Apple Watchをアップデートする2つの方法!iPhoneなしでもできる?

今回は、「Apple Watchをアップデートする2つの方法」についてご紹介します。

アップルの販売するスマートウォッチである「Apple Watch (アップル・ウォッチ)」は、ソフトウェアアップデートによって新機能の追加や不具合の修正を適用することができます。

そんな中、「Apple Watchのアップデートはどうやるの?」、「iPhoneなしでもアップデートできるの?」と疑問に思っている方もいると思います。

結論から言うと、Apple WatchはiPhoneなしでもアップデートが可能です。

そこで今回は、Apple Watchをアップデートする方法について見ていきましょう。

Apple Watchをアップデートする2つの方法

では、実際に「Apple Watchをアップデートする2つの方法」について見ていきましょう。

Apple Watchをアップデートする方法は、「①Apple Watchからアップデート」と、「②iPhoneからアップデート」の2通りがあります。

「①Apple Watchからアップデート」は、watchOS 6以降で利用できます。

Apple Watchからアップデートするためには、Apple WatchをiPhoneとBluetooth接続された範囲内か、もしくはApple WatchをWi-Fiに接続する必要があります。

「②iPhoneからアップデート」は、iPhoneがWi-Fiに接続されていて、かつApple WatchとBluetooth接続できる範囲内である必要があります。

①Apple Watchからアップデート

▲1つ目のApple Watchをアップデートする方法は、「Apple Watchからアップデート」です。

「Apple Watchからアップデート」は、watchOS 6以降で対応しています(watchOS 5以前はiPhoneからアップデートしましょう)。

Apple WatchがiPhoneと接続されている場合はBluetoothで、iPhoneと接続されていない場合はWi-Fiに接続してアップデートすることができます。

やり方は、まずApple Watchの「①設定」を開き、次に「②一般」、そして「③ソフトウェア・アップデート」の順に選択していくだけです。

▲「Apple Watchは最新です。」と表示された場合は、すでに最新の状態に更新済みなのでアップデートの必要がありません。

▲「watch OS〜」と表示された場合は、④アップデートありです。

アップデートを実行する場合は、下へスクロールして「⑤ダウンロードとインストール」を選択しましょう。

以上が、「Apple Watchからアップデート」になります。

②iPhoneからアップデート

▲2つ目のApple Watchをアップデートする方法は、「iPhoneからアップデート」です。

やり方は、まずiPhoneから「Watch」のアプリを開いて、「①一般」を選択します。

▲「一般」を開いたらあ、「②ソフトウェア・アップデート」を選択します。

▲「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示された場合は、すでに最新の状態に更新済みなのでアップデートの必要がありません。

以上が、「iPhoneからアップデート」になります。

▼「Apple Watch Series 5」はこちら

最後に

今回は、『Apple Watchをアップデートする2つの方法!iPhoneなしでもできる?』についてご紹介しました。

このように、Apple Watchでは「①Apple Watchからアップデート」と、「②iPhoneからアップデート」の2つの方法を使ってApple Watchをアップデートすることができます。

「watchOS 6」以降は、Apple Watch本体から直接アップデートできるようになったので便利になりました。

皆さんも、Apple Watchをアップデートして新機能を楽しんでみてはいかがでしょうか。