「ウォーターワールド」が4K HDR対応でApple TVアプリケーション(iTunes)で配信!

日本で1995年に公開された映画「ウォーターワールド (Waterworld)」が、4K HDRに対応して「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」で配信されています(参考: ウォーターワールド – Apple TVアプリケーション)。

価格は、購入が¥500、レンタルが¥400となっています(19年10月10日時点)。

また、英語音声・日本語吹替音声、日本語・英語の字幕が1本に収録されています。

「ウォーターワールド」は、4K Ultra HD Blu-ray版もリリースされますが、価格が¥5,200以上するため(2019年10月10日時点)、「Apple TVアプリケーション(iTunes Store)」版は価格面でかなりお得となっています(参考: ウォーターワールド 4K Ultra HD+ブルーレイ)。

今回は、そんな4K HDRに対応する「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」の「ウォーターワールド」について見ていきましょう。

レンタル・購入はこちら: ウォーターワールド – Apple TVアプリケーション

「ウォーターワールド」が4K HDR対応でApple TVアプリケーション(iTunes)で配信!

「ウォーターワールド (Waterworld)」は、陸の世界が海に沈んで無くなった世界を舞台にした作品で、ユニバーサルの配給で1995年7月にアメリカ、8月に日本で公開されました。

監督は、「ロビン・フッド」、「モンテ・クリスト伯」などのケヴィン・レイノルズが務めています。

キャストは、「アンタッチャブル」、「ボディ・ガード」、「パーフェクト・ワールド」などのケビン・コスナー、「イージーライダー」、「スピード」などのデニス・ホッパー、「氷の微笑」、「ザ・ファーム」などのジーン・トリプルホーン、「コリーナコリーナ」などのティナ・マジョリーノらが出演しています。

「ウォーターワールド」の世界興行収入は、2億6,000万ドルとなり、辛口レビューサイトのロッテン・トマトズのオーディエンススコアは43%となっています(参考: WATERWORLD)。

また、「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」にはこの映画を題材にしたアトラクションがあります。

このように、「ウォーターワールド」は一度は見ておきたい映画となっています。

「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」でレンタル・購入した「ウォーターワールド」を4K HDRの環境で再生するためには、Apple TV 4Kと対応テレビ、または2018年以降に発売されたMacが必要になります。

また、iPhone 8以降、iPad Pro 2017年モデル以降では、HDR10、DOLBY VISIONでの再生に対応しています。

「Apple TV App (iTunes Store)」版は、ディスク交換不要でiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVなどで複数のデバイスで楽しみたいという方にもオススメになります。

▼レンタル・購入はこちら(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Win共通): ウォーターワールド – Apple TVアプリケーション

▼「Apple TV 4K」はこちら

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『「ウォーターワールド」が4K HDR対応でApple TVアプリケーション(iTunes)で配信!』についてご紹介しました。

「ウォーターワールド」をすでに見たこともある方にとっては、4K HDRの高画質で再び楽しむことができますし、まだ見たことがない方にとっても、作品自体を最初から最高の映像で楽しむことができると思います。

皆さんも、4K HDRに対応した「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」の「ウォーターワールド」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼「Apple TVアプリケーション (iTunes Store)」では、「ウォーターワールド」の他にも数多くの4K、HDR10、DOLBY VISON、DOLBY ATMOS対応作品が配信されているのでオススメです。

詳しくはこちら: iTunes映画(Apple TV)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】