新型Apple TVが登場?2019年9月のイベントにて

アップルの販売するメディアストリーミング端末である「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」の新型が、2019年9月10日のイベントで発表されるのではないかという情報が出ています(参考: アップルは新しいApple TVも発表するかもしれない)。

これまでアップルの新製品を的中してきたツイッターアカウント「@never_released」が、新しいApple TVのコードネームは「AppleTV11,1」または「J305AP」になると言及しています。

また、新しいApple TVは「A12」のチップを搭載するとも言っていて、おそらく2017年発売の「Apple TV 4K」の後継機モデルとなりそうです。

「Apple TV 4K」に搭載されているチップが「A10X Fusion」であることから、順当にいけば後継機モデルのApple TVには「A12X Bionic」が搭載されるのでしょうか。

「Apple TV 4K」の後継機であるならば、おそらく価格は$200程度のハイエンドモデルとなります。

※追記19.9.16: 2019年9月のイベントでは新型Apple TVは発表されませんでした。

新型Apple TVが登場?2019年9月のイベントにて

2019年9月10日のイベントで、新しい「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」が発表される見込みです。

おそらく新しい「Apple TV」は、現行の「Apple TV 4K (2017)」の後継モデルとなると思われます。

予想されるスペックとしては、「A12X Bionic」のチップを搭載し、RAMは3〜4GBといったところでしょうか。

また、Apple Arcadeの開始に合わせてストレージ容量(ROM)も128GBや256GBのモデルを用意してくる可能性もあります。

2019年秋に開始される「Apple Arcade (アップル・アーケード)」は、ゲームによっては高い処理能力や多くのストレージ容量を必要とするものもあるため、チップの強化、RAMとROMの増加は必然だと思われます。

このように、Apple TV 4Kの後継モデルはApple Arcadeに最適化されたデバイスとなるかもしれません。

安価なApple TV Stick (Air)は出るのか

一方で、「ゲームを全くプレイしない」というユーザーも多いのも事実です。

ゲームをしないユーザーにとっては、高性能チップも大容量ストレージも持て余してしまうだけです。

そこで、ハイエンドなApple TVとは別に、コストを抑えた「Apple TV Stick (Air)」の登場にも期待されます。

@never_released」氏はApple TV Stick (Air)のことは言及していませんが、ユーザーの需要のことを考えればエントリーモデルのApple TVの登場はあり得るのではないかと思います。

現在、テレビに外付けして動画配信サービスを視聴する「メディアストリーミング端末」と呼ばれるものは、アマゾンの「Fire TV Stick」が¥4,000〜7,000程度の圧倒的な安さで人気を集めています。

このことから、ほとんどのユーザーはゲームをプレイするためのハイエンドマシンよりも、動画の視聴に特化した安価なデバイスを求めていることが分かります。

そのため、搭載するチップをA10 Fusionなどの型遅れで安価なものを採用し、RAMを2GBまで抑え、有線LANや電源などを取り除いて極限までスリム化した$100程度の「Apple TV」が登場すれば、かなり人気を得るのではないかと思います。

この安価な「Apple TV Stick (Air)」は、初めて購入するユーザーはもちろん、すでにApple TVを持っているユーザーにも2台目需要として売れるのではないでしょうか。

▼格安4K HDRテレビもオススメです

最後に

今回は、『新型Apple TVが登場?2019年9月のイベントにて』についてご紹介しました。

このように、2019年9月10日のイベントで、「Apple TV 4K (2017)」の後継機となるモデルが発表される可能性が出てきています。

この新型Apple TVは、Apple Arcadeのプレイに最適化されたモデルになる見込みがあります。

また、情報は出ていませんが、価格を抑えたエントリーモデルの「Apple TV Stick (Air)」の登場にも期待されます。

2019年秋から始まる「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」をテレビで見るためのデバイスとしても、低価格の「Apple TV Stick (Air)」はアリではないでしょうか。

果たして、新しいApple TVは本当に登場するのか、またどのようなデバイスになるのか楽しみですね。