっていることです。

そのため、「mpioのApple Watch充電ケーブル」を1本持っておけば、iPhoneとApple Watchを充電できて便利です。

充電端子はUSB-Aで、長さは1mとなっています。

Apple Watch Series 1〜4まで対応しています。

▼「mpioのApple Watch充電ケーブル」はこちら

最後に

今回は、『Apple Watchの充電ケーブルのオススメ6選!予備を持っておこう』についてご紹介しました。

このように、Apple Watchの充電ケーブルはアップル純正はもちろん、サードパーティーからもいくつか発売されています。

Apple Watchは新しくなる度にバッテリー持続時間が伸びていますが、それでも万が一に備えて充電ケーブルを持っておきたいところです。

皆さんも、Apple Watchの充電ケーブルの予備を持ってみてはいかがでしょうか。