スイッチのバイオハザード8本!携帯モードでも遊ぼう

今回は、「ニンテンドースイッチで遊べるバイオハザード」についてご紹介します。

「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」は、テレビと携帯モードの両方で遊べるゲーム機として人気で、日本で1,000万台、世界で4,000万台以上売り上げています(19年11月時点)。

そんなニンテンドースイッチでは、PS4やXbox Oneなどでリリースされたソフトがいくつか再登場し、携帯ゲーム機でも遊べるようになっています。

そんな中、「スイッチでバイオハザードは遊べるの?」と気になっている方もいると思います。

結論から言うと、スイッチでもバイオハザードがいくつか移植されているので、遊ぶことができます。

そんなわけで今回は、「スイッチのバイオハザード」について見ていきましょう。

スイッチのバイオハザード8本

1. biohazard 0 HD REMASTER (バイオハザード0)

1つ目のスイッチのバイオハザードは、「biohazard 0 HD REMASTER (バイオハザード0)」です。

「biohazard 0 HD REMASTER」は、2002年にゲームキューブ向けにリリースされたものをHDリマスターしたものです。

「biohazard 0 HD REMASTER」は、2016年にPS4、Xbox Oneなどに向けてリリースされました。

スイッチ版の「biohazard 0 HD REMASTER」は、2019年5月にリリースされています。

スイッチの「biohazard 0 HD REMASTER」は、定価¥3,362で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は13.6GBとなっています。

スイッチの「biohazard 0 HD REMASTER」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード0」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥3,024 (2020/07/15 10:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

2. biohazard HD REMASTER (バイオハザード1)

2つ目のスイッチのバイオハザードは、「biohazard HD REMASTER (バイオハザード1)」です。

「biohazard HD REMASTER」は、1996年にプレイステーション向けにリリースされた「バイオハザード1」を、2002年にゲームキューブ向けにリメイクして発売し、さらにHDリマスターしたものです。

「biohazard HD REMASTER」は、2014年にPS3、Xbox 360などに向けてリリースされました。

スイッチ版の「biohazard HD REMASTER」は、2019年5月にリリースされています。

スイッチの「biohazard HD REMASTER」は、定価¥3,362で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は13.6GBとなっています。

スイッチの「biohazard HD REMASTER」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード1」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥3,024 (2020/07/15 10:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

3. biohazard 4 (バイオハザード4)

3つ目のスイッチのバイオハザードは、「biohazard 4 (バイオハザード4)」です。

「biohazard 4」は、2005年にゲームキューブ向けにリリースされたものです。

スイッチ版の「biohazard 4」は、2019年5月にリリースされています。

スイッチの「biohazard 4」は、定価¥3,362で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は12.1GBとなっています。

スイッチの「biohazard 4」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード4」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥3,362 (2020/07/15 10:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

4. BIOHAZARD 5 (バイオハザード5)

4つ目のスイッチのバイオハザードは、「BIOHAZARD 5 (バイオハザード5)」です。

「BIOHAZARD 5」は、2009年にPS3、Xbox 360などに向けてリリースされたものです。

スイッチ版の「BIOHAZARD 5」は、2019年10月にリリースされています。

スイッチの「BIOHAZARD 5」は、定価¥3,300で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は18.7GBとなっています。

スイッチの「BIOHAZARD 5」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード5」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥2,970 (2020/07/15 10:37:56時点 Amazon調べ-詳細)

5. BIOHAZARD 6 (バイオハザード6)

5つ目のスイッチのバイオハザードは、「BIOHAZARD 6 (バイオハザード6)」です。

「BIOHAZARD 6」は、2012年にPS3、Xbox 360などに向けてリリースされたものです。

スイッチ版の「BIOHAZARD 6」は、2019年10月にリリースされています。

スイッチの「BIOHAZARD 6」は、定価¥3,300で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は17.6GBとなっています。

スイッチの「BIOHAZARD 6」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード6」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥2,970 (2020/07/15 10:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

6. バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

6つ目のスイッチのバイオハザードは、「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」です。

「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」は、2012年にニンテンドー3DS向けにリリースされた「バイオハザード リベレーションズ」を2013年にHD化し追加コンテンツを加えたものです。

スイッチ版の「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」は、2017年11月にリリースされています。

スイッチの「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」は、定価¥3,046で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は12GBとなっています。

スイッチの「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード リベレーションズ1・2セット」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥3,591 (2020/07/15 10:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

7. バイオハザード リベレーションズ2

7つ目のスイッチのバイオハザードは、「バイオハザード リベレーションズ2」です。

「バイオハザード リベレーションズ2」は、2015年にPS4/Xbox Oneなど向けにリリースされたものです。

スイッチ版の「バイオハザード リベレーションズ2」は、2017年11月にリリースされています。

スイッチの「バイオハザード リベレーションズ2」は、定価¥3,046で販売されていて、ダウンロード版のデータ容量は23.6GBとなっています。

スイッチの「バイオハザード リベレーションズ2」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼スイッチの「バイオハザード リベレーションズ1・2セット」はこちら

created by Rinker
カプコン
¥4,000 (2020/07/15 10:37:58時点 Amazon調べ-詳細)

8. バイオハザード7 レジデント イービル ”クラウドバージョン

8つ目のスイッチのバイオハザードは、「バイオハザード7 レジデント イービル ”クラウドバージョン」です。

「バイオハザード7 レジデント イービル ”クラウドバージョン」は、2017年にPS4、Xbox Oneなどに向けてリリースされた「バイオハザード7 レジデント イービル」のクラウドゲーム版です。

スイッチ版の「バイオハザード7 レジデント イービル ”クラウドバージョン」は、2018年5月にリリースされています。

スイッチの「バイオハザード7」は、180日プレイ券が¥2,000で販売されていて、プレイするにはWi-Fi(または有線LAN)接続が必須となっています。

スイッチの「バイオハザード7」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードのプレイモードに対応しています。

また、Nintendo Switch Proコントローラーにも対応しています。

▼「新型ニンテンドースイッチ」はこちら

最後に

今回は、『スイッチのバイオハザード8本!携帯モードでも遊ぼう』についてご紹介しました。

このように、ニンテンドースイッチではバイオハザード0、バイオハザード1、バイオハザード4、バイオハザード5、バイオハザード6、バイオハザードR、バイオハザードR2、バイオハザード7の計8本のバイオハザードを遊ぶことができます

もちろん、どのバイオハザードもスイッチの携帯モードに対応しているので、外に持ち出して遊ぶことや、スイッチライトでプレイすることもできます

バイオハザードはPS4やXbox Oneなどでもリリースされていますが、「バイオを携帯モードで遊びたい」という方はスイッチ版もオススメになります。

皆さんも、ニンテンドースイッチのバイオハザードを楽しんでみてはいかがでしょうか。