ドラマ「モダン・ラブ」の1-3を見れば躁鬱病のことが分かる?

2019年10月より、定額動画配信サービスの「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」でオリジナルドラマの「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ (Modern Love)」の配信が始りました。

「モダン・ラブ」は、その名の通り今時の恋愛話を描く1話完結の物語です。

私も「モダン・ラブ」を視聴したのですが、中でもシーズン1第3話の「ありのままの私を受け入れて (Take Me as I Am, Whoever I Am)」というエピソードが興味深かったのでご紹介します。

「モダン・ラブ」の1-3では、アン・ハサウェイ演じる主人公が躁鬱病の話で、躁鬱病がどういうものなのか分かりやすく描かれていて良かったと思いました。

そんなわけで今回は、ドラマ「モダン・ラブ」の1-3について見ていきましょう。

視聴はこちら: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~

※以下ネタバレを含まないようにしているので、未視聴の方も安心してご覧ください

ドラマ「モダン・ラブ」の1-3を見れば躁鬱病のことが分かる?

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ (Modern Love)」は、ニューヨーク・タイムズに掲載されているコラム「Modern Love」を原作にドラマ化され、Amazonの製作で2019年10月よりAmazon Prime Videoにて見放題配信が始りました。

監督は、「はじまりのうた」、「シング・ストリート」などのジョン・カーニーが務めています。

キャストには、1-1には「FARGO/ファーゴ」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」などのクリスティン・ミリオティ、1-2には「スラムドッグ$ミリオネア」、「LION /ライオン 25年目のただいま」などのデーヴ・パテール、「マルコヴィッチの穴」、「ゲットアウト」などのキャサリン・キーナー、1-3には「プラダを着た悪魔」、「マイ・インターン」などのアン・ハサウェイ、1-4には「ミーン・ガールズ」などのティナ・フェイ、「スポットライト 世紀のスクープ」などのジョン・スラッテリー、1-5には「キングスマン」などのソフィア・ブテラ、「ショート・ターム」などのジョン・ギャラガー・Jr、1-6には「シン・シティ 復讐の女神」などのジュリア・ガーナー、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」などのシェー・ウィガム、1-7には「ぼくとアールと彼女のさよなら」、「レディ・プレイヤー1」などのオリヴィア・クック、「007 スペクター」などのアンドリュー・スコット、歌手のエド・シーラン、1-8には「クレイマー、クレイマー」などのジェーン・アレクサンダーらが出演しています。

モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ (Modern Love)」の辛口レビューサイトのロッテン・トマトズのオーディエンス評価は84%となっています(参考: MODERN LOVE)。

また、シーズン2の製作も決定しているようです(参考: アン・ハサウェイ出演のAmazonドラマ「モダン・ラブ」シーズン2決定)。

このように、「モダン・ラブ」は一度は見ておきたいドラマとなっています。

視聴はこちら: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~

「ありのままの私を受け入れて」のあらすじ

では、「モダン・ラブ」シーズン1第3話の「ありのままの私を受け入れて (Take Me as I Am, Whoever I Am)」のあらすじについて見ていきましょう。

「ありのままの私を受け入れて」は、アン・ハサエウィ演じる主人公レキシーが、躁鬱病(双極性障害)が原因で恋愛や仕事をダメにしてしまう話です。

「双極性障害」は、気分が高揚してしまう躁病と、気分が落ち込んでしまう抑うつを繰り返してしまう精神障害で、ドラマでは躁病と抑うつを交互に繰り返すアン・ハサウェイが描かれています。

躁病の時は気分が高揚して開放的になり、スーパーで出会ったイケメンに恋をしてミュージカル映画のような展開になるのですが、その後抑うつになり、デートに行っても終始テンションが低く相手を困惑させてしまいます。

結局のところ、躁鬱病が原因で恋愛は破綻し、仕事も会社を休みがちになって辞めることになります。

双極性障害は日本では100人に1人

「双極性障害(躁鬱病)」を罹患している人は日本では100人に1人程度いると言われています(参考: 双極性障害 (躁うつ病))。

「双極性障害(躁鬱病)」には、薬による治療が一般的なようですが、治るものではないため一生付き合っていかないといけないようです。

ドラマの中でも、あらゆる治療法を試したが効果がなかったというシーンがあります。

「双極性障害(躁鬱病)」と聞くと、ユーチューバーの瀬戸弘司さんが、動画ではいつもテンションが高く元気で人気者なのですが、突然動画の更新がストップしてしまうことをこれまで何度も繰り返していることから、そうではないかと言われています(実際のところは分かりません)。

ドラマでは、抑うつになると体が動かず、ベッドから何日も出られないといった描写もありました。

これからはいつも元気でハイテンションな人から突然連絡がなくなっても、温かい目で見守りましょう。

Amazon Prime Videoは月額¥500

Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」は、月額¥500で見放題で利用できます。

もちろん、1ヶ月だけ契約することもできるので、「モダン・ラブ」などの見たい作品だけ見てしまって解約するのもアリです。

また、「モダン・ラブ」の他にも「ザ・ボーイズ」などのアマゾン製作のオリジナルドラマや、劇場公開の映画なども見放題で見れるのでオススメです。

「Amazon Prime Video」は、スマホ、タブレット、パソコンなどで視聴できることに加えて、スマートテレビやFire TV、Apple TVなどを使えばテレビで見ることもできます

登録はこちら: Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)

▼テレビでAmazon Prime Videoが見れる「Fire TV Stick」もオススメです

最後に

今回は、『ドラマ「モダン・ラブ」の1-3を見れば躁鬱病のことが分かる?』についてご紹介しました。

このように、ドラマ「モダン・ラブ」の1-3では躁鬱病(双極性障害)が題材として扱われていて興味深いので、ぜひチェックしてみてください。

また、「モダン・ラブ」はシーズン1が全部で8話なのですが、他のエピソードもよく出来ているのでオススメです。

さらに、「モダン・ラブ」はシーズン2の製作も決まっているので、続編が楽しみです。

「ザ・ボーイズ」もそうですが、最近はアマゾンが製作するドラマのクオリティが上がってきているようですね。

皆さんも、アマゾンのドラマ「モダン・ラブ」をぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。