MacとiPadはどっちがいい?できることをまとめてみた

2019年9月に新しい「iPadOS (アイパッドオーエス)」が登場しました。

「iPadOS」では、マルチタスキングの進化、新しいホーム画面対応、Apple Pencilの進化、Sidecar対応、テキスト編集の進化、キーボードの進化、フォント管理対応、ファイル進化といった新機能が追加されています(参考: iPadOSで利用できる新機能)。

このように、「iPadOS」の登場によってiPadはさらにMacに近づいたことになります。

ここで、「もうMacじゃなくてiPadでいいの?」、「MacとiPadはどっちがいいの?」と気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、MacとiPadはどっちがいいのか、それぞれのできることを見ていきましょう。

MacとiPadのどっちにしようか迷っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

MacとiPadはどっちがいい?

「①Macのみできること」、「②iPadのみできること」、「③MacとiPadどちらでもできること」の3つについて順に見ていきましょう。

①Macのみできること

1. プログラミング

1つ目のMacのみできることは、「プログラミング」です。

iPadではプログラミングができないので、Macが必要になります。

厳密に言えば、iPadでも「Textastic」などのアプリを使うことでコードを書くことはできます。

しかしながら、アプリ開発に必要な「Xcode」がiPadでは使えないため、本格的にアプリを作りたいという場合はMacが必要になります。

このように、「プログラミング」が目的の場合は、Macを選択するのがオススメです。

2. Web制作

2つ目のMacのみできることは、「Web制作」です。

iPadでは「Web製作」ができないので、Macが必要になります。

iPadでも一応「Textastic」のアプリを使うことでHTML、CSS、JavaScript、PHPなどを書くことができます。

しかしながら、WordPressのローカル環境を構築することはできませんし、ウィンドウサイズを自由に変更できないので、動作確認をするのが大変です。

既存のコードを修正する程度であればいいのですが、iPadでゼロからサイトを作るのは効率が悪いのでオススメしません。

このように、「Web制作」が目的の場合は、Macを選択するのがオススメです。

3. 動画制作

3つ目のMacのみできることは、「動画制作」です。

iPadでは本格的な「動画制作」ができないので、Macが必要になります。

一応iPadでも「iMovie」や「Adobe Premiere Rush」などのアプリを使うことで簡単な動画編集は可能です。

しかしながら、iPadアプリでは読み込めるフォーマットが限られていることや(ProResやRAWは非対応)、きちんとしたカラーグレーディングができるツールがありません。

そのため、本格的に動画編集を極めたいのであれば、Macで「Final Cut Pro」や「Adobe Premiere Pro」、「DaVinci Resolve」といったソフトを使うことをオススメします。

また、YouTubeに投稿するための簡単な動画であっても、iPadよりMacで編集した方が効率が良いです。

このように、「動画制作」が目的の場合は、Macを選択するのがオススメです。

4. デザイン

4つ目のMacのみできることは、「デザイン」です。

Macでは「Adobe Photoshop」、「Adobe Illustrator」、「Adobe InDesign」といったデザインに必要なソフトが使えます。

一応iPadにも「Adobe Photoshop」がリリースされる予定なので、対応すればiPadを使ったデザインの仕事もよりできるようになるかもしれません。

このように、「デザイン」が目的の場合は、Macを選択するのがオススメです。

▼「MacBook Air」はこちら

②iPadのみできること

1. Apple Pencil

1つ目のiPadのみできることは、「Apple Pencil」です。

「Apple Pencil (アップル・ペンシル)」はiPadでしか使うことができないので、Apple Pencilを使って文字や絵を描きたい場合はiPadが必要になります。

