iPhoneが重くなっている2つの理由!バッテリーとApple Watch

2019年9月に新しい「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」が発売されました。

これら「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」は、重来の端末と比較してプロセッサ、カメラ、バッテリー持続時間が向上しています。

しかしながら重さを見てみると、iPhone 11 ProはiPhone XSと比べて11g重く、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Max と比べて18g重くなっています。

更にiPhone 8と比べるとiPhone 11 Proは40g重く、iPhone 8 Plusと比べるとiPhone 11 Pro Maxは24g重くなっています。

このように、iPhoneは新機種が出る度にどんどん重くなっているのですが、いったいなぜ重くなっているのでしょうか。

今回は、「iPhoneが重くなっている2つの理由」について見ていきましょう。

iPhoneが重くなっている2つの理由

iPhoneが重くなっている理由1. バッテリー容量を増やすため?

1つ目のiPhoneが重くなっている理由は、「バッテリー容量を増やすため?」です。

iPhoneは2017年の「iPhone X」より有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、2,436 x 1,125ピクセル解像度(458ppi)にアップし、「iPhone XS Max」からは更に2,688 x 1,242ピクセル解像度(458ppi)のモデルも登場しました。

また、プロセッサも2017年の「A11 Bionic」から2019年の「A13 Bionic」を比較するとCPUは約1.5倍、GPUは約2倍に処理能力が向上しています。

このように、有機ELディスプレイの採用、画面解像度の向上、そしてプロセッサの進化によって、比例するようにiPhoneが必要とする消費電力も増えています。

そしてiPhoneの消費電力が増えると、当然ながらバッテリー持続時間も悪くなるため、苦肉の策としてバッテリー搭載量を増やすしかなくなっているようです。

iPhoneに搭載されているチップや部品は割と軽いようですが、リチウムイオン電池は容量を増やせばズッシリと重くなります。

iPhone 11 ProはiPhone XSより最大4時間長く、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxよりも最大5時間長いバッテリー時間をウリにしていますが、その分バッテリー搭載量も増えて重量も増えているのです。

このように、バッテリー容量を増やすためにiPhoneは重くなっているようです。

iPhoneが重くなっている理由2. Apple Watchで代用するため?

2つ目のiPhoneが重くなっている理由は、「Apple Watchで代用するため?」です。

iPhoneが年々大きく重くなっていると同時に、Apple Watchはどんどん進化してできることが増えています。

通知の確認はもちろん、Apple Payや簡単なメッセージの送信、音楽を聞く、HomeKitの操作などは、もはやiPhoneを使わずに利用できます。

また2019年のwatchOS 6からは、Apple Watchから直接App Storeを開いてアプリをインストールできるようになったり、Apple Musicのライブラリから直接曲をダウンロードできるようになっています。

このように、これまでiPhoneで行っていた動作が徐々にApple Watchだけでできるようになってきているのです。

そうなると、カメラの撮影や動画の視聴などのiPhoneにしかできないことはiPhoneに任せて、他の操作はApple Watchで行うということが可能になってきます。

iPhoneは年々大きく重くなっていますが、これは外ではiPhoneはカバンやポケットにしまっておいて、Apple Watchで代用しましょうということなのでしょうか。

Apple Watchの今後の進化が楽しみですね。

▼「Apple Watch Series 3」がお得です

最後に

今回は、『iPhoneが重くなっている2つの理由!バッテリーとApple Watch』についてご紹介しました。

このように、iPhoneが重くなっている理由としては性能向上に伴うバッテリー容量の増加と、Apple Watchで代用できるようになってきたということが考えられます。

バッテリーに関しては、リチウムイオン電池に代わる次世代規格が採用されない限りは今後も搭載量が増えていくことになりそうです。

Apple Watchの進歩に関しては、おそらく今後はより大画面化して、Safariなどに対応することも考えられます(すでにwebKitは搭載)。

果たして、iPhoneは今後どうなっていくのか、Apple Watchはどう進化していくのか注目ですね。