Netflixで「ウインド・リバー」が配信!19年12月5日より

2018年7月に日本で公開された映画「ウインド・リバー (Wind River)」が、2019年12月5日より、定額動画配信サービスの「Netflix (ネットフリックス)」で見放題配信されます。

「ウインド・リバー」は、Apple TVアプリケーションやAmazonなどでもレンタル配信されていますが、2019年12月1日現在のところレンタルが¥500ほどするので(参考: ウインド・リバー(字幕版))、Netflixで見放題視聴するとお得になります。

もちろん、すでにNetflixに加入している方は、配信が始まり次第見放題で視聴できますし、まだ加入していない方も登録すれば見放題で視聴できます。

今回はそんなNetflixで配信される「ウインド・リバー」について見ていきましょう。

登録はこちら: Netflix (ネットフリックス)

Netflixで「ウインド・リバー」が配信

ウインド・リバー (Wind River)」は、アメリカのワイオミング州のネイティブ・アメリカンを題材にした作品で、ワインスタイン・カンパニーの配給で2017年8月にアメリカ、2018年7月に日本で公開されました。

監督は、「ボーダーライン」、「最後の追跡」の脚本を担当していたテイラー・シェリダンが務めています。

キャストには、「アベンジャーズ」、「メッセージ」などのジェレミー・レナー、「アベンジャーズ」、「ゴジラ (2014)」などのエリザベス・オルセン、「ダンスウィズウルフズ」、「グリーンマイル」などのグラハム・グリーン、「アメイジング・スパイダーマン」などのケルシー・チャウ、「トワイライト」、「ローンレンジャー」などのギル・バーミンガムらが出演しています。

「ウインド・リバー」は、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞しています。

「ウインド・リバー (Wind River)」は世界興行収入が4,400万ドルを超えるヒットとなり、辛口レビューサイトのロッテントマトズのオーディエンススコアは90%となっています(参考: WIND RIVER)。

このように、「ウインド・リバー」は一度は見ておきたい映画となっています。

Netflixの視聴は、iPhone、iPad、Android、Windows、Mac、Fireタブレット、Fire TV、Android TV、スマートテレビ、Apple TV、Chromecast、PS4など、幅広いデバイスに対応しています。

ちなみに、Netflixでは新作・準新作映画は1年ほどで配信が終了してしまうことがあるので、早めに見ておきましょう。

Netflixは月額¥800(税別)から利用可能で、Netflixカード、クレジット/デビットカードやKyashでの支払いにも対応しています。

登録はこちら: Netflix (ネットフリックス)

▼ Netflixがテレビで見れる「Apple TV 4K」もオススメです

Apple TV 4K (32GB)
Apple(アップル)
¥ 19,998
Amazon.co.jp

最後に

今回は、『Netflixで「ウインド・リバー」が配信!19年12月5日より』についてご紹介しました。

すでに「ウインド・リバー」を見たことがある方にとっては、新たな発見があるかもしれませんし、初めて見る方にとっては、Netflixで好きな環境・デバイスで視聴できるので良いと思います。

そしてもちろん、「ウインド・リバー」の他にも、Netflixでは数多くの映画が配信されています。

さらに今後もワーナー・ブラザーズなどの新作映画が続々とNetflixで配信される可能性があります。

皆さんも、Netflixで「ウインド・リバー」や、映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなどを楽しんでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もオススメです: Netflixの新作映画一覧!オリジナル以外【随時更新】