Apple Pencilを使って絵を描くためには、「メモ」や「Procreate」、「Vectornator X」といったアプリを使うことがオススメです。

また、iPadとMacを組み合わせて使う「Sidecar」を使えば、MacのアプリでiPadとApple Pencilを使うこともできます。

このように、「Apple Pencil」が目的の場合は、iPadを選択するのがオススメです。

2. iPadアプリ

2つ目のiPadのみできることは、「iPadアプリ」です。

iPad用にリリースされているアプリを使うためには、当然ながらiPadが必要になります。

iPadには数多くのアプリやゲームが揃っていますが、Mac向けのアプリやゲームはとても少ないです。

一応、「Project Catalyst」によってiPadからMacへのアプリの移植が進むようですが、それでも全てのアプリがMacに対応するわけではありません。

このように、「iPadアプリ」が目的の場合は、iPadを選択するのがオススメです。

3. タッチ操作

3つ目のiPadのみできることは、「タッチ操作」です。

Macはタッチ操作に対応していないので、タッチで操作したい場合はiPadがオススメになります。

このように、「タッチ操作」が目的の場合は、iPadを選択するのがオススメです。

4. カメラ

4つ目のiPadのみできることは、「カメラ」です。

iPadには背面カメラが搭載されているので、カメラを使って写真・動画の撮影や、カメラアプリの使用、ARなどが利用できます。

Macには背面カメラは搭載されていません(正面はあり)。

このように、「カメラ」が目的の場合は、iPadを選択するのがオススメです。

▼「iPad 第7世代」はこちら

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド
Apple(アップル)
参考価格:¥ 38,280
OFF: 3%
¥ 36,967
Amazon.co.jp

③MacとiPadどちらでもできること

1. 文章の作成

1つ目のMacとiPadどちらでもできることは、「文章の作成」です。

MacとiPadでは、どちらでも「文章の作成」ができます。

MacとiPadはどちらにも「Pages」や「Microsoft Word」などのアプリが使えることに加えて、WordPressで記事を書くことも可能です。

実際に、このサイトの記事もiPad ProとSmart Keyboard Folioを使って更新しています。

Macではキーボードが付属していますが、iPadのキーボードは別売りなので、Smart KeyboardやBluetoothキーボードを使うことでMacと同じようにタイピングできます。

このように、MacとiPadのどちらでも「文章の作成」ができます。

2. 画像編集

2つ目のMacとiPadどちらでもできることは、「画像編集」です。

MacとiPadでは、どちらでも「画像編集」ができます。

MacとiPadはどちらにも「Adobe Lightroom」などのアプリで写真のレタッチができることに加えて、iPad向けに「Adobe Photoshop」もリリースされる予定です。

このように、MacとiPadのどちらでも「画像編集」ができます。

3. Microsoft Office

3つ目のMacとiPadどちらでもできることは、「Microsoft Office」です。

MacとiPadでは、どちらでも「Microsoft Office」が使えます。

MacとiPadはどちらにも「Microsoft Word」、「Microsoft Excel」、「Microsoft PowerPoint」などのアプリがリリースされています。

このように、MacとiPadのどちらでも「Microsoft Office」ができます。

4. Webサイトの閲覧

4つ目のMacとiPadどちらでもできることは、「Webサイトの閲覧」です。

MacとiPadでは、どちらでも「Webサイトの閲覧」ができます。

iPadOSからは、iPadでもPCサイトをそのまま表示できるようになったので、MacでもiPadでも同じようにWebサイトを閲覧することが可能です。

このように、MacとiPadのどちらでも「Webサイトの閲覧」ができます。

5. 動画の視聴

5つ目のMacとiPadどちらでもできることは、「動画の視聴」です。

MacとiPadでは、どちらでも「動画の視聴が」ができます。

MacとiPadのどちらでも「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」で4K HDR映画のレンタル・購入ができるほか、Apple TV+、YouTube、Netflix、Amazon Prime Video、AbemaTV、Hulu、Disney DELUXE、GYAO、TVerといった動画配信サービスを見ることができます。

また、MacとiPadのどちらでも動画をAirPlayしてテレビに飛ばすこともできます。

このように、MacとiPadのどちらでも「動画の視聴」ができます。

▼MacやiPadからAirPlayができる「Apple TV 4K」もオススメです

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『MacとiPadはどっちがいい?できることをまとめてみた』についてご紹介しました。

このように、Macはプログラミング、Web制作、動画制作、デザインなどに向いていて、iPadはApple Pencil、iPadアプリ、タッチ操作、カメラに向いています。

そして、文章の作成、画像編集、Microsoft Office、Webサイトの閲覧、動画の視聴などは、MacとiPadのどちらでもできるので、好きな方を選択していいと思います。

ちなみに、このサイトの記事はiPad ProとSmart Keyboard Folioを使って書いていますが、慣れればMacよりもサクサク書けます。

皆さんも、お使いの用途に合わせてMacとiPadの最適な方を選択してみてはいかがでしょうか。