「BS4K」をeo光テレビで導入してみた!アンテナ不要で4Kチューナーも

今回は、「BS4Kをeo光テレビで導入してみた」のでご紹介します。

2018年12月より、「BS4K放送」が始りました。

「BS4K放送」では、NHK、日テレ、テレ朝、TBS、フジテレビ、テレ東などの4K放送を視聴することができます。

「BS4K放送」では、解像度3,840 x 2,160p、HDR対応、HEVCコーデックの次世代フォーマットで放送されているので、4Kテレビを買ったらぜひ導入したいところです。

そこで今回は、ケーブルテレビである「eo光テレビ」を使ったBS4K放送の導入について見ていきましょう。

「BS4K」をeo光テレビで導入してみた

では、実際に「eo光テレビでのBS4K放送の導入」について見ていきましょう。

BS4K導入に必要なもの

そもそも「BS4K放送」を導入するためには、4Kテレビの他に「①4Kチューナー(または内蔵テレビ)」と、「②BS4K対応アンテナ(またはケーブルテレビ)」の2つが必要になります。

すでにケーブルテレビの「eo光テレビ」に加入している方の場合は、BS4K放送を受信できる環境が整っているので、アンテナや追加設定などは不要です。

あとは「①4Kチューナー(または内蔵テレビ)」を用意すればeo光テレビでBS4K放送を視聴できるようになります。

お使いの4Kテレビに4Kチューナーが内蔵されている場合は、テレビの設定でチャンネルスキャンをすればBS4K放送を受信できます(4KチューナーSTB不要)。

「4Kテレビを持っているけど4Kチューナーが搭載されていない」という場合は、eo光から4Kチューナーをレンタルすることで見ることができます。

私のケースでは、4Kテレビに4Kチューナーが内蔵されていなかったので、4Kチューナーをeo光からレンタルすることにしました。

ウェブサイト: eo光テレビ

USB録画もできる4KチューナーSTBがオススメ

eo光テレビに加入していると、パナソニック製の「TZ-LT1000BW」または「TZ-HT3000BW」という4KチューナーSTBをレンタルすることができます。

「TZ-LT1000BW」は月額¥900(税別)、「TZ-HT3000BW」は月額¥1,500(税別)となっています(19年11月29日時点)。

「TZ-LT1000BW」はHDD非搭載、「TZ-HT3000BW」は2TBのHDD内蔵となっていますが、どちらもUSBの外付けHDDの録画に対応しています。

私は価格の安い「TZ-LT1000BW」を選択し、外付けHDDを接続して使うことにしました(最大6TBまで対応)。

動作確認済みのHDDはこちら: TZ-LT1000BW USBハードディスク動作確認一覧

「TZ-LT1000BW」は、地上波とBSのチューナーを3つ、BS4Kのチューナーを1つ内蔵していて、地上波とBSは2番組同時録画が可能、BS4Kは1番組録画が可能となっています。

このように、4Kチューナーで録画ができるので、HDDレコーダーの代わりに使うこともできます。

4Kチューナー内蔵でかつ、地上波とBSが2番組同時録画できるレコーダーは現状ではかなり高額なので、月額¥900(税別)の元は取れるのではないでしょうか。

録画データの引き継ぎにも対応

ちなみに、これまでeo光から「TZ-LT400PW」などのチューナーを借りて使っていた場合は、録画した番組を新しい「TZ-LT1000BW」へコピーして引き継ぐ「STB置き換えダビング」の機能に対応しています。

新しい「TZ-LT1000BW」をレンタルする場合は、従来の「TZ-LT400PW」と交換しないと月額費用が余分に発生してしまうので(参考: eo光テレビチューナーを機種変更/台数変更する)、古い方は録画データを引き継いだら返却しましょう。

ちなみに、「TZ-LT400PW」から「TZ-LT1000BW」へ録画データを引き継ぐ際には新しい外付けHDDが必要になるのと、有線LAN接続が必須になります。

「STB置き換えダビング」には、番組の数が多いと時間がとてもかかるので、就寝前にセットして実行しておくのがオススメです。

4Kチューナーは申込から10日ほどで到着

eo光テレビの4Kチューナーの申し込みは、ウェブサイトから行って10日ほどで新しいチューナーが宅配で送られてきます(時期によって変化するようです)。

4Kチューナーを申し込む際は、これまで使っていたチューナーとの「追加設置」と「交換設置」が選択できますが、追加にすると料金が高くなるので「交換設置」を選択しましょう。

また、人が派遣されて設置してくれる「訪問交換」と、セルフで設置をする「宅配交換」を選べますが、料金が高くなるので「宅配交換」を選択しました(参考: eo光テレビチューナーの宅配交換について知りたい。)。

「交換設置」と「宅配設置」を選択すると、これまで使っていたチューナーを返却しないといけないので、録画データの引き継ぎが終わったら古い方は箱に入れて返却しましょう(返却は着払い)。

eo光テレビのBS4Kはどう?

実際にeo光テレビを「TZ-LT1000BW」を使って視聴していますが、使い心地は良いと思います。

ケーブルテレビのメリットとして、雨や風、台風などが発生しても電波の受信レベルが低下しないので、いつでも快適に見ることができます。

また肝心のBS4K放送の画質ですが、これは番組によりけりといったところで、NHK BS4Kの番組は全体的に高画質ですが、民放の4K放送はほとんどが2Kなのであまり画質が良くありません。

それでも、NHK BS4Kで数多くの4K映像を楽しめるので、4Kテレビを持っている方にはぜひ試してみて欲しいところです(参考: NHK BS4Kは無料?BS加入済みなら追加料金は不要!)。

また、4Kチューナーである「TZ-LT1000BW」は、旧型の「TZ-LT400PW」と同じパナソニック製で使い勝手がほとんど同じなのも良い点です。

すでにeo光テレビに加入していて4Kテレビを持っている方は、ぜひ4Kチューナーを導入してBS4K放送を楽しみましょう。

▼BS4Kチューナー内蔵「ハイセンス A6800」もオススメです

最後に

今回は、『「BS4K」をeo光テレビで導入してみた!アンテナ不要で4Kチューナーも』についてご紹介しました。

このように、eo光テレビでBS4K放送を導入すると、アンテナ不要で安定した受信ができるのでオススメです。

また、4Kテレビに4Kチューナーが非搭載であっても、4Kチューナー搭載のSTBをレンタルすることができます。

すでにeo光テレビに加入していて、4Kテレビも持っている場合は、ぜひともBS4K放送を導入しましょう。

皆さんも、BS4K放送で高画質の映像を楽しんでみてはいかがでしょうか。