AV1対応テレビが続々登場!2020年は他のデバイスも対応?

LG、サムスンは2020年1月から始まった「CES 2020」で新しいテレビを発表しました。

LG、サムソンの2020年モデルのテレビでは、特に8K対応モデルに力を入れていて、USBやHDMI入力による8K動画再生に対応します(参考: LG、CESで新8K TVラインナップ発表。有機ELは88/77型。液晶は3シリーズサムスン、8K液晶TV「QLED 8K」。YouTube 8K AV1対応の新機種をCES披露)。

さらにここで注目なのが、対応する動画コーデックとして従来のHEVC、VP9に加えて新たにAV1に対応するということです。

「AV1」は、HEVC、VP9よりも高い圧縮率を誇り、ロイヤリティフリーで使える次世代コーデックとして注目されています。

すでにグーグルのブラウザである「Chrome」ではAV1に対応していることや、Windows 10でもAV1をサポートするプラグインが配布されているなど、ソフトウェア方面では着々と普及に向けた準備が進んでいました。

そして、2020年になって史上初めてのAV1対応テレビがLG、サムスンから発売されることになり、ついにハードウェア方面の対応も始まったというわけです。

果たして、2020年はLG、サムスンを筆頭に他のテレビメーカーやパソコン、スマホなどでもAV1対応機種が発売されることになるのでしょうか

AV1対応テレビが続々登場

LGから発売されるZXシリーズとNano99、Nano97、Nano95シリーズおよび、サムスンの2020年モデルでAV1コーデックに対応することが発表されています(海外モデル)。

LG、サムスンは8K対応テレビの販売に積極的なため、8K動画を効率良く再生できるAV1コーデックをサポートすることに決めたのだと思います。

ここで、テレビ自体がAV1コーデックに対応するとうことは、AV1のハードウェアデコードにも対応しているということになります(ソフトウェアデコードは効率が悪いので採用しないはず)。

ということは、AV1のハードウェアデコードに対応するCPU・GPUがすでに流通しているということにもなります。

そう考えるとLGだけではなく、他のソニー、シャープ、TCLなどのメーカーからもAV1対応のテレビが発売されると考えて良さそうです。

おそらくCES 2020にて、テレビメーカー各社からAV1対応テレビが続々と発表されることになるのでしょうか。

また、テレビがAV1に対応するのであれば、パソコンやスマホ、タブレット、ストリーミング端末など他のデバイスのAV1対応も当然期待できそうです。

2020年はAV1対応機種が続々登場?

すでにAV1のハードウェアデコードが可能なCPU・GPUが存在するのであれば、2020年はテレビはもちろん、パソコン、スマホ、タブレット、ストリーミング端末などからAV1対応機種が続々と発売されることになりそうです。

例えば、スマホであればGalaxy S11(仮)やHuawei P40(仮)などがAV1に対応してくる可能性があります。

また、YouTubeやNetflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスも、2020年からAV1コーデックへの対応を進めていくと思います。

特にYouTubeでは、一部の動画をすでに一部の動画をAV1対応で配信していることに加えて、8K動画のAV1配信も発表しています(参考: サムスン、8K液晶TV「QLED 8K」。YouTube 8K AV1対応の新機種をCES披露)。

このように、2020年はAV1の再生に対応するハードウェアが続々と登場し、さらに動画配信サービスもAV1コーデックでの配信に対応していくことになりそうです。

アップルのAV1対応も2020年?

ここで気になってくるのが、「アップルのAV1対応デバイスも2020年に登場するのか?」ということです。

アップルはすでにAV1をサポートすることを決定しているので(参考: 沈むH.265、グーグル動画仕様AV1が主役へ アップル採用で加速か)、遅かれ早かれアップル製品がAV1対応するのですが、問題はそれがいつになるのかということです。

2020年はすでにLG、サムスンがAV1対応テレビを発表したことから、おそらく他のメーカーからも続々とAV1対応デバイスが発売されることになります。

もしもこの流れにアップルが乗ってくれれば、2020年のiPhone 11S(仮)や、iPad Pro 12.9インチ第4世代2020年モデルのMacApple TV 4K 第2世代(仮)などはAV1に対応することになります。

特にアップルがAV1に対応する重要性は大きいと言えます。

その理由としては、アップル製品は世界的にも人気で出回る台数も多いため、AV1対応のアップル製品が売れることでAV1普及も早くなるためです。

それに加えて、アップル製品はいままでVP9に対応して来なかったため、既存のアップル製品ではYouTubeの4K動画を再生することができないという問題もあるためです(Macはソフトウェアデコードで無理やり対応できる)。

そのため、Apple TV 4Kという製品ではYouTubeの4K動画を再生できないという失笑案件があったのですが、AV1対応によってようやく解決できそうです。

こららのことからも、2020年のアップル製品がAV1に対応するのかどうかも注目点となってきそうです。

▼TCLの格安4K HDRテレビもオススメです

created by Rinker
TCL(ティーシーエル)
¥34,800 (2020/05/26 06:45:02時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『AV1対応テレビが続々登場!2020年は他のデバイスも対応?』についてご紹介しました。

このように、LG、サムスンからAV1対応テレビが発表されたため、2020年は他のメーカーからもAV1対応テレビが続々と発売される可能性があります。

また、2020年はテレビだけではなくパソコンやスマホ、タブレット、ストリーミング端末などのAV1対応も進んでいくかもしれません

さらに、デバイスのAV1対応に加えて、YouTubeやNetflix、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスのAV1対応も進んでいく可能性があります。

そう考えると、2020年はAV1対応と8K動画配信、そして5G通信が始まるターニングポイントとなってきそうです。

果たして、これからAV1コーデックがどれくらい普及していくのか、目が離せませんね。